Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

愉楽の時~アレクサンドル・タローのバッハ、モーツァルト(11月21日@シャンゼリゼ劇場)

パリ・シャンゼリゼ劇場で開かれたアレクサンドル・タローとカナダの古楽器アンサンブル「レ・ヴィオロン・ド・ロワ」による演奏会に行ってきました。

ハイドン:交響曲第44番
バッハ:鍵盤協奏曲BWV1058
モーツァルト:交響曲第17番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

ただただ音の快楽に酔いしれる、至福の時間を過ごしました。時差ボケ、体調不良で、行くかどうか迷ったコンサートでしたが、行ってよかった~。
タローが弾くバッハは、モダンでクールでおしゃれ。バッハがまるで現代音楽の即興演奏のように聞こえます。後半のモーツァルトは、軽やかで自由な、まさにタローのモーツァルト。ちょうどピアノの鍵盤を真上から見下ろす4階バルコニー席だったので、視覚的にもとても楽しめました。古楽の伴奏もパッションにあふれ、タローのクールな響きと不思議によく合っていましたね。アンコールは、マルチェッロのオーボエ協奏曲をピアノ協奏曲にアレンジしたもの。タローの「Concertos Itliens」というアルバムにも入っている、大好きな曲です。そして、もう1曲は全然知らない曲だけど(モーツァルトの初期の曲かな?)タロー節炸裂、即興的魅力にあふれたすてきな演奏でした。

b0163474_18303772.jpg
終演後に開かれたサイン会に、思わず並んでしまいました。タロー、演奏もかっこいいけど、ルックスもかっこいいんだよね~並んでいたのはほとんどが女性だったような(笑)

b0163474_18305482.jpg
今回の演奏会と同じベルナール・ラバディ指揮レ・ヴィオロン・ド・ロワと組んだ新アルバム「バッハ鍵盤協奏曲集」
[PR]
by AngeBleu | 2011-11-22 21:18 | 音楽

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧