Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バンベルク交響楽団のブラームス@サントリーホール(10月20日)

秋も深まってきました。秋にふさわしい音楽といえば、ブラームス……というわけで、バンベルク交響楽団のブラームス・チクルスのうち、最終日の昨夜(20日)の演奏会に行ってきました。曲目は「大学祝典序曲」「交響曲第3番」「ピアノ協奏曲第1番」。指揮はジョナサン・ノット、ピアノはピエール=ロラン・エマールです。

バンベルク交響楽団のブラームスは一度生で聴いてみたいと思っていました。1968年のカイルベルトとの来日公演の録音が、私の中での「ブラ4」の決定版です。洗練とはほど遠いゴツゴツとした演奏ですが、一種異様な迫力に満ちていて、これぞドイツのオケのブラームスという感じ。

そんな古風な演奏を想像していたのですが……。昨夜聴いたジョナサン・ノット指揮のブラームスは、武骨さや渋さはあまり感じられず、むしろ現代的で軽やかな印象を受けました。そりゃあ、40年前と同じ音が今も残っているわけはないですよね。それでも、ほどよく鄙びた、あたたかく豊かな響きがすばらしく、ああ、やっぱりブラームス好き……と夢見心地にさせてくれました。

交響曲第3番はもちろんよかったのですが、今まで2番に比べておもしろくないと思っていたピアノ協奏曲1番が、実はとてもいい曲だということがわかったのが収穫でした。特に2楽章がこんなにチャーミングだったとは! ピエール=ロラン・エマールの、感情を込めすぎないクールな演奏が、この曲の奥深さを引き出していたような気がします。
[PR]
by AngeBleu | 2009-10-21 23:41 | 音楽

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧