Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:フランスところどころ( 26 )

モン・サン・ミッシェル名物のオムレツを東京で!

b0163474_19573066.jpg
モン・サン・ミッシェルの有名レストラン「ラ・メール・プラール」の初の海外支店が東京、丸の内に誕生しました。

「ラ・メール・プラール」といえば、なんといってもオムレツが有名。でも、このオムレツ、非常に評判が悪い。味がどうこうというより、とにかく常識外れに高いのです。単なるオムレツが35ユーロ、日本円で4000円以上なのですから……。

去年の夏のノルマンディー旅行記はこちら↓
ノルマンディーの旅(8)モン・サン・ミッシェルのオムレツ

東京国際フォーラム内にできた「ラ・メール・プラール」。どんな料金設定でやっているのか、興味本位で見に行ったのですが……。前菜+メイン+コーヒー、またはメイン+デザート+コーヒーが1800円と、意外なほど安いではないですか。本場の3分の1くらい? 見るだけのつもりが、食べることになりました~。

b0163474_19575861.jpg
メインのオムレツ。見た目も味も本場ものと同じです。こんなに大きいのに、軽くふわふわなのでどんどん食べられます。付け合わせに2種類の小さなココット料理が付き、フォワグラのポワレ、野菜のクリーム煮、ムール貝のクリーム煮などの中から選べます。

b0163474_19581165.jpg
メインはオムレツ以外に、「ムール貝の白ワイン煮」、「牛肉のシードル煮」など、マルミット鍋の煮込み料理がいろいろ。こちらは相棒が選んだ「チキンのクリーム煮」。

b0163474_19583475.jpg
デザートは8種類の中から選べます。選択肢が多いのがうれしいですね。こちらはクレーム・ブリュレ。結構なボリュームがありますが、あっさりしておいしく、ぺろりと食べられました。

b0163474_19585198.jpg
店内は高級感もありつつ、決して堅苦しくなく楽しい雰囲気。壁にはモン・サン・ミッシェルの風景や、「ラ・メール・プラール」本店の写真が飾ってあり、旅情をかきたてられます。この内容でこの値段は非常にリーズナブルといえるのではないでしょうか。ここならまた来てみたいと思いました。

これからモン・サン・ミッシェルに行く方へ。物価の高いモン・サン・ミッシェルではサンドイッチで我慢して、名物のオムレツは東京で食べることをおすすめします(笑)
[PR]
by AngeBleu | 2011-10-15 20:01 | フランスところどころ

ムージャンのレストラン「ル・カンディーユ」

6月のフランス旅行の最後の日、カンヌ郊外、ムージャンのレストランでちょっとだけ贅沢なディナーを楽しみました。

ムージャンといえば、伝説のシェフ、ロジェ・ヴェルジェ氏が開いたレストラン「ムーラン・ド・ムージャン」が有名ですが、ヴェルジェ氏が引退してからは低迷気味で、ミシュランの星も失ってしまいました。今一番勢いがあるのは、5つ星ホテル「ル・マ・カンディーユ」の中のレストラン「ル・カンディーユ」だといわれています。
b0163474_2227675.jpg
「ル・マ・カンディーユ」は、ムージャンの村からほど近い、18世紀の農家を改装したホテル。糸杉、松、オリーブに囲まれた広大な敷地内にあります。
b0163474_22274284.jpg
コート・ダジュールの雄大な山々を見晴らすテラス。もう7時半過ぎなのに、まだまだ日差しがまぶしいです。
b0163474_22275991.jpg
まずは冷たーいアペリティフで喉の渇きをうるおします。
b0163474_22282293.jpg
前菜は「タタン・ド・フォワグラ、アルマニャック風味」。フォワグラを、リンゴのお菓子「タルト・タタン」風に料理したもので、ここのシェフのスペシャリテだそうです。
b0163474_22284117.jpg
メインは「低温調理した乳飲み仔牛」。素材のよさがじゅうぶんに生かされた一品。
b0163474_2229047.jpg
花々があふれるコート・ダジュールの風景をそのままお皿に描いたような、彩り美しいデザート。

ところどころに斬新な味の組み合わせがありはっとさせられますが、決してやり過ぎることなく、全体に安定感がある料理でした。量もちょうどよく、最後までおいしくいただけました。
b0163474_22292829.jpg
食後のコーヒーを飲んでいる頃、ようやく夕闇に包まれはじめました。最後の夜をこんな素敵なディナーで締めくくることができてよかった♪ カンヌ映画祭の期間中には、映画スターもよくやってくるとか。たしかにカンヌの喧噪を離れてお忍びで訪れるにはぴったりの場所です。今回ご一緒してもらった男性はただの仕事上の友人だったので、残念ながらあまりロマンチックな気分にはなれなかったですが(お勘定もめいめい払いでした・笑)。恋人同士かご夫婦に特におすすめです。

RESTAURANT LE CANDILLE
Boulevard Clément Rebuffel 06250 MOUGINS
http://www.lemascandille.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-08-26 22:31 | フランスところどころ

美食の村、ムージャン

b0163474_22323831.jpg
南仏旅行最後の日、カンヌ近郊のムージャンMouginsという村に行きました。カンヌから内陸に10kmほど入った丘の上にあり、10分もあればひとまわりできるほど小さな村ながら、美食家たちの間では名の知られた場所です。カンヌに近いのに緑いっぱいで静かな環境のためか、昔からピカソやコクトーら多くの芸術家に愛されてきたそうです。1970年代、フランス料理の巨匠ロジェ・ヴェルジェ氏がレストラン「ル・ムーラン・ド・ムージャン」を開いてからは、世界中のセレブが集まるグルメの村として知られるようになりました。残念ながらロジェ・ヴェルジェ氏は数年前に引退されましたが、今も村には数多くのレストランが集まり、美食の村らしい雰囲気は健在です。
b0163474_22332939.jpg
おしゃれだけどリーズナブルで気軽に入れるレストランが多いようです。
b0163474_2233589.jpg
b0163474_22341933.jpg
カンヌ映画祭の時期には映画関係者も多く訪れるとのことで、村の中のギャラリーやお土産屋さんもどこか洗練された感じです。

b0163474_22344118.jpg
村の真ん中にある「アンドレ・ヴィレール写真美術館」。入場無料だったので時間つぶしのつもりで入ったのですが、なかなか見応えがありました。アンドレ・ヴィレールの名は知らなくても、彼が撮ったピカソの写真は誰もが知っているはず。そう、あの有名な、裸で腕組みをしているかっこいい写真です。ヴィレールのほか、ドアノーやラルティーグら有名写真家による、ピカソのさまざまな表情が見られます。しかしピカソはどんなにリラックスしているときも目ヂカラはすごいんですよね…。ピカソは晩年の10年間をムージャンで過ごし、この地で生涯を終えました。ムージャンの村はずれにピカソが住んでいた家が今も残っているそうです。
b0163474_2235935.jpg
写真美術館のもうひとつの見どころ。それは3階の窓から見える風景です。ムージャンの村の赤い屋根の向こうに広がる緑、はるかにカンヌの町並み、そして青い地中海。沖に浮かぶのはレランス諸島。どこまでも明るく晴れ晴れとしたこの景色を見ていると、この小さな村が昔から現在に至るまで、多くの芸術家や映画スターに愛されてきた理由がわかるような気がします。
b0163474_22354311.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2011-08-14 23:03 | フランスところどころ

ラマチュエルの案山子たち

b0163474_23112128.jpg
南国の花があふれる中世の街、ラマチュエル。迷路のように入り組んだ細い道を迷いながら歩いていると、こんなかわいらしい住人に出会いました。
b0163474_23115082.jpg
曲がり角を曲がれば、また別の子がご挨拶。
b0163474_23122915.jpg
これは「NATURE ET EPOUVANTAIL(自然と案山子)」という毎夏恒例のアートイベントだそうです。ラマチュエルの街のいたるところで、陽気な案山子たちが訪れる人々を歓迎してくれます。
b0163474_2312505.jpg
b0163474_2313947.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2011-08-08 23:16 | フランスところどころ

花香る中世の街、ラマチュエル sanpo

ガッサンからの帰り道、途中にあるラマチュエルRamatuelleという村に寄ってみました。ラマチュエルは、海からやってくる外敵に備えて要塞化した村。堅固な城壁の中には、迷路のように入り組んだ道が走る「中世の街」がそのまま残っています。
b0163474_22513685.jpg
絵本の中に入り込んだよう。
b0163474_22444920.jpg
歩き進むごとに次々と違う風景が現れます。
b0163474_22411221.jpg
扉の向こうにはどんな人が住んでいるの?と想像しないではいられません。
b0163474_22413811.jpg
思わず叩いてみたくなるようなドアノッカー。
b0163474_2242681.jpg
b0163474_22511042.jpg
ブーゲンビリア、夾竹桃、ジャスミン……。家々の壁はどれも色鮮やかな南国の花に彩られ、住む人の心の豊かさが感じられます。
b0163474_22482295.jpg
コート・ダジュールではアジサイもまぶしい太陽の下で輝きます。
b0163474_22465538.jpg
どこを切り取っても絵になる風景。ただ歩いているだけで楽しくなる場所です。

b0163474_2249592.jpg
「中世の街」の外のテラスからの眺め。ガッサンよりも標高が低いので絶景とまではいきませんが、ブドウ畑やオリーブの森、松林の広がるのどかな風景に心なごみます。かつて激しい覇権争いの舞台となった地中海も、今は白いヨットがのんびりと浮かぶだけ。穏やかで平和そのものです。

ラマチュエルへは、ガッサンから約5km。サン・トロペから約10km。サン・トロペからはラマチュエル行きのバスも出ています。
[PR]
by AngeBleu | 2011-08-02 22:58 | フランスところどころ

ガッサン~フランスで最も美しい村 sanpo

喧噪のサン・トロペを離れて、中世の村、ガッサンGassinに向かいました。サン・トロペ半島の沿岸部は白砂のビーチが広がる賑やかなリゾート地ですが、一歩内陸に入ると、昔ながらのプロヴァンスの田園地帯。なだらかな丘の斜面に一面のブドウ畑が広がっています。このあたりは、さわやかなロゼで知られる「コート・ド・プロヴァンス」の産地。このまぶしい太陽の光を浴びて育つブドウがやがておいしいワインに姿を変えるのですね。見ているだけで「おいしそう」とうっとりとするような(笑)ブドウ畑を抜けて、どんどん高度を上げていくと、「フランスで最も美しい村」のひとつ、ガッサンにたどり着きます。
b0163474_2219084.jpg
標高200mの村からは、サン・トロペ湾の素晴らしい眺望が楽しめます。さっきまで歩いていたサン・トロペの港が、まるでミニチュアの町のようです。

ガッサンは、ゆっくり歩いても15分ほどで一周できてしまうほど小さな村。
b0163474_22193589.jpg
Rue Central(中央通り)とはいいながら、人がすれ違うのがやっとという細い道。
b0163474_22292974.jpg
古い壁にブーゲンビリアの鮮やかな色が映えます。
b0163474_2233321.jpg
小さなトンネルのある道。コート・ダジュールの典型的な中世の村です。

b0163474_22335678.jpg
こんなに小さな村なのに、さすが観光地。眺めのいい広場にはレストランが集まっていました。
b0163474_22341699.jpg
こんな素敵なレストランでシンプルなプロヴァンス料理を食べながら、コート・ド・プロヴァンスのワインを味わってみるのもいいですね。

b0163474_2234532.jpg
村を去る前に、もう一度、展望テラスへ。美しい村、ガッサンの一番の見どころは、やっぱりこの眺めです。サン・トロペに来たら、ここまでぜひ足を延ばしてみてください。車ならたった15分。本数は少ないですが、サン・トロペからバスも出ています。
[PR]
by AngeBleu | 2011-07-27 22:47 | フランスところどころ

サン・トロペで「トロペジエンヌ」を

b0163474_22301638.jpg
ニースから車で約2時間、コート・ダジュールで最も美しい港町、サン・トロペにやってきました。

まだ6月初旬だというのに、週末のサン・トロペは早くもバカンス気分。どの通りも人、人、人……。皆どこか浮き足だってそわそわしている感じ。この雰囲気は、サン・トロペ独特のものです。
b0163474_22305423.jpg
港に並ぶ豪華クルーザーと、それを憧れの目で眺める人々……という、いつものサン・トロペの風景。
b0163474_22311645.jpg
港に面した真っ赤なカフェ「セヌキエ」。1970年代にはサン・トロペに別荘をもつスターたちのたまり場だった場所です。最近ではスターの姿を見かけることは少なくなったそうですが、それでもこの賑わい。

b0163474_22313867.jpg
20世紀初めまで、名もない小さな漁村だったサン・トロペ。そのひなびた美しさに惹かれて、ポール・シニャックら多くの画家たちが住み着き、海辺や港の風景を描きました。スノッブなリゾート地と化した今も、パステルカラーの建物、青い空、まぶしい太陽は変わることなく画家たちの絵心を刺激するようです。港の通りには絵を売る露店がずらりと並んでいます。
b0163474_2232873.jpg
サン・トロペといえば、ブリジット・バルドー。コート・ダジュールの片田舎にすぎなかったサン・トロペを一躍おしゃれなリゾート地に変貌させたのがこの女性。マリリン・モンローと並ぶセックス・シンボルB.B.の伝説は、サン・トロペを舞台にした映画『素直な悪女』(1956)から始まりました。私はテレビで一度観ただけで、内容はあまり覚えていないけど……ラストの、もてあますエネルギーを爆発させたようなB.B.の踊りは印象に残っています。あと、それをなすすべもなくオロオロと見守る夫(ジャン・ルイ・トランティニャン)の情けない男ぶりが妙にツボでした(笑)。

b0163474_22324761.jpg

b0163474_22331092.jpg
ピンクやオレンジ色の壁が陽光に映える旧市街は、ほかのコート・ダジュールの町と同じだけど、どこか洗練された感じ。

b0163474_22334856.jpg
リス広場Place de Lice近くの細い通りに、行列のできるパン屋さんがあります。ほとんどのお客さんが買っていくのがこれ。
b0163474_22341530.jpg
サン・トロペ名物「トロペジエンヌ」。実は今回サン・トロペに来たのも、これを食べたかったから♪ このお菓子の名付け親は、なんとブリジット・バルドーなのだそうです。ポーランド出身のパン職人が故郷をなつかしんで作ったケーキを、『素直な悪女』のロケに来ていたバルドーが気に入り、「トロペジエンヌ」という名前を提案したのだとか。
b0163474_2234555.jpg
直径40センチほどのホールを少しずつ切り分けて売ってくれます。1ピース2.30ユーロでした。見かけはとてもシンプルな、単なるクリームをはさんだパン。でも、ほどよいかたさのブリオッシュと上にのったあられ糖の甘さ、そしてたっぷりのカスタードクリームのバランスが絶妙で、なんともいえないおいしさです。1ピースでもかなりのボリュームですが、ぺろりと食べてしまいました。一緒に来たニースに住む友人も「ニースのパン屋さんでも売っているけど、こんなにおいしいのは食べたことがない」と感動していました。

La Tarte Tropezienne
36 rue Georges Clémenceau 83990 Saint Tropez
[PR]
by AngeBleu | 2011-07-25 22:47 | フランスところどころ

カンヌから船で20分のパラダイス~サントノラ島

夏真っ盛りという感じのコート・ダジュールですが、まだ6月初旬。現地の友人はみんなお仕事で、平日の1日をひとりで過ごすことになってしまいました。夏のリゾート地でひとり、というのは、ちょっとさびしいものがありますねー。自然の中でひとり瞑想しながら歩けそうな場所は?……と考え、出かけたのがサントノラ島。カンヌ沖に浮かぶふたつの島、レランス諸島のひとつです。カンヌの旧港から、小さなフェリーボートで行くことができます。
b0163474_2323214.jpg
たった20分の船旅ですが、ちょっとだけ地中海クルーズの気分。海から見るカンヌの町並みがきれいです。
b0163474_23241089.jpg
島に着くと、そこはもう別世界。にぎやかなカンヌはすぐ近くなのに、正反対の静寂に包まれています。サントノラ島の歴史は古く、西暦400年頃、オノラという修道士が修道院を建てたのが始まり。島全体がシトー会修道院の所有で、今も30人ほどの修道士が中世の頃と変わらない祈りと瞑想の日々を送っているそうです。
b0163474_232633.jpg
1周3kmほどの島の周囲は、緑の木陰が心地よいハイキングコースになっています。カトリックの島らしく、ところどころに古い礼拝堂が建っています。
b0163474_23264829.jpg
島のほぼ中央にあるレランス修道院。前庭ではちょうどラベンダーが花盛りでした。
b0163474_2327856.jpg
南国の花が咲き乱れ、甘い香りを放っています。
b0163474_23273066.jpg
音もなく行き過ぎていった修道士。ここでは外の世界とはまったく別の時間が流れているようです。

b0163474_2327537.jpg
船着場と反対側の海岸に出ると、波打ち際に建つ要塞修道院が見えてきます。海賊の襲来が絶えなかった11世紀頃、修道士たちの避難場所として建てられたものだそうです。
b0163474_23281585.jpg
要塞修道院の中は、飾り気もなくひたすら厳格な雰囲気。俗世間を捨て、神に身を捧げる決意をした修道士たちの気持ちが伝わってくるよう。
b0163474_23285234.jpg
屋上からはサントノラ島の全景を眺めることができます。レランス修道院の向こうには、レランス諸島のもうひとつの島、サント・マルグリット島、さらにその向こうにカンヌの町が見えます。
b0163474_23293038.jpg
サントロペ方面の眺め。いつまでも眺めていたくなる青い海。
b0163474_23295452.jpg
こちら側には小さな砂浜が続いています。森に囲まれてブドウ畑があるのがわかるでしょうか? このブドウ畑も修道院のもので、修道士たちによるワイン造りが行われています。地中海の小島で修道士たちが手造りするワイン……と聞くだけで、心ときめきますよね。生産量が少ないので、島の外ではほとんど手に入らないのだそうです。

お昼はサントノラ島でたった1軒のレストランで。運よく、海が目の前に見える最高の席に案内してもらえました。このレストランではなんと、修道院産の貴重なワインをグラスで味わうことができます。
b0163474_23321563.jpg
「Saint Pierre blanc 2007」
あー、おいしい~。さわやかで果実味たっぷり、こんな暑い夏の日にぴったりのワインでした。なんといっても、青く穏やかな海を眺めながら…というシチュエーションが最高です。ただ、場所がいいだけに、お値段は少々高め。ワインと生ハム入りサラダとアイスクリームのデザートだけで、40ユーロ……。まあ、滅多に味わえない心地よい時間を過ごせたのでよしとしましょう。
[PR]
by AngeBleu | 2011-07-21 23:48 | フランスところどころ

なぜこんなに青いの!? ニースの海

b0163474_224124100.jpg
1年半ぶりにニースにやってきました。前回は冬だったから、夏のニースは本当に久しぶり。6月上旬、本格的なバカンスシーズン前なので、まだまだ人も少なく落ち着いた感じです。パブリックビーチもこんなにゆったりとしています。それにしても、この海の青さはどうでしょう。やっぱり、コート・ダジュールに来るなら夏ですね~。
b0163474_22414575.jpg
こちらはプライベートビーチ。私はこのプライベートビーチというものに入ったことがないのです(友人はみな庶民派なので、一緒に行ってくれる人がいないんです……泣)。一度はこういうところで過ごしてみたいな~。白ワインのボトルなど頼んで、日がな一日ぼーっと寝そべっている……なんて怠惰で優雅なバカンス、憧れます。
b0163474_22421388.jpg
これは「HiHotel」という最近できたニースでは珍しいデザインホテルが所有する「Hi Beach」。ホテルはかなり奇抜なデザインで好みが分かれそうですが、このビーチはわりと普通。でもどことなくおしゃれな感じです。

プライベートビーチといっても、別に敷居が高いわけではなく、入場料を払えば誰でも使えます。HiBeachの場合、1日22ユーロ。ニースのビーチは石浜なので、長く過ごすならマットとパラソルがあるプライベートビーチのほうが快適ではないでしょうか。シャワーや更衣室はもちろん、レストラン、バーもあり、Wi-Fiも無料です。
b0163474_22424211.jpg
海岸通りのプロムナード・デザングレ。ジョギングをする人、自転車で走り抜ける人……みなそれぞれに、リゾートの時間を楽しんでいます。
b0163474_22431461.jpg
何をするでもなく、ただ海を眺めているだけの人もたくさんいます。お金があってもなくても、若くてもそうでなくても、誰もが生きる喜びを味わえる……それがニース。
b0163474_2244311.jpg
ここは海岸近くのマセナ広場。数年前のトラム開通を機に、歩行者専用に整備されました。中心街に車が入ってこなくなったおかげで、ニースの町はかなり快適、かつエレガントな雰囲気になったような気がします。……ところで、あの高い柱の上に座っておられる方は誰?
b0163474_22445360.jpg
夜になると、このように七色に輝きます。トラム開通と同時に生まれた14のパブリックアートのひとつで、Jaume Plensaという現代アーティストの作品。ニースは夜の散歩も楽しい町です。
b0163474_22451755.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2011-07-17 22:53 | フランスところどころ

ヴェルサイユ宮殿のレストラン、カフェ

b0163474_15452061.jpg
ヴェルサイユ宮殿はとにかく広大。なにしろ、宮殿の前に立って庭園を眺めると、はるか地平線の彼方まで敷地が続いているのですから……。宮殿本館、庭園、マリー・アントワネットの離宮を見ようと思ったら、丸1日かかります。1日ヴェルサイユ宮殿の中で過ごすなら、必然的にお昼も宮殿内で食べることになります。芝生の上でサンドイッチもいいけれど、ちょっと落ち着いた場所で優雅にランチをしたいと思って、このレストランに行ってみました。
b0163474_15454748.jpg
大運河の近くにある、「ラ・プティト・ヴニーズLa Petite Venise」。
b0163474_15463511.jpg
木立の中に隠れるように建っているので、観光地のレストランにありがちな騒がしさはなく、ゆったりとした気分で食事ができます。大噴水祭がある週末のお昼でも、12時ちょっと過ぎに行ったらまだまだ席に余裕がありました。ただし15分ほどで全部埋まってしまいましたが。

ここは、もともとルイ14世がヴェネツィアから呼び寄せたゴンドラ漕ぎの家だったそうです。それにちなんでか、メニューは軽めのイタリア料理が中心です。一品料理とデザート、コーヒーで1人25ユーロくらい。

夏は花と緑に囲まれたテラス席が気持ちいいですが、屋内席も素敵です。
b0163474_15495799.jpg
b0163474_15501646.jpg
これは、前回(2009年4月)に訪れたときの写真。メニューは季節によって変わるようです。

午後のティータイムには、プチ・トリアノン入口にある「アンジェリーナAngerilna」へ。ご存知、パリの老舗サロン・ド・テの支店です(東京にもありますね)。ここはセルフサービスで、飲み物は紙コップ、お皿はプラスチック……と、パリの店に比べて高級感はまるでありませんが、有名なモンブランの味はたぶん一緒。
b0163474_15521639.jpg
濃厚なマロンペーストに、さくさくメレンゲがおいしい!!

もうひとつ忘れられないのは、プチ・トリアノンの前で飲んだオレンジジュース。生のオレンジ3~4個をその場で絞ってくれます。
b0163474_15532661.jpg
これがまた甘くてフレッシュでおいしい~。炎天下でカラカラに乾いた体が一気にうるおうようでした。1杯3ユーロ。
b0163474_1554479.jpg
6月初めにしては暑い日(30度超え)だったので、大繁盛でした。
[PR]
by AngeBleu | 2010-07-19 16:03 | フランスところどころ

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧