Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

南仏の音楽祭(4)ラ・ロック・ダンテロン・ピアノフェスティバル 2009年

b0163474_2015514.jpg

ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノフェスティバルも、ずっと行きたいと思いながら、まだ行ったことのない音楽祭です。以前、NHK-BSでも音楽祭のドキュメンタリーを放送していました(たしかDVDにもなっているはず)。世界的な演奏家が集まるのもすごいですが、とにかく演奏会場の雰囲気がすばらしいです。数百本のプラタナスに囲まれた公園や、12世紀のシトー派修道院であるシルヴァカーヌ修道院など。セミの鳴き声が止まなかったり(南仏はセミが多い)、突風が吹いたり、決して理想的な演奏環境ではないのかもしれませんが、南仏の美しい風景と開放的な雰囲気がすべての悪条件を帳消しにしてくれるようです。ボリス・ベレゾフスキーなんか、日本の演奏会で見せる数倍の集中力で大熱演をしていました。

第29回目となる2009年は、7月24日〜8月22日に開催されます。プログラムはこちら。今年も、ボリス・ベレゾフスキー、ピエール・ローラン・エマール、ニコライ・ルガンスキー、ジャン・フレデリック・ヌーブルジェ、アンヌ・ケフェレック、チェンバロのピエール・アンタイなどなど、世界的な演奏家が集まり、80以上のコンサートが開かれます。ピアノ独奏曲だけでなく、協奏曲や室内楽も多く、バラエティーに富んだ演奏が楽しめそうです。

ラ・ロック・ダンテロンへは、音楽祭をやっていない時期に一度行ったことがあるのですが、町外れにあるシルヴァカーヌ修道院が唯一の観光名所で、他にはほんとになーんにもない田舎町です。昼間はプラタナスの木陰でロゼワインなど片手に読書、夕暮れになると演奏会場へ向かう……。1週間くらいこんな生活してみたいなあ……。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-14 20:17 | 南仏プロヴァンス

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧