Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

知られざるフランスの美術館(2)プティ・パレ美術館(アヴィニョン)

中世の頃、ローマ教皇庁がローマではなく、フランスの一地方に置かれていたことがあります。1309年から1377年の「教皇のバビロン捕囚」と呼ばれる時期です。フランス人のクレメンス5世がフランス王の強い後押しを受けて教皇に即位したあと、そのままフランスにとどまり、アヴィニョンに教皇庁を作ってしまったのでした。南仏の小さな田舎町にすぎなかったアヴィニョンは、そのときから一躍、ヨーロッパの宗教、文化、芸術の中心地となったのです。

ドーデの短編小説集『風車小屋だより』の中の一篇『法王のらば』には、当時のアヴィニョンの賑わいがこんなふうに描かれています。
「法王在せしころのアヴィニョンを見ぬ者は、何も見ないと同じこと。陽気で、元気で、にぎやかで、祭りの活気のあること、これに並ぶ町はない。朝から晩まで、行列だ、巡礼だ、花で埋まり立機織を敷き詰めた往来だ。・・・(中略)・・・このころは、町の通りが狭すぎて円陣踊(ファランドール)ができず、笛とタンバリンとがアヴィニョンの橋の上、ローヌ河の涼風の中に陣取ったので、昼となく夜となく、そこで踊るわ、踊るわ・・・ああ、楽しき時代! 楽しき町!」(桜田佐訳 岩波文庫)
b0163474_18241882.jpg
教皇庁が去ってから何百年も経ちました。しかし今でもアヴィニョンの町には、ここに描写されたような陽気さ、華やぎがただよっているような気がします。写真は、要塞のようないかめしい外観の教皇庁宮殿跡。残念ながらフランス革命時に徹底的に荒らされたので、内部にはほとんど何も残っていません。かろうじてところどころに残るマッテオ・ジョヴァネッティらシエナ派の画家によるフレスコ画が、当時の教皇の生活の華やかさを偲ばせてくれます。

この町にも、小さいながら見逃せない美術館があります。
b0163474_18244371.jpg
写真は、教皇庁の屋上テラスからの眺めですが、左下に見える建物がプティ・パレ美術館
ここには、教皇庁の装飾のためにイタリアから招かれたシエナ派の画家たち、彼らの影響で生まれたアヴィニョン派の画家たちの絵が集められています。14〜15世紀のアヴィニョンとイタリアとの芸術交流がうかがえ、美術史好きにはとても興味つきない美術館です。これだけまとまった数の初期イタリア・ルネサンス絵画が見られる美術館は、フランスには他にないでしょう。どういう経緯でこの美術館に来たのかはわかりませんが、ボッティチェリの『聖母子』もあります。1464年から1470年頃の作品とされているので、20代前半のキャリア初期の作品ということになります。師匠であるフィリッポ・リッピの優美な聖母子像の影響が感じられますが、どこか憂いをおびた聖母の表情はのちのボッティチェリを予感させるものです。
b0163474_18174710.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2009-05-28 18:26 | 南仏プロヴァンス

知られざるフランスの美術館(1)コンデ美術館(シャンティイ)

イタリア・ルネサンスの絵画を見るなら、もちろんイタリアに行くのが一番ですが、なかには、フランスでしか見られないイタリア絵画もあります。
たとえば、ルーヴル美術館にあるレオナルドの『モナ・リザ』は、過去に2回(アメリカと日本)貸し出されたことがありますが、今後は二度と外国に出ることはないだろうといわれています。
b0163474_17505721.jpg

パリ近郊のシャンティイ城にある「コンデ美術館Musee Conde 」も、所蔵作品の貸し出しを一切行っていません。ここは、19世紀の貴族オーマル公の城とその中のコレクションがまるごとフランス学士院に寄贈されてできた美術館ですが、オーマル公は寄贈にあたって「展示方法を決して変えないこと」「決して他所に貸し出さないこと」という条件を出したのです。
b0163474_1754815.jpg

そういうわけで、この美術館に入るとまず、その古めかしいスタイルの展示方法に驚かされます。普通の美術館のように、年代順、作者別に飾るのではなく、オーマル公の美的趣味のまま、壁一面にびっしりと大小の絵が飾られているのです。19世紀の絵画の飾り方がわかる生き証人として、とても興味深いです。

さらに驚くべきなのは、展示されている作品。この作品がこんなところに?というような名作がいっぱいあるのです。なかでも美術館の至宝といえるのが、ピエロ・ディ・コジモの『シモネッタ・ヴェスプッチの肖像』。
b0163474_17522158.jpg

シモネッタ・ヴェスプッチは、ロレンツォ豪華王の弟ジュリアーノ・メディチの恋人で、フィレンツェで一番とうたわれた美女。1476年にわずか23歳の若さで亡くなってしまったこともあり、後の世までも詩人や画家の想像力をかきたてました。ピエロ・ディ・コジモは1462年生まれなので、彼が実際のシモネッタを知っていたとは思えません。これは、想像の中の理想の美女なのでしょう。首に巻かれた蛇や、空に広がる暗雲など、不吉なものが描かれているにもかかわらず、シモネッタの顔はどこまでも晴れやかです。姿かたちの完璧な美しさはもちろんですが、その表情の不思議な明るさに心ひかれます。彼女は何を見つめているのでしょうか。『モナ・リザ』もそうですが、なぜかは説明できないけれど、時代を超えて人の心をひきつける魅力をもつ絵があります。この作品もそのひとつだと思います。

また、コンデ美術館には、ラファエロの絵が3点あります(『三美神』『ロレッタの聖母』『オルレアンの聖母』)。ラファエロを3点も所蔵するフランスの美術館は、ルーヴル以外ではもちろんコンデ美術館だけ。はじめて『三美神』を見たときには、その小ささに驚きました。まさに17センチ四方の中の小宇宙です。
b0163474_1753103.jpg

シャンティイ城/コンデ美術館への行き方
パリ北駅から列車で約30分のChantilly-Gouvieux下車。駅からシャンティイ城へは森を突っ切る小道を歩いて徒歩30分。お城の前で停まるバスも出ているそうですが、私は乗ったことがありません。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-22 18:08 | フランスところどころ

南仏の音楽祭(5)マントン音楽祭 2009年

先週から自分のメモ代わりに書いている南仏の音楽祭スケジュール。計画だけならいくらでも羽を伸ばせるので、プロヴァンス地方だけでなく、コート・ダジュールの音楽祭にも触れておきます。
b0163474_1829950.jpg

本当は、バカンスシーズンのコート・ダジュールなんて行くもんじゃないと思ってはいるのですが……(日本のゴールデンウイークの高速道路を想像してみてください。フランスに行ってまであんな光景見たくないですよねえ)ここマントンは、イタリアとの国境の町で、コート・ダジュールでも一番奥まったところにあるので、ニースやカンヌなどに比べるとちょっと落ち着いた感じです(あくまでもちょっとだけ)。ここで開かれる夏の音楽祭はすばらしいと噂には聞いていましたが、今回この記事をかくためにウエブサイトを見たら、なるほどすばらしい!
b0163474_1830719.jpg

2009年は第60回なので、かなり歴史の古い音楽祭ということになります。今年は7月31日〜8月16日の開催。メインの会場は、旧市街の丘にあるサン・ミシェル教会前広場です。マントンの旧市街はコート・ダジュールで一番好きな場所のひとつ。イタリア風の街並みの向こうに青い青い地中海が見えて、何度訪れても夢の中にいるような気持ちにさせられます。この場所が演奏会場っていうだけでもうっとりとなるのですが、出演者も豪華。今年のスケジュールをざっと見たところ、イーヴォ・ポゴレリッチ、ヴァディム・レーピン、クリストフ・ルセ、バーバラ・ヘンドリックス、ファジル・サイとパトリツィア・コパチンスカヤのデュオ……などなど。日本人の若手ピアニスト、田村響さんのリサイタルもあります。詳しいプログラムはこちら
b0163474_1832543.jpg

ウエブサイト内で過去のコンサートの写真を見ていたら……、うん? これは、どこかで見たシルエット。
b0163474_18303672.jpg
やっぱりラン・ラン君でした。

ⓒOffice de Tourisme de Menton
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-15 18:37 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(4)ラ・ロック・ダンテロン・ピアノフェスティバル 2009年

b0163474_2015514.jpg

ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノフェスティバルも、ずっと行きたいと思いながら、まだ行ったことのない音楽祭です。以前、NHK-BSでも音楽祭のドキュメンタリーを放送していました(たしかDVDにもなっているはず)。世界的な演奏家が集まるのもすごいですが、とにかく演奏会場の雰囲気がすばらしいです。数百本のプラタナスに囲まれた公園や、12世紀のシトー派修道院であるシルヴァカーヌ修道院など。セミの鳴き声が止まなかったり(南仏はセミが多い)、突風が吹いたり、決して理想的な演奏環境ではないのかもしれませんが、南仏の美しい風景と開放的な雰囲気がすべての悪条件を帳消しにしてくれるようです。ボリス・ベレゾフスキーなんか、日本の演奏会で見せる数倍の集中力で大熱演をしていました。

第29回目となる2009年は、7月24日〜8月22日に開催されます。プログラムはこちら。今年も、ボリス・ベレゾフスキー、ピエール・ローラン・エマール、ニコライ・ルガンスキー、ジャン・フレデリック・ヌーブルジェ、アンヌ・ケフェレック、チェンバロのピエール・アンタイなどなど、世界的な演奏家が集まり、80以上のコンサートが開かれます。ピアノ独奏曲だけでなく、協奏曲や室内楽も多く、バラエティーに富んだ演奏が楽しめそうです。

ラ・ロック・ダンテロンへは、音楽祭をやっていない時期に一度行ったことがあるのですが、町外れにあるシルヴァカーヌ修道院が唯一の観光名所で、他にはほんとになーんにもない田舎町です。昼間はプラタナスの木陰でロゼワインなど片手に読書、夕暮れになると演奏会場へ向かう……。1週間くらいこんな生活してみたいなあ……。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-14 20:17 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(3)サロン・ド・プロヴァンス国際室内楽フェスティバル 2009年

b0163474_182114.jpg

サロン・ド・プロヴァンスの国際室内楽フェスティバル「ミュージック・ア・ランペリMusique a L'Emperi」は、南仏の夏の音楽祭の中では知名度は低いほうかもしれませんが、もし今年の夏に南仏に行けるならぜひ行きたいと思っている音楽祭です。

サロン・ド・プロヴァンスは、あのノストラダムスが晩年を過ごしたことで有名な町。町の中心にアンペリ城という中世の城があり、そこが音楽祭の舞台になっています。
音楽祭の設立者は、ピアニストのエリック・ル・サージュ、クラリネットのポール・メイエ、フルートのエマニュエル・パユというクラシック界の貴公子3人組(笑・よくCD会社なんかの宣伝文句に書いてありますが、自分で書くと恥ずかしいですね)。彼らが声をかけるのだから、どれほどレベルの高い演奏者が集まるかが想像できます。

第17回目となる2009年は、7月27日〜8月6日の開催です。今年のテーマは「ロシアの音楽」。ボロディン、ショスタコーヴィチ、チャイコフスキー、ストラヴィンスキー、リムスキー・コルサコフ、プロコフィエフなどなど、興味深い演目がずらり。詳しくはウエブサイトのプログラムをご覧ください。
ル・サージュ、メイエ、パユは、ほぼ毎晩出演します。日本公演でもおなじみの彼らですが、南仏の開放的な雰囲気の中で聴くとまた違った味わいがありそうです。写真からも、音楽祭のリラックスした親密な空気が伝わってきます。
b0163474_18211936.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2009-05-13 18:23 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(2)エクス・アン・プロヴァンス音楽祭 2009年

b0163474_208378.jpg

南仏の音楽祭で、オランジュと並んで国際的に有名なのが、エクス・アン・プロヴァンス音楽祭
10数年前までは、フランスのローカルな音楽祭という雰囲気だったような記憶がありますが、ここ数年は、世界的に話題になるような作品が毎年上演されています。4年前からは、ザルツブルグ・イースター音楽祭との共同制作で、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルによるワーグナーの「リング」を連続上演していて、今年の第3夜「神々の黄昏」がその締めくくりとなります。チケットは350ユーロもするのに早々と完売したようです。しかし来日オペラ並のチケット料金(現在のレートだと45000円くらい)には驚いてしまいますね。

2009年の主要公演は次のとおりです。

オペラ

7月3日(金)、6日(月)、9日(木)、12日(日)
ワーグナー「神々の黄昏」
指揮:サイモン・ラトル
演出:シュテファン・ブラウンシュヴァイク

7月4日(土)、7日(火)、10日(金)、13日(月)、15日(水)、17日(金)
モーツァルト「イドメネオ」
指揮:マルク・ミンコフスキ
演出:オリヴィエ・ピ

7月5日(日)、8日(水)、9日(木)、11日(土)、14日(火)、16日(木)、18日(土)、20日(月)
オッフェンバック「地獄のオルフェ」
指揮:アラン・アルティノグリュ
演出:Yves Beaunesne(この演出家は知りませんでした。詳しい方教えてください!)

7月25日(土)、26日(日)、28日(火)、29日(水)、30日(木)、31日(金)
モーツァルト「魔笛」
指揮:ルネ・ヤーコプス
演出:ウィリアム・ケントリッジ

コンサート

7月5日(日)
ピエール・ブーレーズ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
バルトーク「弦楽、打楽器とチェレスタのための音楽」
ラヴェル「左手のためのピアノ協奏曲」
ブーレーズ「ノタシオン」
ピアノ:ピエール・ローラン・エマール

7月6日(月)
マグダレーナ・コジェナー(メゾ・ソプラノ)&PRIVATE MUSICKE
17世紀のイタリア歌曲集

7月8日(水)
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ハイドン「交響曲第8番」ハイドン「ピアノ協奏曲ニ長調」
ラヴェル「ピアノ協奏曲ト長調」
ラヴェル「マ・メール・ロワ」
ピアノ:ラン・ラン

コンサートは無数にあるので、ほんの一部の抜粋です。
指揮者、オーケストラ、ソリスト、演出家・・・すべてすごい顔ぶれで、書き写すだけでめまいがしてきました。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-11 20:10 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(1)オランジュ音楽祭2009年

b0163474_13594086.jpg

ゴールデンウイークも終わり、そろそろ夏の旅行計画を立てている方も多いのではないでしょうか?

先日、南仏のオランジュでB&Bを営む知人から春のたよりをいただきました。彼女は20年近くパリに住んでいたのですが、どういう心境の変化か、去年突然南仏に移り住んだのです。南仏というと一年中あたたかいイメージがありますが、全然そんなことはありません。秋は雨が多く、冬は北風が強くてものすごく寒い。そのうえ田舎なので、オペラやお芝居といった夜の娯楽もなく、10月から2月までは、誰もが家の中に閉じこもっています。彼女も、初めて南仏で冬を過ごした半年間は、気が滅入ることが多かったようです。だからこそ、太陽の季節がやってきた今、どれほど毎日幸せに過ごしておられるかが想像できます。

オランジュのB&B「Villa de l'Arc」のホームページはこちら

「今年プロヴァンスにいらっしゃるなら、ご招待します」というありがたい言葉に、行きたい気持ちがむくむくと湧いてきました。今のところ予算的にも日程的にも絶対無理なんですが、もし何かの奇跡で行くことができるのなら、7月末から8月にかけての音楽祭シーズンに行きたいなあと思っています。

南仏の夏といえば、芸術フェスティバルの季節。パリの劇場がシーズンオフになる時期、アーティストと観客がいっせいに南仏に移動してくるのです。太陽の下でバカンスを楽しみながら芸術三昧、なんと贅沢なことでしょう。

南仏の音楽祭でなんといっても有名なのは、オランジュの野外音楽祭「コレジー・ドランジュChoregie d'Orange」です。

世界遺産にもなっている2000年前の古代劇場を舞台に、壮大なオペラが上演されます。ローマの遺跡に敬意を表してか、毎年1つはヴェルディの作品が上演されるようです。私は2回行ったことがあるのですが、2回とも「アイーダ」でした。この音楽祭は、演出が話題になることは少ないような気がしますが(なにしろ2000年の歴史を持つ古代遺跡が舞台なので、演出に凝る必要もないというか)、指揮者、出演者は毎年とても豪華です。

2009年のプログラムは次のとおり。オペラ歌手にはあまり詳しくないので、オペラキャストは省略。たぶん豪華キャストなんだろう・・・と思います(^_^;)

7月11日(土)、7月15日(水)
ヴェルディ「ラ・トラヴィアータ」
指揮:チョン・ミョン・フン

7月18日(土)
チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」
ベルリオーズ「幻想交響曲」
指揮:チョン・ミョン・フン
ヴァイオリン:ルノー・カピュソン

8月1日(土)、8月4日(火)
マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」/レオンカヴァッロ「道化師」
指揮:ジョルジュ・プレートル

8月3日(月)
ムソルグスキー「ソロンチンスクの定期市」序曲/「展覧会の絵」
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲2番」
チャイコフスキー「スラブ行進曲」
指揮:エイヴィン・グルベルグ・イェンセン
ピアノ:エレーヌ・グリモー
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-09 14:02 | 南仏プロヴァンス

映画『ベルサイユの子』

この映画を観に行ったのは、ひとえに、ギヨーム・ドパルデューを見たかったから。

彼を初めて知ったのは、昨年日本で公開された『ランジェ公爵夫人』。野蛮かつ繊細、単純にして複雑きわまる魂を持った男を見事に演じ、その存在感に圧倒された。お父さん(ジェラール・ドパルデュー)よりずっといい!! これからどんな俳優になっていくんだろう……と期待したのもつかの間、急逝のニュースが飛び込んで来てショックを受けた。バイク事故の後遺症で片足切断っていうだけでも、かなり壮絶なのに、この若さ(まだ37歳!)で病死してしまうなんて……。画面からただよってきたあの破滅的な匂いは、演技ではなく、彼の生き方そのものが醸し出すものだったのかもしれない。

映画の舞台となるのは、ヴェルサイユ宮殿の庭園の外れに広がる森。幼い息子エンゾを連れて放浪する未婚の母ニーナは、迷い込んだ森の中でホームレスのダミアンに出会い、一夜をともにする。翌朝ニーナは忽然と姿を消し、ダミアンはひとり残されたエンゾの面倒を見るはめに……。

「フランスの栄華の象徴のような宮殿のすぐそばに、ホームレスたちが暮らす場所がある」。その事実に光を当てたのはおもしろい。私はつい1か月前に、ヴェルサイユ宮殿の庭園を散歩してきたばかり。庭園は無料で入ることができるし、水や緑が美しくて、ただ歩いているだけでとても気持ちいい場所なのだ。エンゾとニーナが拾ったチキンを分け合って食べた場所(大運河のほとり)で、私もサンドイッチをかじった。周りにいるのは休日を楽しむ幸せそうな人ばかりのような気がしたが、もしかしたら暗い顔をしたホームレスもいたのかもしれない。でも私には見えなかった。人は自分に都合のいいものだけ選んで見ているものなのだ。

ドラマとしては、登場人物ひとりひとりが抱えるものが大きすぎて、描き切れていないような、焦点が絞り切れていないような……で、ちょっと物足りない気がする。しかし、ギヨームをはじめ、エンゾやニーナ、その他の役を演じた役者たちの存在のおかげで、心に残る作品となった。

ダミアンのように、既成の社会の枠組みの中ではどうしても生きていけない人間がいて、そこからはみ出すことはわがままで怠惰でもなく、ひとつの「勇気」とも考えられること。そのことは、ギヨームが演じることではじめて説得力を持ち得たのではないだろうか。月並みな言い方しかできないが、希有な役者を亡くしたものだと本当に残念で悲しく思う。
b0163474_2024063.jpg
写真は、今年4月初めに訪れたヴェルサイユの庭園。平和で美しい風景の裏に、厳しい現実が隠されている。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-07 20:17 | 映画

DHM50枚ボックスを聴く(2)

相変わらず聴き続けていますが、まだまだ終わりません。しかし、またすごい曲を発見してしまいました。

Disc27「Machaud/Messe a Notre-Dame マショー/ノートル・ダム・ミサ」

思わず「なんじゃこりゃー」って叫んでしまいました。
このボックスに入っているのは、どれも心にさわやかな風を運んでくれるような音楽ばかりなのですが、これは・・・・・・なんというか、心にどす黒い炎が吹き込まれたようです。不気味な音階、不気味な発声。どこぞの異教の神を称えるミサか?と思ってしまいます。
作曲者のギヨーム・ド・マショーは1300年生まれとあります。つまりバロックより、ルネサンスよりも古い、ゴシック期の音楽なんですね。この頃には、こんな音楽が普通だったのでしょうか。魔女狩りとか火あぶりの刑とか平気でやっていた頃ですから、今とは感覚がまったく違うのでしょう。

聴きながら、パリのノートルダム大聖堂を思い出していました。
b0163474_1829383.jpg

この聖堂が完成したのは、14世紀前半ですから、まさにマショーと同時代ということになります。
正面の入口、これは最後の審判を描いたものですが・・・・・・
b0163474_18293798.jpg

おもしろいのはやはり地獄に堕ちた人々の表現。
b0163474_18301247.jpg

ゴシックの聖堂に来ると、こういう彫刻にばかり目がいってしまいます。聖マリアやキリストよりも、こちらのほうが生き生きしていて、作った人の本性が表れているように思います。
マショーの「ノートルダム・ミサ」にも同じような猥雑さを感じます。キリスト教と、それ以前の土着の信仰が渾然一体となったような。

一瞬にして、700年の時をさかのぼらせてくれる、非常におもしろい音楽。これからも怖いもの見たさ(聴きたさ)で、頻繁に聴くことになるでしょう。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-01 19:06 | 音楽

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧