Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2010年のクリスマスイブ

12月24日に休みが取れるのは数年ぶり。同じくお休みだったTくんと、今年最後のお出かけをしました。
b0163474_21553131.jpg
まずは、上野の国立西洋美術館で開催中の「デューラー版画展」へ。メルボルン国立ヴィクトリア美術館のコレクションから105点、国立西洋美術館のコレクションから49点。デューラーの版画作品だけで構成された贅沢な展覧会です。平日だからか、版画ばかりという地味な企画のせいか、人影はまばら。ゆっくり見られてよかったです。「聖母伝」や「受難伝」など宗教画のシリーズもおもしろかったのですが、なんといってもすばらしいのは最後のほうに並んでいた、「メレンコリアI」「書斎の聖ヒエロニムス」「騎士と死と悪魔」の3大傑作。美術書の図版などでおなじみの作品ですが、実物を見るのは初めて。正直言ってこれほどすごいとは思っていなかった。超絶技巧はもちろんだけど、画面から発せられる謎、神秘……、意味はほとんどわからないのに、引き寄せられずにはいられない何ものかがあります。この3点、国立西洋美術館のコレクションだとは知りませんでした(あと、「メレンコリアⅡ」「メレンコリアⅢ」って見たことないなあ?と思っていた……)。
b0163474_21561729.jpg
美術館の庭にはブールデルとロダンの彫刻が並び、周りの木立もどこかヨーロッパ風で、パリの美術館に来たような気分になります。
b0163474_21564536.jpg
美術館内のレストラン「すいれん」は、大きなガラスの向こうに見える中庭が美しく落ち着ける場所。企画展に合わせたメニューなど、料理もなかなか凝っているんです。今回は、デューラー展に合わせた特別メニュー。ソーセージ5種類の盛り合わせとモーゼルワイン。ワインはフルーティーな甘口でとてもおいしかったけれど、グラス1杯で我慢。このあと、美術館の向かい側の文化会館でコンサートがあるからです。
b0163474_2158017.jpg
19時からは、コンスタンチン・リフシッツのピアノ・リサイタル。演目は、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」です。奇しくも今日はオール・ドイツ・プログラムとなりました(デューラー→ソーセージ→バッハ)。
b0163474_21593361.jpg
ゴルトベルク変奏曲ってこんなにエネルギッシュで空間的に大きな曲だったのかと思うほど、パワーにあふれた演奏でした。最後の環が閉じられるように冒頭のアリアに戻ったときは、宇宙の生成の秘密に触れた気分になりました。クリスマスイブにふさわしいすばらしい贈り物でした。リフシッツさんについての予備知識はまったくなかったのですが、この方、現代最高のバッハ弾きとされるピアニストだそうです。18歳のときにゴルドベルク変奏曲を録音して以来、継続的にバッハに取り組んでおられるようです。ピアノ独奏の『音楽の捧げもの』など、すごくおもしろそう。ぜひ聴いてみたいです。
[PR]
by AngeBleu | 2010-12-26 22:03 | おさんぽ日記

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧