Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ポンピドゥーセンター『ムンク~現代の眼』

b0163474_21441256.jpg
パリの国立近代美術館ポンピドゥーセンターで、エドヴァルド・ムンク展を開催中です。「20世紀以降の芸術を取り上げるポンピドゥーセンターでなぜムンク?」と思われるかもしれません。ムンクといえば、なんといっても『叫び』の画家。世紀末の不安を描いた象徴主義の画家というイメージがあります。しかし実のところ、ムンクが亡くなったのは1944年(モンドリアンやカンディンスキーと同じ)。その作品の多くは20世紀に制作されたのです。この展覧会は、ムンクを20世紀の現代画家としてとらえなおそうとするもの。今まであまり注目されることのなかったこの画家の前衛的な面をさまざまな角度から紹介しています。さすが、ポンピドゥーセンターの企画展。展示室を進むごとに、はっとさせられるような仕掛けがあり、すごく興奮しました。

意外にもムンクは最新のテクノロジーにとても関心をもっていたようです。たとえば、写真。この展覧会では珍しいムンクの写真作品を見ることができます。写真の影響から生まれた絵画作品も多く、有名な『赤い蔓草』もそのひとつ。あの奇妙な構図(前景に人物の正面像が肩から上だけ描かれている)、たしかに写真の構図そのものです。

映画に影響を受けたと思われる作品もあります。『家路につく労働者たち』は、まるでリュミールの最初の映画「工場の出口」を見ているよう。この絵からは、社会主義思想が輝いて見えた時代の雰囲気も感じられます。ひたすら自己の内面だけを見続けた画家……というイメージとはうらはらに、ムンクのまなざしは外の世界にもしっかり向けられていたのです。

私が最も心惹かれたのは、展覧会のポスターにもなっている『星月夜』など、ゴッホ?マティス?と見まがうような、鮮やかな色彩の作品群。ゴッホやマティスよりももっと透明感があり、叙情的でメランコリックで……。ムンクが希有な色彩画家だったことに気付かされました。

b0163474_21443657.jpg
地上階の書店では、関連書籍が各種売られています。

「ムンク~現代の眼」展は、2012年1月9日まで。年末年始の旅行でパリに行かれる方は必見です。多くの美術館が閉館する12月25日と1月1日も開いていますので、是非!

b0163474_21445731.jpg
ポンピドゥーセンターは、パリの街を眺める隠れた名所でもあります。夕景、夜景は特にきれい。エッフェル塔のキラキラも見えますよ。

b0163474_21453819.jpg
夜になるとますます活気づくポンピドゥーセンター。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-14 21:47 | 美術・アート

ネットで聴ける! アレクサンドル・タローのコンサート

先月パリのシャンゼリゼ劇場で聴いた、アレクサンドル・タローとカナダの古楽器アンサブル「レ・ヴィオロン・デュ・ロワ」の演奏会が、早速フランスのラジオ局France Musique(http://www.francemusique.fr)で放送され、オンデマンド配信されています。聴くと、あの夜の幸せな気分がよみがえってきました。アンコール2曲目は、ハイドンのピアノ協奏曲と判明。ハイドンってこんなチャーミングな曲書いてたのね。キラキラした音色、即興性と遊び心にあふれた、アレクサンドル・タローならではの刺激的な演奏でした。間違いなくこの夜一番盛り上がった演目で、客席の興奮がラジオからも伝わってきます。

b0163474_16391177.jpg
これは、ここ1年ほどヘビロテで聴いている、クープラン、バッハ、ラモーの作品集(お得な3枚組)。3枚のうちどれが一番とはいえないほど、全部好きです。どんなに心が荒れているときも、少し聴くだけですっとクリーンな世界に入り込めます。癒しの音楽というとなんだか安っぽく聞こえますが、私にとってはこれこそがまさに癒しの音楽。媚薬を飲んだかのように、ただただ官能の快楽に浸ることができるんだもの・・・。媚薬ならいつか使い果たしてしまうけれど、音楽はいつまでもなくならないのもいいです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-11 16:44 | 音楽

コンテとアルボワワイン

b0163474_1835189.jpg
フランスでは、レストランで食事もいいけれど、新鮮なチーズとワインを買ってきて部屋で食べるのも楽しいものです。10日ほどのパリ滞在中、夜は毎日こんな感じで「ひとり飲み」してました。日本の自分の家で同じことをしても全然楽しくないですが(笑)、パリだとなぜか幸せ〜な気分になれるんですよね。
 
この夜のチーズは「コンテ」と「ピコドン」。7区の「マリ・アンヌ・カンタン」という老舗のチーズ店で買いました。コンテは今まであまり好んで食べたことはなかったけれど、さすが専門店で「一番おいしいコンテを」と言って選んでもらっただけあって、とてもおいしかったです。ミルク味の中に、木の実のような甘みや、フルーツのようなかすかな酸味が混じり合って、なんともいえない複雑な味わい。コンテの魅力に開眼しました。ピコドンは、この夏、プロヴァンスではじめて食べて感動したチーズ。そのときはとろとろの食感がたまらなかったのですが、今回は、気温のせいか?熟成期間のせいか?もっと身がひきしまって、ねっとりむっちりという感じ。こくがより深くなったようで、また違うおいしさがありました。
 
合わせたのは、コンテと同じ地方のワイン「アルボワ」。名前は知っていたけれど、飲むのははじめて。日本ではめったに見かけないワインですが、パリでもあまり出回っていないそうです。そんな珍しいワインがチェーン店の「ニコラ」で7.50ユーロというのはお得だったかも。きれいな金色で、花の蜜のような香りとこくがあり、すごく好みの味。やはりコンテとの相性は最高でした。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-08 18:35 | パリ

モン・ドールとボジョレー・ヌーヴォー

冬にフランスに行ったら必ず食べたいと思っていたのが「モン・ドール」。秋から冬にかけてしか生産されない季節限定のチーズです。

b0163474_2346057.jpg
こうして木箱に入ったまま、木のスプーンですくって食べます。ウォッシュタイプにしては匂いは強くなく、ほんのりと香る木の香りが心地いいです。食べる1時間ほど前に冷蔵庫から出しておくことが大切。とろとろになったモン・ドールは、なめらかでクリーミーで、やみつきになるおいしさ♪ 日本では「幻のチーズ」などと呼ばれ、値段も非常に高い(小さいものでも3000円超え)ですが、パリではどのチーズ屋さんでも10ユーロほどで売っています。ほんと、このためだけに毎年冬、パリに行きたいくらい!

今回はたまたま11月の第3木曜、つまりボジョレー・ヌーヴォーの解禁日にパリにいたので、ボジョレーと一緒にいただきました。今年のボジョレーは「ここ10年で最高の出来」とかで(毎年同じこと言ってるような気がするが…)、こちらもとてもおいしかったです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-05 23:48 | パリ

シラク前大統領もお気に入りのレストラン「ペール・クロード」

b0163474_2054188.jpg
11月末、10日間ほどのパリ出張に行っていました。今回はアパートを借りての滞在だったので、基本的に食事は自炊。なのでレストランにはほとんど行かなかったのですが、たまに現地の友人とランチに出かけることもありました。その中のひとつが、ここ。エッフェル塔に近い、15区のラ・モット・ピケ大通りにあるレストラン「ペール・クロード」です。常連客の多い気軽なビストロながら、そこは15区、どことなく上品な雰囲気です。シラク前大統領も行きつけだとかで、店内にはシラクさんがこの店を訪れたときの写真が飾ってありました。

b0163474_20544575.jpg
ここのスペシャリテは、ロティスリー、つまり焼き肉料理。メニューには、牛boef、仔牛veau、鶏poulet、羊agneauと、おいしそうな肉料理が並びます。私の目にとまったのは、cuisses de grenouilles。前から食べてみたかった「カエルの脚」です。今日はこれに決まり! パリでカエル料理が食べられるレストランはあまりないですからね。

b0163474_20552656.jpg
油で揚げて、ニンニクとパセリのソースでいただくのが、カエルの食べ方の定番だそうです。カエルそのものには特に味や臭いはなく、ニンニクとパセリの香りを楽しむという感じ。そしてカリッと揚げた食感がたまらなくて、お酒が進みます~。おすすめされたワインは「ロゼ」でした。これはかなり日本人好みの料理ではないでしょうか。小骨が多くて食べにくいのが難かな。お行儀よくナイフとフォークで身をはがすのはなかなか時間がかかって大変。手づかみで食べたいくらいでした。

付け合わせのジャガイモのピュレがまたおいしくて…。こんなになめらかでクリーミーなピュレをレストランで食べるのははじめて。

b0163474_20563045.jpg
右は友人が食べた「鶏の赤ワイン煮」。ご覧のとおりかなりのボリューム。私たちはふたりともメイン1品だけでお腹がいっぱいになりましたが、まわりを見回すと、小柄なおばあちゃんでも、前菜からメイン、デザートまで平らげていました。すごいもんだわ。

さて、食事中に、テーブル担当の男の子が近づいてきて、何やら耳打ちしようとする。何だ?と思ったら、「今からシラクさんが入ってくるよ」だって。振り返って窓の外を見ると、シラクさんがレストランの前で車を降りたところだった! 本当に常連なんですね。アルツハイマー病を患っているという報道もありましたが、すごくお元気そうに見えました。あれは裁判逃れのための仮病に違いない(決めつけ)。

お勘定は、ふたりでメインとグラスワイン、コーヒー1品ずつで、67ユーロ。決して安い店ではないけれど、安心しておいしい肉料理を食べられるうえ、エッフェル塔近くで、年中無休でやっているという点でも貴重なレストランです。

Restaurant Pere Claude
51,avenue de la Motte-Picquet 75015 Paris
http://www.lepereclaude.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-03 21:04 | パリ

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧