Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フランスで最も美しい村(7)メネルブ

プロヴァンスのリュベロンにある「フランスで最も美しい村」について書いてきましたが、最後に紹介するのは、メネルブMenerbesです。
b0163474_20585091.jpg
1990年代、世界中にプロヴァンスブームを巻き起こした『南仏プロヴァンスの12か月』。その作者のピーター・メイルの家があることで、メネルブは一躍有名になりました。でもメイルさんはもうここには住んでいません。なんでも彼の家を一目見ようと敷地内まで入り込む観光客があとを絶たなかったそうで、住んでいられなくなったとか。

この村自体は、プロヴァンスブームの前も後も、全然変わっていないような気がします。どんなに観光客が殺到しても、それを利用して商売してやろうなんて考える人はいないようで……。レストランやお土産屋さんは村の入口に数件あるだけ(それもあまりぱっとしない店ばかり)。村の中の一本道を歩いて行けば、ただただ静かな古い家並みが続きます。
b0163474_21155335.jpg
冬ということもあり、観光客はおろか住人の姿を見ることもありませんでした。

b0163474_2105151.jpg
いつ頃のものでしょう? 昔の郵便局の看板の跡が残っていました。

b0163474_2111323.jpg
崩れ落ちるままになっている城壁跡。

b0163474_2114366.jpg
ルネサンス様式の小塔が付いた建物。
よく見れば、手入れの行き届いた美しい家もたくさんあります。

b0163474_2121029.jpg
非常に古く由緒ありそうな邸宅。
ライオン像のところに「私有地」(入るなコラ~)と。

b0163474_2135013.jpg
唯一観光地っぽいものを発見。一見普通の邸宅に「ワインとトリュフの博物館Maison de la Truffe et du Vin」の看板が掲げられ、レストランのメニューが出ていました。「黒トリュフのオムレツ」とか「夏トリュフのトルテリーニ」とか、そそられます(高いけど)。 シーズン中のみの営業なんでしょうね。
b0163474_2141032.jpg
村の入口から続く一本道は、小さな教会のある広場で終わります。ここが村の端っこ。教会横には墓地があり、そこからリュベロンの谷のすばらしい眺めが広がります。
b0163474_2145536.jpg
広大な果樹園に囲まれてぽつんぽつんと建つ農家。このうちのどれかがピーター・メイルの家だったのかな? 長く横たわるリュベロンの山の向こうには、プロヴァンス最高峰のヴァントゥー山。頂には真っ白な雪が見えます。冬枯れのリュベロンもいいものです。

フランスで最も美しい村(1)ゴルド、ルシヨン
フランスで最も美しい村(2)セギュレ
フランスで最も美しい村(3)ゴルド レストラン「レ・ボリー」
フランスで最も美しい村(4)ルシヨン
フランスで最も美しい村(5)アンスイス
フランスで最も美しい村(6)ルールマラン
[PR]
by AngeBleu | 2010-01-22 21:28 | 南仏プロヴァンス

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧