Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カフェラカム(阿佐ヶ谷)のケーキ

JR阿佐ヶ谷駅の駅ビルダイヤ街。食品スーパーやお総菜店、ファンシー雑貨、手芸用品、ミセス向き洋品の店などが並び、昭和の香りが濃厚に漂う場所です。そんなダイヤ街の一角に、意外におしゃれなお菓子屋さんがありました。「カフェラカム(Cafe La KaM)」といいます。

ショーケースの中のケーキの種類はそれほど多くなかったけれど、どれも今風のこぶりできれいなケーキばかり。迷った末に、「カフェラカムのプリン」(260円)と、季節限定の「フレジエ」(390円)を選びました。

b0163474_23371691.jpg
「カフェラカムのプリン」
とろりとやわらかな食感がたまりません。シンプルな味なので、いくつでも食べられそう。

b0163474_23324869.jpg
「フレジエ」
カスタードクリームとバタークリームの中にイチゴがたっぷり。なめらかなクリームの食感とイチゴのさわやかさな酸味がマッチして美味でした。

ほかのケーキもとてもおいしそうでした。お値段も阿佐ヶ谷価格でお手頃なのがうれしいです。家から近いので毎日でも買いに行きたいくらい♪
[PR]
by AngeBleu | 2011-04-30 23:38 | お菓子

ヴィジェ・ルブラン展@三菱一号館美術館

三菱一号館美術館で開催中の「ヴィジェ・ルブラン展」を観に行きました。

エリザベート・ヴィジェ・ルブラン? 誰? 聞いたことないわ~っていう人も、その作品はどこかで目にしたことがあるはず。
b0163474_20123450.jpg
そう、彼女はこの有名なマリー・アントワネットの画家です。マリー・アントワネットは誰よりも自分を美しく描いてくれるヴィジェ・ルブランを寵愛し、生涯に20点以上もの肖像画を描かせたのでした。彼女が描くマリー・アントワネットは、美しいだけでなく、繊細で夢見がちな女性らしい感受性があふれています。たしかに美術史上に残る偉大な作品ではないかもしれません(モデルがマリー・アントワネットでなければ、ヴィジェ・ルブランの名が後世に残ることはなかったかも)。でも、彼女の絵を見るのはひたすら心地いいのです。ショーウインドーの中のドレスや、甘いケーキを眺めるときのように……。

今回の展覧会では、マリー・アントワネットの肖像画は1点だけでしたが、そのほかのヴェルサイユ宮廷の女性たちや自画像など、見ごたえある作品が集められていました。本国フランスでも開かれたことのない本格的な回顧展だそうです。
(※上の画像『薔薇を持つマリー・アントワネット』は展示されていません。)

b0163474_20133071.jpg
代表作のひとつ、『ポリニャック公爵夫人』。この顔、すごく好みです。憂いを含んだまなざし、今にも何か言葉が出てきそうな少し開いた唇……。ポリニャック公爵夫人は、貧乏貴族でありながら、その美貌と社交性でマリー・アントワネットのお気に入りとなった女性。王妃のプライベートな離宮プチトリアノンに出入りすることを許された数少ない女友達のひとりです(プチトリアノンについてはここを見てね)。こんなはかなげな風情とはうらはらに、この人、かなりのワルだったらしい。王妃の遊び仲間として浪費の限りを尽くし(なんと年間50億円もの下賜金を与えられていたとか)、夫や親族の生活まで王妃に丸抱えにさせるなど、やりたい放題。それほど寵愛を受けていながら、革命が起きるといち早くマリー・アントワネットを見捨てて、国外に亡命してしまいます。本当にひどい女なんですが、でも、この顔はやっぱりかわいいんですよねえ……。

美人ばかりを描いたヴィジェ・ルブランですが、その中でも最も美しいモデル……、それはヴィジェ・ルブラン自身でした。
b0163474_2018962.jpg
いたずらっぽい瞳、唇からこぼれる真珠のような歯。絵を描きながらこんなにコケティッシュにほほえむ画家がいるでしょうか(笑)彼女が肖像画家として成功したのは、なによりもその美貌のおかげだったのでしょう。そして彼女の筆は、自分自身を描くときに最も生き生きとしています。

ヴィジェ・ルブラン展は、東京丸の内の三菱一号館美術館で5月8日(日)まで開催中。ヴィジェ・ルブランのライバル的存在で、彼女と同じくアカデミー会員となった女性画家、ラビーユ・ギアールの作品もまとめて見られます。美術館HPはこちら

b0163474_20201222.jpg
2010年に開館したこの美術館、明治時代の洋風建築を当時の姿のままに復元した館の中にあり、雰囲気がとてもいいです。
b0163474_20251325.jpg
明治時代は銀行窓口だった空間を利用したというカフェ。ランチプレートは、ていねいに作られた4種類の料理にデザートまで付いていて1500円。満足しました。美術館のチケットを見せれば食後の飲み物が無料になります。
b0163474_20243678.jpg
雨に濡れた新緑の中庭。ヨーロッパのどこかの町に迷い込んだようです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-04-24 20:31 | 美術・アート

新宿御苑~桜から新緑へ(2011年4月15日)

ゴールデンウイーク恒例のイベント、ラ・フォル・ジュルネが開催中止になったというニュースが届きました。福島原発の「レベル7」を受けて、来日アーティストのキャンセルが相次いだそうです。予想していたこととはいえ、悲しい……。まったく形を変えて続行ということですが、果たしてどうなるか……。

そんなこともあって、どんよりとした気分で迎えた週末ですが、私の気分とは正反対に、空は青く、風はさわやか。近所の八重桜は満開で、そのやさしい色に思わず顔がほころんでしまいます。

“ひとりピクニック”にでかけた新宿御苑。ソメイヨシノに代わって、さまざまな品種の八重桜が咲きはじめ、春の喜びを歌っていました。
b0163474_2149226.jpg

b0163474_21494960.jpg
b0163474_21485188.jpg

b0163474_2150383.jpg
b0163474_2157517.jpg

b0163474_21513632.jpg
お昼ごろになると、春というより、初夏の陽気に。まだ葉っぱのないプラタナスの下のベンチに座っていると、日差しで肌が痛くなるほどでした。

花、緑、まぶしい光……。ただそこにあるだけで人をなぐさめるものの存在に感謝…・・です。
[PR]
by AngeBleu | 2011-04-16 21:58 | おさんぽ日記

善福寺川~善福寺公園の桜(2011年4月9日)

今朝は窓から入るまぶしい日差しで目が覚めました。
b0163474_21574281.jpg
善福寺川緑地の桜は満開! 夢か幻かと思うような美しさです。
b0163474_21323087.jpg
b0163474_2132479.jpg
来週はこの水の上を無数の花びらが流れていくのでしょう。

b0163474_2133592.jpg
善福寺川近くの阿佐ヶ谷住宅の庭。こちらの団地は去年の夏から再開発が始まると聞いていましたが、まだ全然進んでいない様子。できることならいつまでも残っていてほしい風景です。

少し足をのばして、善福寺川上流の善福寺公園まで行ってみました。
b0163474_21393767.jpg
b0163474_21355212.jpg
桜の季節にここに来るのは初めて。水辺に咲く桜はなんとも風情があります。
b0163474_21503953.jpg
b0163474_21341684.jpg
b0163474_21395691.jpg
いつもは静かな公園ですが、さすがに花見日和の日曜日とあって、たくさんのお花見客で賑わっていました。今年の桜は、誰もが特別な思いで眺めているのではないでしょうか。
[PR]
by AngeBleu | 2011-04-10 21:58 | おさんぽ日記

ヨーロッパで開かれた東日本大震災のためのコンサート

今夜(4月8日)のNHK-FMベストオブクラシックで、東日本大震災後にベルリンとパリで開かれたふたつのチャリティーコンサートが放送されます。昨夜もM7の地震があり、東北地方は今も停電が続いているとのことで、実際の被災者の方の耳にはなかなか届かないかもしれません……。今困難な状況にいるすべての人々が、音楽によって慰められる日が来ますように。

-ヨーロッパで開かれた東日本大震災のためのコンサート-

▽ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとそのほかによる
東日本大震災チャリティーコンサート

「無伴奏バイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調
BWV1004から シャコンヌ」バッハ作曲
(バイオリン)コリヤ・ブラッハー

「なき王女のためのパヴァーヌ」ラヴェル作曲
(オーボエ)アルブレヒト・マイア
(ピアノ)ラファエル・アルパーマン

「ああ主よ、あなたの愛する天使たちに命じて」トゥンダー作曲
(ソプラノ)ドロテー・ミールズ
(演奏)コンチェルト・メランテ

「聖歌四編から アヴェ・マリア」ヴェルディ作曲
(演奏)ベルリン・フィル12人のチェリストたちと有志

~ドイツ・ベルリンカイザー・ウィルヘルム記念教会で収録~
<2011/3/19>
(ドイチュラント・ラジオ・クルトゥーア提供)
    
                              
▽佐渡裕、ジャン・イヴ・ディボーデ、フランス国立管弦楽団による
東日本大震災の犠牲者に捧げるコンサート

「組曲 第3番 ニ長調 BWV1068から アリア」バッハ作曲

「歌劇“グヴァンドリーヌ”序曲」シャブリエ作曲        

「ピアノ協奏曲 第5番 ヘ長調 作品103」サン・サーンス作曲
(ピアノ)ジャン・イヴ・ティボーデ
(管弦楽)フランス国立管弦楽団
(指揮)佐渡裕
 
~フランス・パリ シャンゼリゼ劇場で収録~
<2011/3/24>
(ラジオ・フランス提供)
           
                              
震災以来、海外から次々と日本への応援メッセージが届いています。あたたかい言葉、祈りの声、歌、音楽……。日本のことを思ってくれる人が世界中にこれほどたくさんいることに驚きました。本当にありがたく、勇気づけられます。ひるがえって私は、他国の苦難ををわがことのように悲しみ、手をさしのべたことが今までにあったでしょうか? 反省しないではいられません……。
[PR]
by AngeBleu | 2011-04-08 16:05 | 音楽

善福寺川緑地の桜(2011年4月7日)

今週に入り、ようやく春らしい陽気になってきました。
b0163474_229991.jpg
今朝、仕事に行く前に寄り道して、善福寺川緑地の桜を見に行きました。先週の土曜日はまだほとんどがつぼみだったのに、ここ数日で一気に開花したようです。
b0163474_2293169.jpg
今日もぽかぽかとあたたかい1日だったので、さらに咲き進んでいることでしょう。明日、明後日はお天気が崩れるとのことですが、日曜は晴れて絶好のお花見日和になりそうです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-04-07 22:29 | おさんぽ日記

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧