Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ@サントリーホール(6月20日)

ジャン=フレデリック・ヌーブルジェのピアノリサイタルに行ってきました。このピアニストは前からなんとなく気になっていたのですが、今回の演奏会に行くことを決めたのは公演1週間前。彼がソリストとして登場したN響定期演奏会のFM生中継を聴き、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番の若々しく晴れ晴れとした演奏に魅せられたからです。リサイタルのプログラムは、次のとおり。

バッハ(ブラームス編曲):シャコンヌ
ブラームス:ピアノソナタ第2番
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」

シャコンヌは別として、なんとも骨太というか、難しそうな曲(聴き手にとっても)が並んでいます。実は、私、ブラームスのピアノソナタは聴いたことないし、「ハンマークラヴィーア」はいくつかCDを持っているけれど、途中で気が散ってちゃんと聴き通せたためしがない・・・。しかし、この日のヌーブルジェの演奏は、そんな難解なイメージを振り払ってくれる素晴らしいものでした。特に「ハンマークラヴィーア」の最終楽章のかっこよさといったら! やはりこの人の魅力は、はじけるような若々しさ、明るさ。ジャズの即興演奏のような、いい意味の軽さがあります。アンコールは「イタリア協奏曲の第3楽章」「自作曲」「ショパンの練習曲の中の1曲」でした。演奏会の曲目とは対照的な曲ばかりで、これもたいへん楽しめました。バッハ、ショパンをメインにした演奏会も聴いてみたいものだと思いました。

今回運良く前のほうの席が手に入り(サントリーホールの1階に入るの初めて・・・)、間近で顔を見て彼の若さに改めてびっくり。1986年生まれだから、まだ22歳というのはわかっていたけれど、見た目はそれ以上に幼く、高校生といっても通りそうな風情なんです。そんな少年のようなピアニストがこんな立派な演奏をするんですからねえ。今後の活躍が本当に楽しみです。

会場では、7月発売予定の「ハンマークラヴィーア」の入ったCDを先行発売していたので、購入。愛聴盤になりそうです。もちろんサイン会にも並びました。フランス語で挨拶したけれど、ちょっと面倒くさそうな感じで対応されました(笑)いかにも気まぐれなフランス人、ジャン=フレデリック・ヌーブルジェです。
b0163474_17554431.jpg
写真ではなぜかいつも理科系のオタク少年のようですが、実物はかなーり男前です。
[PR]
by AngeBleu | 2009-06-22 18:01 | 音楽

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧