Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ムージャンのレストラン「ル・カンディーユ」

6月のフランス旅行の最後の日、カンヌ郊外、ムージャンのレストランでちょっとだけ贅沢なディナーを楽しみました。

ムージャンといえば、伝説のシェフ、ロジェ・ヴェルジェ氏が開いたレストラン「ムーラン・ド・ムージャン」が有名ですが、ヴェルジェ氏が引退してからは低迷気味で、ミシュランの星も失ってしまいました。今一番勢いがあるのは、5つ星ホテル「ル・マ・カンディーユ」の中のレストラン「ル・カンディーユ」だといわれています。
b0163474_2227675.jpg
「ル・マ・カンディーユ」は、ムージャンの村からほど近い、18世紀の農家を改装したホテル。糸杉、松、オリーブに囲まれた広大な敷地内にあります。
b0163474_22274284.jpg
コート・ダジュールの雄大な山々を見晴らすテラス。もう7時半過ぎなのに、まだまだ日差しがまぶしいです。
b0163474_22275991.jpg
まずは冷たーいアペリティフで喉の渇きをうるおします。
b0163474_22282293.jpg
前菜は「タタン・ド・フォワグラ、アルマニャック風味」。フォワグラを、リンゴのお菓子「タルト・タタン」風に料理したもので、ここのシェフのスペシャリテだそうです。
b0163474_22284117.jpg
メインは「低温調理した乳飲み仔牛」。素材のよさがじゅうぶんに生かされた一品。
b0163474_2229047.jpg
花々があふれるコート・ダジュールの風景をそのままお皿に描いたような、彩り美しいデザート。

ところどころに斬新な味の組み合わせがありはっとさせられますが、決してやり過ぎることなく、全体に安定感がある料理でした。量もちょうどよく、最後までおいしくいただけました。
b0163474_22292829.jpg
食後のコーヒーを飲んでいる頃、ようやく夕闇に包まれはじめました。最後の夜をこんな素敵なディナーで締めくくることができてよかった♪ カンヌ映画祭の期間中には、映画スターもよくやってくるとか。たしかにカンヌの喧噪を離れてお忍びで訪れるにはぴったりの場所です。今回ご一緒してもらった男性はただの仕事上の友人だったので、残念ながらあまりロマンチックな気分にはなれなかったですが(お勘定もめいめい払いでした・笑)。恋人同士かご夫婦に特におすすめです。

RESTAURANT LE CANDILLE
Boulevard Clément Rebuffel 06250 MOUGINS
http://www.lemascandille.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-08-26 22:31 | フランスところどころ

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧