Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ロパートキナの「白鳥の湖」(2012年11月20日)

3年ぶりのマリインスキー・バレエ。「白鳥の湖」を、自宅から車でわずか15分のところにある府中の森芸術劇場で観ることができました。お目当てはもちろん、ウリヤーナ・ロパートキナです。こんな東京の外れの田舎町で、世界の至宝、ロパートキナの白鳥が見られるなんて~ありがたいことです。

ロパートキナの白鳥のすばらしさについては、いたるところで語り尽くされているので、今さら何も言うことはないですね……。ただ美しい踊りを見ているというのではなく、「美」そのものを見ていた3時間。ロパートキナは、神の「イデア」を人間の目に見えるように伝えるべく選ばれた芸術家なのだと思いました。

さて、「白鳥の湖」のラストには、大きく分けて3つのバージョンがあります。

1.王子が悪魔に勝利して、オデットと結ばれるハッピーエンド
2.王子とオデットは湖に身を投げ、天に昇って行く(現世では結ばれないが、あの世で結ばれるからハッピーエンドといえなくもない)
3.王子とオデットは引き裂かれ、あの世でも決して結ばれることはない

最近は、1のハッピーエンドバージョンの演出は減っているのだとか。今年観た他のふたつの「白鳥」(ボリショイ、シュトットガルト)は両方、3の究極のバッドエンドでした。たしかに、物語として納得できるのは3ですね。愛し抜くことができなかった者は、死後も永遠の責め苦を負うべきだと思いますから。1バージョンでは、王子が悪魔の翼をぶちっと引きちぎって、悪魔がアイタタ……って苦しんで死ぬんです。デパートの屋上でやっているヒーローショーかよ(笑)って突っ込みたくなりますよねえ。ところが、今回のマリインスキーの「白鳥」はそのあほらしい1バージョンなんです。

でも、ロパートキナの「白鳥」に限っては、ハッピーエンドでよかったな~と思いました。魔法が解けて、白鳥から人間の女性に戻ったときの姿が見られるから! 冷たく冴え冴えとした表情が一転、晴れやかな笑顔に変わる瞬間。あの花のような笑顔を見たら、ストーリーの荒唐無稽を忘れてしまいます。「白鳥」の一番の見どころといえば、オデット/オディールの演じ分けですが、ロパートキナの場合は、人間の女性というもうひとつのキャラクターも演じているのですね。すごい。
[PR]
by AngeBleu | 2012-11-25 19:42 | バレエ

ブロムシュテット&バンベルク響のブルックナー第4番(2012年11月6日)

b0163474_20595311.jpg
モーツァルト : ピアノ協奏曲第17番 ト長調 K.453
         (ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ)
ブルックナー: 交響曲第4番 変ホ長調 「ロマンティック」 (ノーヴァク版)


久しぶりのサントリーホールです。私にとってのブルックナー第4番初ライブ。ブロムシュテットさんの指揮、バンベルク交響楽団の演奏だから、よくないわけがないとは思っていたけれど、これほどの至福体験になるとは!!

行ったことも見たこともないドイツの森林を思い浮かべながら聴くのが楽しいブル4。CDだと脳裏に浮かぶのは静止画像なのだけど、ライブだとまさに3D映画のような臨場感で、風景が迫ってきます。深い霧の中から聞こえてくる角笛の呼び声、朝日にあたためられていく大気、木の葉のざわめき、いっせいに飛び立つ鳥の群れ、本当にドイツの大自然の中をさまよっているような気分……。時々ふわっと体が浮いて、草原の上を飛んでいるような感覚にも。そうして、第4楽章では、いつのまにか天上にまで昇っていた!! 雲の上にそびえる大伽藍の鐘を、自ら打ち鳴らしているような・・・圧倒的な高揚感を味わわせてくれたのでした。あ~なんて幸せ! 幸せすぎて、涙が出ました。

鳴り止まない拍手にこたえて、何度も袖と舞台を往復するブロムシュテットさん。その足取りは作り出す音楽と同じく溌剌として、とても85歳とは思えません。かっこいいな~大好き!

話が前後しますが、この日のもうひとつの収穫が、前半のモーツァルトを弾いたピョートル・アンデルシェフスキさんです。顔と名前だけは知っていたけれど(コンサート会場でもらうチラシの束の中に必ず入っているような気がする)演奏を聴くのは初めて。いいピアニストですね~。第2楽章の弱音! ただ美しいだけでなく、あの幸福なモーツァルトの中にところどころ真っ黒な深淵が開いているところを見せてくれましたよ。極めつけは、アンコールで弾いたフランス組曲のサラバンド。ちょっとあっけにとられるくらいの名演でした。次の来日公演の機会には必ず聴きに行きたいと思います。
[PR]
by AngeBleu | 2012-11-17 21:00 | 音楽

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧