Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

クン・ウー・パイクのベートーヴェン(2012年4月13日@トッパンホール)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第16番 ト長調 Op.31-1
ブラームス:主題と変奏 [原曲:弦楽六重奏曲第1番 Op.18より 第2楽章]
―――――――――――――――
ブラームス:3つの間奏曲 Op.117より 第1番 変ホ長調
ブラームス:8つの小品 Op.76より 第1番〈奇想曲〉 嬰ヘ短調
ブラームス:6つの小品 Op.118より 第2番〈間奏曲〉 イ長調
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111

T君に誘われて、韓国人ピアニスト、クン・ウー・パイクの演奏会に行ってきました。ベートーヴェンのピアノ・ソナタにブラームスの小品を挟むという、渋~いプログラム。ベートーヴェンのピアノ・ソナタで表題のついていないのってどうも難解でとらえどころがないイメージなんですよね~。私について行けるかな……と心配しつつ出かけたのですが……

冒頭のピアノ・ソナタ第16番から、心奪われました。あたたかくやさしさに満ちた、そして独特の粘りけのある音。しつこいくらい濃厚なブラームス。音が次々と流れて消えていくのではなく、弾かれた音がすべて残って、そのままひとつの宇宙を作り上げているようです。

圧巻は最後の32番のソナタ。第1楽章の身の毛もよだつような低音の打鍵……、第2楽章の瞑想的世界。“崇高”とはこういうことなんだとはじめて知りました。クン・ウー・パイクがすごいのか、ベートーヴェンがすごいのか(両方ですね)。

若いピアニストの才気あふれるキラキラした演奏を好んで聴く私ですが、クン・ウー・パイクのピアノはそういう刹那的な感覚の喜びなどとは対極にあるもの。打ちのめされたような気分で、終演後はしばし呆然としてしまいました。韓国を代表するピアニストでありながら、なぜか来日の機会は少ないとのこと。CDでは決して再現できないであろう、あの壮大な世界をまた味わってみたいです。

★ディスク紹介
バッハ/ブゾーニ:トランスクリプションズ
b0163474_2117253.jpg
私が持っている唯一のクン・ウー・パイクのアルバム。「めざめよと呼ぶ声が聞こえ」のブゾーニ版が聴きたくて図書館で借りました。とても気に入ったけれど、もう売っていないようなので、パソコンに落として聴いています。暗くしずかな情念にあふれた演奏がたまりません。

b0163474_21205831.jpg
b0163474_21212516.jpg
T君所蔵の「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集」「ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番“悲愴”&第14番“月光”&第23番“熱情”」どちらも聴くのが楽しみ!!
[PR]
by AngeBleu | 2012-04-16 21:26 | 音楽

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧