Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コンテとアルボワワイン

b0163474_1835189.jpg
フランスでは、レストランで食事もいいけれど、新鮮なチーズとワインを買ってきて部屋で食べるのも楽しいものです。10日ほどのパリ滞在中、夜は毎日こんな感じで「ひとり飲み」してました。日本の自分の家で同じことをしても全然楽しくないですが(笑)、パリだとなぜか幸せ〜な気分になれるんですよね。
 
この夜のチーズは「コンテ」と「ピコドン」。7区の「マリ・アンヌ・カンタン」という老舗のチーズ店で買いました。コンテは今まであまり好んで食べたことはなかったけれど、さすが専門店で「一番おいしいコンテを」と言って選んでもらっただけあって、とてもおいしかったです。ミルク味の中に、木の実のような甘みや、フルーツのようなかすかな酸味が混じり合って、なんともいえない複雑な味わい。コンテの魅力に開眼しました。ピコドンは、この夏、プロヴァンスではじめて食べて感動したチーズ。そのときはとろとろの食感がたまらなかったのですが、今回は、気温のせいか?熟成期間のせいか?もっと身がひきしまって、ねっとりむっちりという感じ。こくがより深くなったようで、また違うおいしさがありました。
 
合わせたのは、コンテと同じ地方のワイン「アルボワ」。名前は知っていたけれど、飲むのははじめて。日本ではめったに見かけないワインですが、パリでもあまり出回っていないそうです。そんな珍しいワインがチェーン店の「ニコラ」で7.50ユーロというのはお得だったかも。きれいな金色で、花の蜜のような香りとこくがあり、すごく好みの味。やはりコンテとの相性は最高でした。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-08 18:35 | パリ

モン・ドールとボジョレー・ヌーヴォー

冬にフランスに行ったら必ず食べたいと思っていたのが「モン・ドール」。秋から冬にかけてしか生産されない季節限定のチーズです。

b0163474_2346057.jpg
こうして木箱に入ったまま、木のスプーンですくって食べます。ウォッシュタイプにしては匂いは強くなく、ほんのりと香る木の香りが心地いいです。食べる1時間ほど前に冷蔵庫から出しておくことが大切。とろとろになったモン・ドールは、なめらかでクリーミーで、やみつきになるおいしさ♪ 日本では「幻のチーズ」などと呼ばれ、値段も非常に高い(小さいものでも3000円超え)ですが、パリではどのチーズ屋さんでも10ユーロほどで売っています。ほんと、このためだけに毎年冬、パリに行きたいくらい!

今回はたまたま11月の第3木曜、つまりボジョレー・ヌーヴォーの解禁日にパリにいたので、ボジョレーと一緒にいただきました。今年のボジョレーは「ここ10年で最高の出来」とかで(毎年同じこと言ってるような気がするが…)、こちらもとてもおいしかったです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-05 23:48 | パリ

シラク前大統領もお気に入りのレストラン「ペール・クロード」

b0163474_2054188.jpg
11月末、10日間ほどのパリ出張に行っていました。今回はアパートを借りての滞在だったので、基本的に食事は自炊。なのでレストランにはほとんど行かなかったのですが、たまに現地の友人とランチに出かけることもありました。その中のひとつが、ここ。エッフェル塔に近い、15区のラ・モット・ピケ大通りにあるレストラン「ペール・クロード」です。常連客の多い気軽なビストロながら、そこは15区、どことなく上品な雰囲気です。シラク前大統領も行きつけだとかで、店内にはシラクさんがこの店を訪れたときの写真が飾ってありました。

b0163474_20544575.jpg
ここのスペシャリテは、ロティスリー、つまり焼き肉料理。メニューには、牛boef、仔牛veau、鶏poulet、羊agneauと、おいしそうな肉料理が並びます。私の目にとまったのは、cuisses de grenouilles。前から食べてみたかった「カエルの脚」です。今日はこれに決まり! パリでカエル料理が食べられるレストランはあまりないですからね。

b0163474_20552656.jpg
油で揚げて、ニンニクとパセリのソースでいただくのが、カエルの食べ方の定番だそうです。カエルそのものには特に味や臭いはなく、ニンニクとパセリの香りを楽しむという感じ。そしてカリッと揚げた食感がたまらなくて、お酒が進みます~。おすすめされたワインは「ロゼ」でした。これはかなり日本人好みの料理ではないでしょうか。小骨が多くて食べにくいのが難かな。お行儀よくナイフとフォークで身をはがすのはなかなか時間がかかって大変。手づかみで食べたいくらいでした。

付け合わせのジャガイモのピュレがまたおいしくて…。こんなになめらかでクリーミーなピュレをレストランで食べるのははじめて。

b0163474_20563045.jpg
右は友人が食べた「鶏の赤ワイン煮」。ご覧のとおりかなりのボリューム。私たちはふたりともメイン1品だけでお腹がいっぱいになりましたが、まわりを見回すと、小柄なおばあちゃんでも、前菜からメイン、デザートまで平らげていました。すごいもんだわ。

さて、食事中に、テーブル担当の男の子が近づいてきて、何やら耳打ちしようとする。何だ?と思ったら、「今からシラクさんが入ってくるよ」だって。振り返って窓の外を見ると、シラクさんがレストランの前で車を降りたところだった! 本当に常連なんですね。アルツハイマー病を患っているという報道もありましたが、すごくお元気そうに見えました。あれは裁判逃れのための仮病に違いない(決めつけ)。

お勘定は、ふたりでメインとグラスワイン、コーヒー1品ずつで、67ユーロ。決して安い店ではないけれど、安心しておいしい肉料理を食べられるうえ、エッフェル塔近くで、年中無休でやっているという点でも貴重なレストランです。

Restaurant Pere Claude
51,avenue de la Motte-Picquet 75015 Paris
http://www.lepereclaude.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-03 21:04 | パリ

メニルモンタン〜赤い風船のふるさと

子供の頃の思い出の映画のひとつに『赤い風船』があります。少年が風船と仲よくなって、最後にたくさんの風船と一緒に空に舞い上がっていくのが、幼稚園児の私はうらやましくて、うらやましくて……。縁日の屋台で「ここの風船を全部買って」とせがんで怒られたっけ。

その『赤い風船』で風船を手にした少年が駆け回ったのが、パリの北東の外れ。20区のメニルモンタンです。この前パリにいったとき「メニルモンタンを散歩してくる」とパリ在住の友人に言ったら、「観光客にはハードル高いとこだよ~」「郊外チックな物騒な場所もあるから気をつけて」などと脅されたのですが……。平日お昼のメニルモンタンは、いたって平和で、静かで、まるでパリから遠く離れた田舎町を歩いているようでした。
b0163474_2131796.jpg
高層の集合住宅も多いけれど、その狭間に、昔ながらの雰囲気を残す街並みもところどころに残っています。
b0163474_2146100.jpg

b0163474_21163624.jpg
こんな階段や……
b0163474_2163315.jpg
こんな路地も……
b0163474_2172531.jpg
「ここがパリ?」と思うような、緑いっぱいの庭付き一軒家が並ぶ小路。
b0163474_2182168.jpg
菩提樹、ジャスミン、ブドウの木……まるで南仏です。
b0163474_2110235.jpg
バラの花が咲く庭園
b0163474_2111884.jpg
紫陽花に彩られた窓辺

映画『赤い風船』の面影は見つけることはできませんでしたが、建物の側面に描かれた、大きな「赤い風船」を見つけました。
b0163474_21141253.jpg
メニルモンタン。まさに「パリの中の田舎」という雰囲気で、ひっそりとした小路をさまよい歩くのが好きな人にはおすすめです。灯りともし頃の雰囲気もいいだろうな……。友人は「夜は絶対歩かないほうがいい」と言うのだけど。
[PR]
by AngeBleu | 2011-06-24 21:22 | パリ

ベルヴィル散歩(2)街角アート

移民街として知られるパリのベルヴィルですが、近年は隠れた名ビストロやワインバーが点在する場所として注目を集めているのだとか。また、おもしろい現代アートのギャラリーや小劇場なども意外に多いのだそうです。昼間に少し歩いただけでも、自由な“アートの街”の雰囲気は伝わってきました。
b0163474_21364769.jpg
雑然とした街並みの中に突如現れた巨大な壁画。左側はニースのアーティスト、ベンの作品です。「言葉を信じるな」。
b0163474_21385460.jpg
作品を壁に取り付ける作業をしているふたりの男性……よく見ると人形です。

b0163474_21392812.jpg
ベルヴィル通りに面した「オ・フォリー」は、この街で生まれたエディット・ピアフが歌ったこともあるというカフェ。今は界隈のボヘミアンな人々が集う場所になっています。

b0163474_21402988.jpg
「オ・フォリー」の脇の通りに入ってびっくり! 通りの両側の壁がすべてカラフルな落書き?グラフィティ?で埋め尽くされているのです。
b0163474_21413856.jpg
どぎつい色合いに混じって、こんな癒し系の作品もあります。
b0163474_2142434.jpg
空き家の中に、ところどころギャラリーも。
b0163474_21423314.jpg
パリの中心部では絶対に見られない風景ですね。観光客の来ない“もうひとつのパリ”に出合いたい人に、ベルヴィル、おすすめです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-06-20 21:48 | パリ

ベルヴィル散歩(1)

出張で香港に行ってきました! 
b0163474_1910292.jpg
…というのは嘘で、ここはなんとパリ。20区ベルヴィルの街角です。
b0163474_1913765.jpg
メトロのベルヴィル駅を降りると、右を見ても左を見ても、漢字の看板ばかり。道行く人はほとんどがアジア人です。
b0163474_19133683.jpg
こんなヘアサロンも。界隈のお兄さんたちがみな映画スターのようにカッコイイのは、ここでスタイリングしてもらっているから!?
b0163474_19141220.jpg
お昼ごはんは、ベルヴィル大通りにある、パリに住む友人イチオシの餃子屋さんに行きました。パリではチャイニーズ料理といってもほとんどベトナムなどインドシナ料理なので、カリッと焼いたこんな餃子が食べられる店は珍しいのだとか。ニラの香りたっぷりでおいしい! そのうえ一皿5ユーロという、パリにしては驚きの安さです。

ベルヴィル大通りのゆるやかな坂道を上り、しばらくして右に折れると、中華街の喧噪とは一転して静かな空間が現れます。ベルヴィル公園です。
b0163474_19143393.jpg
バラの花が咲き乱れるプロムナードが、秘密の花園めいていい雰囲気。
b0163474_19145476.jpg
小さいけれど、起伏のある地形を生かして設計された魅力的な公園です。
b0163474_19151686.jpg
ピクニックやお昼寝にぴったりの芝生もあります。
b0163474_19153018.jpg
ランチや読書、はたまた中国舞踊の練習など、近所に住む人たちが思い思いにお昼休みのひとときを過ごしていました。中華街にはおいしそうなベトナムサンドを売る店も見かけたので、この公園でのんびりランチピクニックをするのもいいですね。中心地の公園と違って静かなので、ひとりでもゆったりとした気分で過ごせそうです。
b0163474_19235243.jpg
ベルヴィル公園の上の展望台から見下ろすパリの街。エッフェル塔、ポンピドゥーセンター、モンパルナスタワーなど、パリのランドマークが一目で見渡せます。パリを見下ろす丘といえば、モンマルトルが有名だけど、ここからの眺めもなかなかのものです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-06-18 19:24 | パリ

パリ植物園~バラの季節

6月の初め、パリの宿泊ホテルから近い植物園にふらりと出かけてみました。
b0163474_2054359.jpg
パリ植物園は、ルイ13世が創設した王立薬草園を前身とする、歴史の古い植物園です。

この日、夜明け前の1時間ほど、雷をともなう激しい雨が降りました。雨のしずくに濡れた花々は、野生の植物のように生き生きとしていました。
b0163474_20551312.jpg

b0163474_20553629.jpg

b0163474_2056121.jpg


植物園の一角にあるバラ園は、ちょうど花盛り。
b0163474_21125612.jpg

b0163474_20572775.jpg

b0163474_2102143.jpg

b0163474_21132839.jpg

こんなにたくさんの種類のバラを一度に見たのは初めて。イタリアルネッサンスの絵画に描かれた花のような、ニュアンスのある色あいが素敵です。
b0163474_218444.jpg
バラの品種や名前には全然詳しくないので、これからちょっと覚えてみたいなあと思いました。
[PR]
by AngeBleu | 2010-07-23 21:15 | パリ

エッフェル塔のレストラン「ル・ジュール・ヴェルヌ」

b0163474_22154774.jpg
ノルマンディーへの短い旅のあと、パリに数泊しました。のどかな田舎の風景に慣れた目には、パリの雑踏がどうも汚く見えて困る……。が、エッフェル塔界隈では、車やゴミ、それから、早足で歩く不機嫌そうなパリジャンは目にしなくてすみます。

ここにやって来たのは、エッフェル塔のレストラン「ル・ジュール・ヴェルヌLe Jules Verne」でランチするため。パリで一度くらいは高級レストランに行ってみたいと予約しました(ユーロもだいぶ安くなっているので)。以前は平凡な展望レストランだったのが、数年前にアラン・デュカスの経営になって、料理も内装も一新。現在はミシュランの1つ星を持っています。
b0163474_22162858.jpg
エッフェル塔に上るエレベーター乗り場にはいつも長蛇の列ができています。最近行った知人の話では、1時間待ちだったとか。でもレストランの予約があれば、待つことなく専用のエレベーターでレストランのある第2展望台まで行くことができます。これは大きな特権。
b0163474_22261482.jpg
いちばん奥の窓際に近い席に案内していただきました。エッフェル塔の鉄骨が目の前に見えて、その向こうにパリの大パノラマが広がります。ピーチのシャンパンで乾杯して、しばし地上125メートルからの眺めを堪能。高級レストランとはいえ、やっぱり大半は観光客(おのぼりさん)なので、気楽な雰囲気。席を立って窓際まで写真を撮りに行く人なんかもいたりします。

ランチのムニュ(85ユーロ)から私たちが選んだのは次の料理。

(私)甲殻類のヴルーテ◆シャラン産鴨肉のロースト◆ビターチョコレートのタルトレット
(叔母)白アスパラ、柑橘類のムース添え◆ブレス鶏のフリカッセ◆イチゴとルバーブのピスタチオクリーム添え
b0163474_2218314.jpg
アミューズは、フォワグラのムース。もう1個ちょうだい!といいたくなるほど、おいしかった~~。
b0163474_22182793.jpg
甲殻類のヴルーテ。甲殻類の味が凝縮されていて非常においしいスープでした。ヴルーテ(ビロード)の名のとおり、まろやかな口当たりも好み~。
b0163474_22185214.jpg
シャラン産の鴨。ソラマメ、エンドウマメなど、季節の野菜がたっぷりなのがうれしい。最後まで無理なくおいしく食べられました。
b0163474_2219237.jpg
デザートのチョコレートもしっかり完食。奥のプティフールもかわいくておいしかった。帰るときに、クローク係のお姉さんから「プティカドー(おみやげ)」と、自家製マドレーヌ(ひとり3個ずつ)までいただけて幸せ♪

食事後もまだまだ楽しみが続くのがこのレストランのいいところ。専用の出口からエッフェル塔の2階展望台に出られるのです。午前中はやや曇っていた空もすっかり晴れて、パリのすべての名所(もちろんエッフェル塔以外)が一望のもとに。
b0163474_22195732.jpg
トロカデロ方面の眺め。背後には、新市街ラ・デファンスの高層ビル群。
b0163474_22201722.jpg
モンマルトルの丘の上に、白いサクレ・クール聖堂が見えます。
b0163474_22211593.jpg
メトロがビラケム橋を渡っていくのが見えました。
b0163474_22214850.jpg
シャン・ド・マルス公園の向こうに、パリ市内唯一の高層ビル、モンパルナスタワー。

1つ星としてはちょっと高めかもしれませんが、私たちのような観光客が肩肘はらず楽しめるという意味では、エンターテインメント性の高い、いいレストランだと思います。機会があれば、次はディナーでパリの夜景を楽しみたいなあ~(予算は昼の3倍くらいですが……)

予約はレストランのHPのフォームで受け付けています。時差を気にせず確実に予約ができるので、外国人には特にうれしいシステムです。
[PR]
by AngeBleu | 2010-07-02 22:40 | パリ

パリ・リヨン駅の「Big Ben Bar」 sanpo

仕事先にリヨン駅から列車で向かうことになり、ちょうどいいチャンスとばかり、前から行きたかったリヨン駅構内のバーで朝食を取ることにしました。

映画『ニキータ』の撮影にも使われた有名なレストラン「ル・トラン・ブルーLe Train Bleu」。1900年創業、金箔の壁とフレスコ画に囲まれ、シャンデリアが光り輝く、たいそう豪華なレストランですが、お値段のほうも非常に豪華。列車を待つ間の45分間で供されるスピード・メニュー「Menu TGV」が、52ユーロですからね。歴史的建築物の鑑賞代も含まれているのでしょう。

最近友人に教えてもらって、このレストランに併設するバーなら、もっとお手軽な料金で利用できることを知りました。しかも食事時間内だけでなく、朝食や午後のお茶だけでもOKというのです。
b0163474_13242770.jpg
入口は「ル・トラン・ブルー」と同じ。入って右側がレストランで、左に行くと「ビッグ・ベン・バー」です。
b0163474_132621100.jpg
このとおり、天井が高く、古きよき時代の重厚な雰囲気たっぷり。8時前に行ったら、まだひとりもお客が入っていませんでした。外の喧噪が嘘のように静かで落ち着いた時間が流れています。
b0163474_13252284.jpg
カフェオレとタルティーヌ(バターを塗ったパン)で、11ユーロでした。ちなみに、ちゃんとした朝食セット(クロワッサン+タルティーヌ+カフェオレ+オレンジジュース)は16ユーロ。ティータイムセット(ケーキ+飲み物)は15ユーロ。食事のメニューは、クラブサンドイッチ18ユーロから。雰囲気を考えれば、決して高くないと思います。
b0163474_13272283.jpg
帰りにちらりとレストランのほうを見学。すみずみまで凝った装飾が施され、見応えあります。
b0163474_1327935.jpg
リヨン駅は、プロヴァンスやコート・ダジュールなど南仏に向かうTGVが出る駅です。過去、何度もここから南仏行きの列車に乗ったことがあるので、この駅に立つだけで、今から南仏に行くような錯覚に陥ります。今度この駅から南仏へ行くことがあれば、「ビッグ・ベン・バー」で軽く食事をしてから旅立つのもいいなと思いました。
[PR]
by AngeBleu | 2009-04-12 23:22 | パリ

夜のルーヴル美術館 sanpo

ルーヴル美術館の開館時間は9時から18時ですが、水曜と金曜は閉館時刻が22時まで延長されます。昼間は観光客であふれかえるルーヴルも、夜ならすいていてゆっくり見られるという噂。しかも、18時以降なら、入場料が通常9ユーロのところ6ユーロで入れるのです。ちょうど金曜の夜、時間ができたので行ってみることにしました。
b0163474_19583136.jpg
18時まで少し時間があったので、ルーヴル宮の一角にある「カフェ・マルリー」でアペリティフタイム。このカフェはちょっと高めだけど、内装がゴージャスなうえ、ルーヴルの中庭が一望できるテラス席もあり、とても雰囲気がいいのです。夕暮れの心地よい空気の中、ガラスのピラミッドを眺めながら、のんびりワインを飲むなんて最高の気分。

もう1杯飲みたいところだったけれど、18時を少し回ったので、そろそろ美術館に入ります。
ルーヴルの中に足を踏み入れるのは、何年ぶりでしょう。ここ10年は行った記憶がありません。もしかしたら15年ぶりくらいなのかも。久しぶりに再開できる絵の数々を想像して、胸の鼓動が高まります。まずは、3階、フランス絵画の部門に直行しました。目指すは、15世紀プロヴァンス派(『ヴィルヌーヴ・レザヴィニョンのピエタ』など)と、16世紀フォンテーヌブロー派(『狩りをするディアナ』『ガブリエル・デストレ姉妹』などなど)。作者不詳のこれらの絵画が、いつまでも変わらず輝きを放ち、生き続けているのは本当にすごいことですね。絵の前で立ち止まる人もほとんどいないので、ひとりでゆっくり堪能できました。
b0163474_1959694.jpg
フランス中世絵画の傑作『ヴィルヌーヴ・レザヴィニョンのピエタ』

次は、2階のイタリア絵画部門に向かいます。3階はガラガラだったのに、2階に降りると人がうじゃうじゃいて、なんだか嫌な予感。レオナルドやラファエロのあるグランド・ギャルリーは、もうバーゲン初日のデパートのようです。夜ならすいているなんて考え、甘かった……。金曜日の夜は、26歳未満なら無料になるので、がきんちょがいっぱい!! 中高生の団体が走り回り、あちこちで奇声発しているし。大人もフラッシュ写真撮りまくりだし。美術館の係員も注意することをあきらめているようで、無法状態です。
b0163474_19592964.jpg

どこぞの大スターが来たのか?と思うような光景ですが、囲まれて写真を撮られまくっているのは、あの『モナ・リザ』。絵を観ることより、写真を撮るのが目的になっているみたいです。落ち着いて美術鑑賞をする環境ではなくなっているのがとても残念です。カメラ持ち込み禁止か、ドレスデンの美術館のように写真撮影は有料にするとかできないものでしょうか。

人混みから逃げるように、ふたたび3階に戻りました。3階はやっぱり静かでいいです。どこからか聞こえてくる雅な調べに導かれていくと、「ルーベンスの間」で古楽のミニコンサートが開かれていました。若い音楽家に発表の場を提供するという試みだとのこと。絵画に囲まれて美しい音楽を聴いていると、2階の喧噪で少し苛立った心が癒されていくようでした。
b0163474_201925.jpg

時計を見るとそろそろ21時。窓から中庭を見下ろすと、ガラスのピラミッドがちょうどライトアップされ始めたところでした。
b0163474_2012157.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2009-04-10 20:05 | パリ

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧