Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

南仏の音楽祭(3)サロン・ド・プロヴァンス国際室内楽フェスティバル 2009年

b0163474_182114.jpg

サロン・ド・プロヴァンスの国際室内楽フェスティバル「ミュージック・ア・ランペリMusique a L'Emperi」は、南仏の夏の音楽祭の中では知名度は低いほうかもしれませんが、もし今年の夏に南仏に行けるならぜひ行きたいと思っている音楽祭です。

サロン・ド・プロヴァンスは、あのノストラダムスが晩年を過ごしたことで有名な町。町の中心にアンペリ城という中世の城があり、そこが音楽祭の舞台になっています。
音楽祭の設立者は、ピアニストのエリック・ル・サージュ、クラリネットのポール・メイエ、フルートのエマニュエル・パユというクラシック界の貴公子3人組(笑・よくCD会社なんかの宣伝文句に書いてありますが、自分で書くと恥ずかしいですね)。彼らが声をかけるのだから、どれほどレベルの高い演奏者が集まるかが想像できます。

第17回目となる2009年は、7月27日〜8月6日の開催です。今年のテーマは「ロシアの音楽」。ボロディン、ショスタコーヴィチ、チャイコフスキー、ストラヴィンスキー、リムスキー・コルサコフ、プロコフィエフなどなど、興味深い演目がずらり。詳しくはウエブサイトのプログラムをご覧ください。
ル・サージュ、メイエ、パユは、ほぼ毎晩出演します。日本公演でもおなじみの彼らですが、南仏の開放的な雰囲気の中で聴くとまた違った味わいがありそうです。写真からも、音楽祭のリラックスした親密な空気が伝わってきます。
b0163474_18211936.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2009-05-13 18:23 | 南仏プロヴァンス

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧