Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

ラ・レーヌ(高円寺)のシュークリーム

日曜日、お天気がよかったので散歩がてら高円寺まで歩き、前から気になっていた駅近くのお菓子屋さん「ラ・レーヌ」へ行きました。今風のきれいなケーキが並ぶ、高円寺にしてはおしゃれなお店です。
b0163474_1738404.jpg
買ったのは、看板商品のひとつ、シュークリーム。シュークリームって普段わざわざ買うことはないのだけど、高円寺に住む友人が「イチオシ」と言っていたので。

b0163474_1742276.jpg
粉砂糖がたっぷりかかった皮。クッキーのようにパリパリ、サクサクしておいしい! 

b0163474_17395049.jpg
そして、中にはバニラビーンズ入りの濃厚なクリームがたっぷり。こんなにおいしいシュークリーム、はじめて。やみつきになりそうです。これで210円、安いです。場所柄でしょうか、ほかのケーキも、銀座あたりのパティスリーに比べて2、3割くらいリーズナブルな感じがしました。

ラ・レーヌのHP
http://www.la-reine.co.jp/

実は、先日の健康診断で、悪玉コレステロール(LDL)の値が異常に高いとわかり、それ以来食生活の見直しをしています。「なのにシュークリーム? 全然こりてないじゃん!」と言われそうですが、そうじゃないんです。今までほとんど毎日、ディスカウント菓子屋(おかしの○○おか)で、スナック菓子やら板チョコやら買って、夜寝る前に食べる生活でした。そりゃあコレステロール値も上がりますよね(汗)。でも、やめなきゃと思ってもやめられない。お菓子だーい好きだし。じゃあどうするか?と考えたすえ、100円とか200円のお菓子を毎日買うのはもうやめる。その代わり、1週間に1度、高級なお菓子を食べてもいいことにしたのです。甘いものを完全に断つわけじゃないのでストレスはたまらないし、本当においしいお菓子を食べることで豊かな気持ちになれるし、しかもお金も節約できるから、すごくいい方法ではないかと思います。

来週はどこのお菓子食べようかな♪
[PR]
by AngeBleu | 2011-02-27 17:48 | お菓子

エクス・アン・プロヴァンス音楽祭2011年

2011年南仏の夏の音楽祭情報、第2弾は、エクス・アン・プロヴァンス音楽祭です。
b0163474_2131838.jpg
7月5日から25日まで、毎日数か所の会場で、さまざまな演奏会が行われますが、メインはやはりオペラ。今年の主要公演は次のとおり。

7月6、8、9、12、14、16、18、20、22、24日(ラルシュヴェシェ劇場)
ヴェルディ『椿姫』
指揮:ルイ・ラングレ
演奏:ロンドン交響楽団

7月7、10、13、15、19、21(ラルシュヴェシェ劇場)
モーツァルト『皇帝ティートの慈悲』
指揮:コリン・デイヴィス
演奏:ロンドン交響楽団

7月8、10、12、14日(プロヴァンス大劇場)
ショスタコーヴィチ『鼻』
指揮:大野和志
演奏:リヨン国立管弦楽団

7月9、10、12、13、16、17、19、20、22、23(グラン・サン・ジャン)
ヘンデル『エイシスとガラテア』
指揮:レオナルド・ガルシア=アラルコン
演奏:ヨーロッパ音楽アカデミー・バロック・オーケストラ(?)

『椿姫』では、日本でも人気のソプラノ、ナタリー・デセイがヴィオレッタを歌います(6、9、12、16、20、24日)。素敵でしょうね~。昨年に引き続き音楽祭に登場する大野和志『鼻』も楽しみな作品。演出は南アフリカのアーティスト、ウィリアム・ケントリッジですから、昨年同様、音楽と美術が一体となった斬新な舞台になることでしょう。そして、ヘンデルの『エイシスとガラテア』。無知な私は、この作品名を聴いたのもはじめてだし、指揮者もオケも歌手も全然知らない人ばかりですが、演出、美術、衣装、照明がなんと勅使川原三郎です(出演はしないみたい)。これも楽しみ! 「楽しみ」と言っても、私は今年の夏エクスに行く予定はないので、去年のようにネット放送(ARTELive web)で見られるといいなあという希望です。

なお、『椿姫』、『鼻』、『エイシスとガラテア』は、ネット上では現時点でほとんど完売状態です。まだ2月なのに早いですね。HPには「再発売されることもありますので、再度サイトをご覧ください」と書いてありますので、これからの方もあきらめずにこまめにHPを覗いてみましょう。

エクス・アン・プロヴァンス音楽祭の公式HP
http://www.festival-aix.com

関連情報
オランジュ音楽祭2011年
[PR]
by AngeBleu | 2011-02-19 21:40 | 音楽

オランジュ音楽祭2011年

まだ2月ですが、南仏の夏の音楽祭速報です。
まずは、2011年オランジュ音楽祭Les Choregiesのプログラム。

7月9日(土)21:45
7月12日(火)21:45

ヴェルディ『アイーダ』
指揮:トゥガン・ソヒエフ
演奏:トゥールーズ・キャピトル管弦楽団
出演:インドラ・トーマス(アイーダ)、エカテリーナ・グバノヴァ(アムネリス)、カルロ・ヴェントレ(ラダメス)

7月11日(月)21:45
ラフマニノフ『ピアノ協奏曲第3番』
チャイコフスキー『交響曲第5番』

指揮:トゥガン・ソヒエフ
演奏:トゥールーズ・キャピトル管弦楽団
ピアノ:デニス・マツエフ

7月16日(土)21:45
ベートーヴェン『交響曲第9番』
指揮:トゥガン・ソヒエフ
演奏:トゥールーズ・キャピトル管弦楽団
ソリスト:リカルダ・メルベート、ナタリー・シュトゥッツマン、エンドリック・ヴォトリッヒ、アルベルト・ドーメン

7月30日(土)21:30
8月2日(火)21:30

ヴェルディ『リゴレット』
指揮:ロベルト・リッツィ=ブリニョーリ
演奏:フランス国立管弦楽団
出演:パトリツィア・チョーフィ(ジルダ)、マリー=アンジュ・トドロヴィッチ(マッダレーナ)、レオ・ヌッチ(リゴレット)、ヴィットリオ・グリゴーロ(マントヴァ公爵)

若手指揮者No.1の呼び声が高いソヒエフが手兵のトゥールーズ・キャピトル管弦楽団を率いてオランジュ音楽祭に登場。ネット放送での中継があればいいな~。

詳しいプログラムと予約の詳細はオランジュ音楽祭公式サイトでどうぞ。
b0163474_215426.jpg
2006年の『アイーダ』公演。ここほどアイーダが似合う劇場はないでしょう。なにしろ背後の壁は、作り物ではなく、本物の古代遺跡なのですから。
[PR]
by AngeBleu | 2011-02-18 21:15 | 音楽

新宿のカフェ・ベルク

珍しく午前中に新宿に用事があり、その後ちょっと休みたくなったときに目に入ったのが、新宿駅東口からすぐのこのお店。
b0163474_22373943.jpg
b0163474_22465888.jpg
このインパクトのある外観。喫茶店なのか、飲み屋なのか? 通りかかるたびに気になっていましたが、いつも人であふれていて入る機会がなかったんですよね。でもさすがに平日のお昼前。空席もけっこうありそうだったので入ってみました。

b0163474_22464137.jpg
少し早めだけど、お昼にしよう。セットメニューがいろいろあって悩みましたが、「ジャーマンブランチ」に決定。仕事前ですが、このメニューでワインがないのは考えられないので、ワイン付き。豚レバーのパテがおいしい! 

b0163474_22393517.jpg
外観はいかにも昭和レトロな日本の安飲み屋?ですが、中に入ってみると意外と都会的な感じも。決して洗練されているわけでもおしゃれでもないんですが、パリの下町やベルリンなんかにもありそうな、ほどよい力の抜け具合が居心地のいい店です。ひとりでワインを立ち飲みなんてしたことないですが、ここでならできそうな雰囲気があります。

店内の貼り紙で知りましたが、このお店、なんとJRの駅ビルから立ち退きを求められているらしいです。あの殺伐とした新宿で、やっとくつろげる店を見つけたのに……。ショックです。当然長年の常連さんたちが黙って見ているはずもなく、存続を願う署名活動なども行われているようです。詳細はお店のHPやブログでどうぞ。私も次回訪問時に署名したいと思います。

ビアカフェベルクのHP
http://www.berg.jp/
ベルク店長のブログ
http://norakaba.exblog.jp/
[PR]
by AngeBleu | 2011-02-16 22:58 | おさんぽ日記

炎のチョコレート!!

バレンタインデーが近いこの時期、どこに行っても色とりどりにラッピングされたチョコレートが目に入ります。甘~い誘惑にあらがうことはできず、ついつい買ってしまったのがこれ。
b0163474_17401564.jpg
阿佐ヶ谷の商店街パールセンターにあるお菓子屋さん「ぶどうの木」の、バレンタイン限定チョコ。去年も見かけて気になっていたんですよね。「炎のチョコレート」というネーミングもすごいし。

口にいれた瞬間、「ふわっ」ととろけてしまう。
生チョコレートを炎でとろとろ焼き蒸して
極上の口溶けを宿したスペシャル・ショコラです。
そっとスプーンですくってどうぞ。


生チョコを炎でとろとろ焼き蒸して・・・って、なんかわからないけど、おいしそう!
b0163474_17412344.jpg
一見、チョコレートのカップケーキのよう。でも、舌触りはチョコレートムースに近いです。ムースよりはもうちょっとしっかりとした感触ですが、口に入れるとふんわり溶けて、濃厚な生チョコレートの味が広がります。これはおいしい! 

2個入525円と、お手頃価格なのもいいですね。バレンタインデーを過ぎても売っているのかな? また買いに行こうっと♪

ほかに1個入262円、4個入1050円もあります。

ぶどうの木2011年バレンタインサイトはこちら
[PR]
by AngeBleu | 2011-02-13 17:46 | お菓子

ニース「LAC」のチョコレート

b0163474_16504410.jpg
南仏ニースの友人から、素敵な贈り物が届きました。宝石箱のようなチョコレートの詰め合わせ。ニースの有名ショコラティエ「LAC」のチョコレートです。
b0163474_1655393.jpg
大好きなプラリネやヌガー、南仏のアーモンドペーストやゲランドの塩入りのものなどなど。一粒口に含むごとに、うっとり。なんとも幸せ~~な気持ちになります。

「LAC」は、ニースで一番おいしい!と評判のパティスリー・ショコラティエ。こちらは一昨年の冬に行ったときの写真です。
b0163474_16512868.jpg
b0163474_16561546.jpg
b0163474_170010.jpg
チョコレートだけでなく、ケーキもおいしそうなのがいっぱい。旅行中だったので買えなかったのが本当に残念でした。マカロンもとてもおいしいとのことです。

もうひとつこのお店のいいところは、店員さんが皆とてもフレンドリーで感じがいいこと。「どんな味が好き? 相談に乗るから何でも聞いてね!」と元気よく言ってくれます。ついでに、20歳くらいのカワイイ店員さんは「日本のマンガ大好き。いつか日本で働きたいの!」なんて言ってました。

Patisserie et Chocolatier LAC
18 rue Barla 06300 Nice
http://www.patisseries-lac.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-02-11 17:03 | 南仏プロヴァンス

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧