Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

マリー・アントワネットの離宮

b0163474_21154953.jpg
薔薇をもつマリー・アントワネット(ヴィジェ=ルブラン夫人、プチ・トリアノン)


今回のフランスの旅でヴェルサイユを旅程に入れたのは、マリー・アントワネット好きの叔母の強い希望があったから。私はといえば、ロココ文化のどこか少女趣味的なところが苦手で、マリー・アントワネットにもさして興味はなかったのです。ところが、行きの飛行機の中で、叔母から借りたツヴァイクの『マリー・アントワネット』(中野京子訳・角川文庫)を読みはじめたら、ぐんぐん引き込まれ、寝るのも忘れて上・下巻を読破。マリー・アントワネットが急に身近な存在に感じられ、ヴェルサイユ宮殿に行くのが俄然楽しみになりました。
b0163474_21161654.jpg
ヴェルサイユ宮殿本館から2kmほどのところにある離宮「プチ・トリアノン」。もともと、ルイ15世の寵姫、ポンパドゥール夫人の別宅として建てられたものですが、のちにマリー・アントワネットが譲り受けました。しきたりだらけの宮廷生活にうんざりしていたマリー・アントワネットは、プチ・トリアノンの静かで優雅なたたずまいに惹かれ、ここを自分だけの隠れ処にしてしまいます。
b0163474_21165479.jpg
華美で重々しい宮殿本館とは正反対の、軽やかで優美な内装。王妃の家というより、貴婦人の田舎の別荘のような、くつろいだ雰囲気が漂っています。マリー・アントワネットは、ここに親しい女友達だけを招いて、おしゃべりに興じ、音楽を奏でて楽しみました。
b0163474_21172123.jpg
寝室は、マリー・アントワネットがヴェルサイユを去った日(1789年10月)の姿が再現されているそうです。彼女が作らせたベッドはシングルベッド。「夫とは絶対に一緒に寝ないよ」という宣言ですね(ルイ16世、カワイソー)。
b0163474_21174248.jpg
寝室の窓からは、マリー・アントワネットが愛人フェルゼンと逢い引きしたという「愛の神殿」が見えます。彼女が愛する人を思いながらこの風景を眺めることもあったのかと想像すると、胸に迫るものがあります。

マリー・アントワネットが部屋の内装以上に心を砕いたのが、庭園でした。ヴェルサイユ宮殿の人工的なフランス式庭園を嫌っていた彼女は、自分だけの、自然あふれる庭園がほしかったのです。自然の風景を再現するイギリス庭園は当時の流行であり、彼女の好みにもぴったり合うものでした。自然を模倣するのは、人工的なものを造るよりもっとお金がかかりますが、そんなことはおかまいなし。国費を湯水のように使って、理想どおりの庭園を造り上げます。
b0163474_21181310.jpg
したたる緑、曲がりくねった小道、さらさらと流れる小川、池。アルプスを思わせる岩山の下には、小さな洞窟まであります。

まだまだ飽き足らないマリー・アントワネット。次は本物の農村そっくりの村里を造ることを思いつきます。
b0163474_2118488.jpg
プチ・トリアノンから緑の草原を歩くこと15分、目の前に広がる美しい風景に思わず息を飲みました。これがマリー・アントワネットの夢の結晶「王妃の村里」です。わらぶき屋根の農家、水車小屋、池のほとりの釣り場……。すべてが絵本の挿絵のようなかわいらしさです。農家には本物の農夫たちが住み、マリー・アントワネットは彼らが働く様子を眺めて楽しんでいたといいます。
b0163474_21201637.jpg
村里の中でひときわ大きな「王妃の家」。外観は質素な農家を模していますが、中は、暖炉、鏡、ビリヤード台、大理石の床、セーヴル焼きの食器など、ぜいたく品で埋め尽くされていたそうです。
b0163474_2121097.jpg
この夢のように美しい疑似農村とはうらはらに、現実の農村では人々が飢えに苦しんでいました。マリー・アントワネットの無邪気な「農村ごっこ」は、民衆の怒りに火をつけます。彼らの怒りはやがてフランス革命という形で爆発し、王妃を断頭台に送ることになるのです……。
[PR]
by AngeBleu | 2010-07-15 21:32 | フランスところどころ

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧