Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コンテとアルボワワイン

b0163474_1835189.jpg
フランスでは、レストランで食事もいいけれど、新鮮なチーズとワインを買ってきて部屋で食べるのも楽しいものです。10日ほどのパリ滞在中、夜は毎日こんな感じで「ひとり飲み」してました。日本の自分の家で同じことをしても全然楽しくないですが(笑)、パリだとなぜか幸せ〜な気分になれるんですよね。
 
この夜のチーズは「コンテ」と「ピコドン」。7区の「マリ・アンヌ・カンタン」という老舗のチーズ店で買いました。コンテは今まであまり好んで食べたことはなかったけれど、さすが専門店で「一番おいしいコンテを」と言って選んでもらっただけあって、とてもおいしかったです。ミルク味の中に、木の実のような甘みや、フルーツのようなかすかな酸味が混じり合って、なんともいえない複雑な味わい。コンテの魅力に開眼しました。ピコドンは、この夏、プロヴァンスではじめて食べて感動したチーズ。そのときはとろとろの食感がたまらなかったのですが、今回は、気温のせいか?熟成期間のせいか?もっと身がひきしまって、ねっとりむっちりという感じ。こくがより深くなったようで、また違うおいしさがありました。
 
合わせたのは、コンテと同じ地方のワイン「アルボワ」。名前は知っていたけれど、飲むのははじめて。日本ではめったに見かけないワインですが、パリでもあまり出回っていないそうです。そんな珍しいワインがチェーン店の「ニコラ」で7.50ユーロというのはお得だったかも。きれいな金色で、花の蜜のような香りとこくがあり、すごく好みの味。やはりコンテとの相性は最高でした。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-08 18:35 | パリ

モン・ドールとボジョレー・ヌーヴォー

冬にフランスに行ったら必ず食べたいと思っていたのが「モン・ドール」。秋から冬にかけてしか生産されない季節限定のチーズです。

b0163474_2346057.jpg
こうして木箱に入ったまま、木のスプーンですくって食べます。ウォッシュタイプにしては匂いは強くなく、ほんのりと香る木の香りが心地いいです。食べる1時間ほど前に冷蔵庫から出しておくことが大切。とろとろになったモン・ドールは、なめらかでクリーミーで、やみつきになるおいしさ♪ 日本では「幻のチーズ」などと呼ばれ、値段も非常に高い(小さいものでも3000円超え)ですが、パリではどのチーズ屋さんでも10ユーロほどで売っています。ほんと、このためだけに毎年冬、パリに行きたいくらい!

今回はたまたま11月の第3木曜、つまりボジョレー・ヌーヴォーの解禁日にパリにいたので、ボジョレーと一緒にいただきました。今年のボジョレーは「ここ10年で最高の出来」とかで(毎年同じこと言ってるような気がするが…)、こちらもとてもおいしかったです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-05 23:48 | パリ

シラク前大統領もお気に入りのレストラン「ペール・クロード」

b0163474_2054188.jpg
11月末、10日間ほどのパリ出張に行っていました。今回はアパートを借りての滞在だったので、基本的に食事は自炊。なのでレストランにはほとんど行かなかったのですが、たまに現地の友人とランチに出かけることもありました。その中のひとつが、ここ。エッフェル塔に近い、15区のラ・モット・ピケ大通りにあるレストラン「ペール・クロード」です。常連客の多い気軽なビストロながら、そこは15区、どことなく上品な雰囲気です。シラク前大統領も行きつけだとかで、店内にはシラクさんがこの店を訪れたときの写真が飾ってありました。

b0163474_20544575.jpg
ここのスペシャリテは、ロティスリー、つまり焼き肉料理。メニューには、牛boef、仔牛veau、鶏poulet、羊agneauと、おいしそうな肉料理が並びます。私の目にとまったのは、cuisses de grenouilles。前から食べてみたかった「カエルの脚」です。今日はこれに決まり! パリでカエル料理が食べられるレストランはあまりないですからね。

b0163474_20552656.jpg
油で揚げて、ニンニクとパセリのソースでいただくのが、カエルの食べ方の定番だそうです。カエルそのものには特に味や臭いはなく、ニンニクとパセリの香りを楽しむという感じ。そしてカリッと揚げた食感がたまらなくて、お酒が進みます~。おすすめされたワインは「ロゼ」でした。これはかなり日本人好みの料理ではないでしょうか。小骨が多くて食べにくいのが難かな。お行儀よくナイフとフォークで身をはがすのはなかなか時間がかかって大変。手づかみで食べたいくらいでした。

付け合わせのジャガイモのピュレがまたおいしくて…。こんなになめらかでクリーミーなピュレをレストランで食べるのははじめて。

b0163474_20563045.jpg
右は友人が食べた「鶏の赤ワイン煮」。ご覧のとおりかなりのボリューム。私たちはふたりともメイン1品だけでお腹がいっぱいになりましたが、まわりを見回すと、小柄なおばあちゃんでも、前菜からメイン、デザートまで平らげていました。すごいもんだわ。

さて、食事中に、テーブル担当の男の子が近づいてきて、何やら耳打ちしようとする。何だ?と思ったら、「今からシラクさんが入ってくるよ」だって。振り返って窓の外を見ると、シラクさんがレストランの前で車を降りたところだった! 本当に常連なんですね。アルツハイマー病を患っているという報道もありましたが、すごくお元気そうに見えました。あれは裁判逃れのための仮病に違いない(決めつけ)。

お勘定は、ふたりでメインとグラスワイン、コーヒー1品ずつで、67ユーロ。決して安い店ではないけれど、安心しておいしい肉料理を食べられるうえ、エッフェル塔近くで、年中無休でやっているという点でも貴重なレストランです。

Restaurant Pere Claude
51,avenue de la Motte-Picquet 75015 Paris
http://www.lepereclaude.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-03 21:04 | パリ

モン・サン・ミッシェル名物のオムレツを東京で!

b0163474_19573066.jpg
モン・サン・ミッシェルの有名レストラン「ラ・メール・プラール」の初の海外支店が東京、丸の内に誕生しました。

「ラ・メール・プラール」といえば、なんといってもオムレツが有名。でも、このオムレツ、非常に評判が悪い。味がどうこうというより、とにかく常識外れに高いのです。単なるオムレツが35ユーロ、日本円で4000円以上なのですから……。

去年の夏のノルマンディー旅行記はこちら↓
ノルマンディーの旅(8)モン・サン・ミッシェルのオムレツ

東京国際フォーラム内にできた「ラ・メール・プラール」。どんな料金設定でやっているのか、興味本位で見に行ったのですが……。前菜+メイン+コーヒー、またはメイン+デザート+コーヒーが1800円と、意外なほど安いではないですか。本場の3分の1くらい? 見るだけのつもりが、食べることになりました~。

b0163474_19575861.jpg
メインのオムレツ。見た目も味も本場ものと同じです。こんなに大きいのに、軽くふわふわなのでどんどん食べられます。付け合わせに2種類の小さなココット料理が付き、フォワグラのポワレ、野菜のクリーム煮、ムール貝のクリーム煮などの中から選べます。

b0163474_19581165.jpg
メインはオムレツ以外に、「ムール貝の白ワイン煮」、「牛肉のシードル煮」など、マルミット鍋の煮込み料理がいろいろ。こちらは相棒が選んだ「チキンのクリーム煮」。

b0163474_19583475.jpg
デザートは8種類の中から選べます。選択肢が多いのがうれしいですね。こちらはクレーム・ブリュレ。結構なボリュームがありますが、あっさりしておいしく、ぺろりと食べられました。

b0163474_19585198.jpg
店内は高級感もありつつ、決して堅苦しくなく楽しい雰囲気。壁にはモン・サン・ミッシェルの風景や、「ラ・メール・プラール」本店の写真が飾ってあり、旅情をかきたてられます。この内容でこの値段は非常にリーズナブルといえるのではないでしょうか。ここならまた来てみたいと思いました。

これからモン・サン・ミッシェルに行く方へ。物価の高いモン・サン・ミッシェルではサンドイッチで我慢して、名物のオムレツは東京で食べることをおすすめします(笑)
[PR]
by AngeBleu | 2011-10-15 20:01 | フランスところどころ

ムージャンのレストラン「ル・カンディーユ」

6月のフランス旅行の最後の日、カンヌ郊外、ムージャンのレストランでちょっとだけ贅沢なディナーを楽しみました。

ムージャンといえば、伝説のシェフ、ロジェ・ヴェルジェ氏が開いたレストラン「ムーラン・ド・ムージャン」が有名ですが、ヴェルジェ氏が引退してからは低迷気味で、ミシュランの星も失ってしまいました。今一番勢いがあるのは、5つ星ホテル「ル・マ・カンディーユ」の中のレストラン「ル・カンディーユ」だといわれています。
b0163474_2227675.jpg
「ル・マ・カンディーユ」は、ムージャンの村からほど近い、18世紀の農家を改装したホテル。糸杉、松、オリーブに囲まれた広大な敷地内にあります。
b0163474_22274284.jpg
コート・ダジュールの雄大な山々を見晴らすテラス。もう7時半過ぎなのに、まだまだ日差しがまぶしいです。
b0163474_22275991.jpg
まずは冷たーいアペリティフで喉の渇きをうるおします。
b0163474_22282293.jpg
前菜は「タタン・ド・フォワグラ、アルマニャック風味」。フォワグラを、リンゴのお菓子「タルト・タタン」風に料理したもので、ここのシェフのスペシャリテだそうです。
b0163474_22284117.jpg
メインは「低温調理した乳飲み仔牛」。素材のよさがじゅうぶんに生かされた一品。
b0163474_2229047.jpg
花々があふれるコート・ダジュールの風景をそのままお皿に描いたような、彩り美しいデザート。

ところどころに斬新な味の組み合わせがありはっとさせられますが、決してやり過ぎることなく、全体に安定感がある料理でした。量もちょうどよく、最後までおいしくいただけました。
b0163474_22292829.jpg
食後のコーヒーを飲んでいる頃、ようやく夕闇に包まれはじめました。最後の夜をこんな素敵なディナーで締めくくることができてよかった♪ カンヌ映画祭の期間中には、映画スターもよくやってくるとか。たしかにカンヌの喧噪を離れてお忍びで訪れるにはぴったりの場所です。今回ご一緒してもらった男性はただの仕事上の友人だったので、残念ながらあまりロマンチックな気分にはなれなかったですが(お勘定もめいめい払いでした・笑)。恋人同士かご夫婦に特におすすめです。

RESTAURANT LE CANDILLE
Boulevard Clément Rebuffel 06250 MOUGINS
http://www.lemascandille.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-08-26 22:31 | フランスところどころ

カンヌから船で20分のパラダイス~サントノラ島

夏真っ盛りという感じのコート・ダジュールですが、まだ6月初旬。現地の友人はみんなお仕事で、平日の1日をひとりで過ごすことになってしまいました。夏のリゾート地でひとり、というのは、ちょっとさびしいものがありますねー。自然の中でひとり瞑想しながら歩けそうな場所は?……と考え、出かけたのがサントノラ島。カンヌ沖に浮かぶふたつの島、レランス諸島のひとつです。カンヌの旧港から、小さなフェリーボートで行くことができます。
b0163474_2323214.jpg
たった20分の船旅ですが、ちょっとだけ地中海クルーズの気分。海から見るカンヌの町並みがきれいです。
b0163474_23241089.jpg
島に着くと、そこはもう別世界。にぎやかなカンヌはすぐ近くなのに、正反対の静寂に包まれています。サントノラ島の歴史は古く、西暦400年頃、オノラという修道士が修道院を建てたのが始まり。島全体がシトー会修道院の所有で、今も30人ほどの修道士が中世の頃と変わらない祈りと瞑想の日々を送っているそうです。
b0163474_232633.jpg
1周3kmほどの島の周囲は、緑の木陰が心地よいハイキングコースになっています。カトリックの島らしく、ところどころに古い礼拝堂が建っています。
b0163474_23264829.jpg
島のほぼ中央にあるレランス修道院。前庭ではちょうどラベンダーが花盛りでした。
b0163474_2327856.jpg
南国の花が咲き乱れ、甘い香りを放っています。
b0163474_23273066.jpg
音もなく行き過ぎていった修道士。ここでは外の世界とはまったく別の時間が流れているようです。

b0163474_2327537.jpg
船着場と反対側の海岸に出ると、波打ち際に建つ要塞修道院が見えてきます。海賊の襲来が絶えなかった11世紀頃、修道士たちの避難場所として建てられたものだそうです。
b0163474_23281585.jpg
要塞修道院の中は、飾り気もなくひたすら厳格な雰囲気。俗世間を捨て、神に身を捧げる決意をした修道士たちの気持ちが伝わってくるよう。
b0163474_23285234.jpg
屋上からはサントノラ島の全景を眺めることができます。レランス修道院の向こうには、レランス諸島のもうひとつの島、サント・マルグリット島、さらにその向こうにカンヌの町が見えます。
b0163474_23293038.jpg
サントロペ方面の眺め。いつまでも眺めていたくなる青い海。
b0163474_23295452.jpg
こちら側には小さな砂浜が続いています。森に囲まれてブドウ畑があるのがわかるでしょうか? このブドウ畑も修道院のもので、修道士たちによるワイン造りが行われています。地中海の小島で修道士たちが手造りするワイン……と聞くだけで、心ときめきますよね。生産量が少ないので、島の外ではほとんど手に入らないのだそうです。

お昼はサントノラ島でたった1軒のレストランで。運よく、海が目の前に見える最高の席に案内してもらえました。このレストランではなんと、修道院産の貴重なワインをグラスで味わうことができます。
b0163474_23321563.jpg
「Saint Pierre blanc 2007」
あー、おいしい~。さわやかで果実味たっぷり、こんな暑い夏の日にぴったりのワインでした。なんといっても、青く穏やかな海を眺めながら…というシチュエーションが最高です。ただ、場所がいいだけに、お値段は少々高め。ワインと生ハム入りサラダとアイスクリームのデザートだけで、40ユーロ……。まあ、滅多に味わえない心地よい時間を過ごせたのでよしとしましょう。
[PR]
by AngeBleu | 2011-07-21 23:48 | フランスところどころ

おいしいものを探しにカルパントラへ(2)

b0163474_20524794.jpg
昔ながらのプロヴァンスの田舎っぽさが残る町、カルパントラの街角で、ちょっとおしゃれな外観のお店を見つけました。「パティスリー・ジュヴォー」。東京(広尾)にもお店がある人気のパティスリーの本店は、なんとここ、カルパントラにあるのです。
b0163474_205379.jpg
きれいなケーキが並ぶショーケース。
b0163474_20532535.jpg
カルパントラに似合わず(?)かわいらしい装いのお菓子がいっぱい。
b0163474_20534355.jpg
素朴な木の実のタルトもおいしそう。
b0163474_20541850.jpg
日本でも人気の「J」のマークが入ったチョコレート。

サロン・ド・テもあるので、お茶を飲みながらゆっくりお菓子を楽しめます。でも私たちはお昼ごはんでお腹いっぱいだったので、それはパス。「夜のデザート用に」と、信子さんがケーキを買ってくれました。
b0163474_20544495.jpg
私が選んだのはこれ。ピスタチオのクリームをはさんだミルフィーユです。素朴でありながら、甘さ控えめでとても洗練された味でした。

Jouvaud
40 r Evéché 84200 CARPENTRAS

カルパントラでもうひとつ見つけたおいしいもの。それは、チーズです。
b0163474_205519100.jpg
ユダヤ教会のある広場に面したチーズ専門店。おいしそうなのがいろいろ並んでいます。「この地方のチーズでおすすめのものはどれ?」と聞くと、これを勧めてくれました。
b0163474_20555656.jpg
山羊のチーズ、2種。左がle sain gens、右がpicodon。いやー、感動的なおいしさでした。どちらも、それぞれに。ミルク感たっぷり、とろとろとろける食感がたまりません。もともと山羊のチーズは好きなほうですが、今まで食べたどのチーズよりもおいしかったです。食べ頃もちょうどよかったのでしょうね。これを食べるために、またフランスに行きたいと思うくらいです。ちなみにお値段は、どちらも3ユーロ以下でした。

Vigier Auguste
23 Place Maurice Charretier - 84200 Carpentras
[PR]
by AngeBleu | 2011-07-10 20:58 | 南仏プロヴァンス

おいしいものを探しにカルパントラへ(1)

b0163474_2156497.jpg
マザンの民宿「スカラベ」の前から見たヴァントゥー山。
ヴァントゥー山は、プロヴァンス地方の最高峰。アヴィニョンに住んでいた頃から、この山を眺めるのが好きでした。この山を見ていると不思議に心が落ち着きます。

夏はどこも観光客だらけになるプロヴァンスですが、ヴァントゥー山周辺のこのあたりはいつも静か。プロヴァンスに来るたびにお世話になる民宿「スカラベ」も、周りは本当になーんにもないところです。でも、おいしい空気と青空とまぶしい緑があるだけで、人は幸せになれるということがしみじみわかります。あ、あと、おいしい食べものも必要ですね! というわけで、宿の奥様、信子さんと一緒に、マザンから一番近い町、カルパントラまで買い物に出かけました。

カルパントラはローマ時代にはすでに商業の中心地として栄え、中世にはヴナスク伯爵領の首都だったこともある由緒ある町です(ヴナスク伯爵領というのは、フランス国内にあったローマ教皇領の飛び地)。アヴィニョンに教皇庁がやってきた14世紀には、教皇もたびたび訪れ、それはそれは賑わったとか。そんな華麗な歴史をもつわりには、現在のカルパントラは、はっきり言ってぱっとしない、ただの田舎町です。
b0163474_21585572.jpg
教皇クレメンス5世が建てたサン・シフラン大聖堂。南仏ゴシックの代表作…とガイドブックには書かれていますが、うーん、そうか? いろいろな様式の寄せ集めで、中途半端な感じです。
b0163474_21592080.jpg
サン・シフラン大聖堂の裏側にある、町に唯一残るローマ遺跡の凱旋門。言われなければそれとわからないほど、地味なたたずまい。
b0163474_21594645.jpg
19世紀のパッサージュ(アーケード付き商店街)が残っています。南仏では珍しいですね。ここはなかなか雰囲気がいいのですが……
b0163474_220383.jpg
並ぶのは、流行とは無縁の、さえないお店がほとんどです。
b0163474_2202254.jpg
日差しが降り注ぐ小さな広場があるのは、ほかのプロヴァンスの町と同じ。

カルパントラは観光地というよりも、プロヴァンス中の農作物が集まる市場町。なにしろ周囲は見渡す限りの肥沃な農地ですからね。有名なのはコート・デュ・ヴァントゥーのワインやトリュフ。それにイチゴの名産地でもあります。そのイチゴを使ったキャンディー「ベルランゴ」がカルパントラの名物です。信子さんいわく「これを食べたらほかのキャンディーは食べられない」。
b0163474_2213789.jpg
たしかに、果汁味たっぷりでほんのりミントの風味が利いて、とても美味でした。形もかわいいので、おみやげにぴったりですよ。

カルパントラでの“おいしいもの探し”。まだまだ続きます。
[PR]
by AngeBleu | 2011-07-09 22:04 | 南仏プロヴァンス

新宿のカフェ・ベルク

珍しく午前中に新宿に用事があり、その後ちょっと休みたくなったときに目に入ったのが、新宿駅東口からすぐのこのお店。
b0163474_22373943.jpg
b0163474_22465888.jpg
このインパクトのある外観。喫茶店なのか、飲み屋なのか? 通りかかるたびに気になっていましたが、いつも人であふれていて入る機会がなかったんですよね。でもさすがに平日のお昼前。空席もけっこうありそうだったので入ってみました。

b0163474_22464137.jpg
少し早めだけど、お昼にしよう。セットメニューがいろいろあって悩みましたが、「ジャーマンブランチ」に決定。仕事前ですが、このメニューでワインがないのは考えられないので、ワイン付き。豚レバーのパテがおいしい! 

b0163474_22393517.jpg
外観はいかにも昭和レトロな日本の安飲み屋?ですが、中に入ってみると意外と都会的な感じも。決して洗練されているわけでもおしゃれでもないんですが、パリの下町やベルリンなんかにもありそうな、ほどよい力の抜け具合が居心地のいい店です。ひとりでワインを立ち飲みなんてしたことないですが、ここでならできそうな雰囲気があります。

店内の貼り紙で知りましたが、このお店、なんとJRの駅ビルから立ち退きを求められているらしいです。あの殺伐とした新宿で、やっとくつろげる店を見つけたのに……。ショックです。当然長年の常連さんたちが黙って見ているはずもなく、存続を願う署名活動なども行われているようです。詳細はお店のHPやブログでどうぞ。私も次回訪問時に署名したいと思います。

ビアカフェベルクのHP
http://www.berg.jp/
ベルク店長のブログ
http://norakaba.exblog.jp/
[PR]
by AngeBleu | 2011-02-16 22:58 | おさんぽ日記

奥多摩・御岳渓谷の清流に癒される

9月に入ったというのに、まだまだ真夏のような暑さが続いています。先週の日曜、ほんの少しの涼を求めて、奥多摩に散歩に出かけてきました。

b0163474_1231243.jpg
JR奥多摩線の御嶽駅。趣のある駅舎です。改札も自動化していなくて、駅員さんが切符を回収していました。東京にもまだこんな駅があったんですね。

b0163474_1234083.jpg
御嶽駅を降りてすぐ、御岳橋の上からの眺め。清流と濃い緑と吊り橋……。家から電車でわずか1時間半ほどのところだとは信じられない!

ちょうどお昼どきだったので、まずはお昼ご飯。ネットでチェックしておいた、渓流沿いのお食事処「いもうとや」に入ってみました。このお店は清酒メーカーの小澤酒造が経営しています。ならば、やはりお酒を飲んでみたい……。ということで、「きき酒セット」780円。
b0163474_124131.jpg
起承転結の順に飲み比べができます。お酒が苦手という人も、少しずついろいろ試せるのがいいですね。夏限定のお酒「さわ音」が、さわやかで美味でした。
b0163474_1242357.jpg
「おぼろ豆腐膳」1250円。ご飯の上にたっぷりのおぼろ豆腐、その上にベーコン、油揚げ、ネギ、のりがトッピングされ、とろみのあるお出汁をかけていただきます。とろけるようなお豆腐と、カリカリの油揚げ。ふたつの異なる食感が楽しめて、意外なおいしさでした。
b0163474_1245233.jpg
こちらは、T君が頼んだ「奥多摩やまめのちらし寿司」1600円。やまめのお刺身って初めて食べましたが、よく脂がのっておいしかったです。

お腹がすっかり満足したあとは、渓谷を歩いてみることにしました。御岳駅から、東京方面に2駅戻った軍畑駅まで、渓流沿いに遊歩道が設けられ、1時間ほどのハイキングコースになっています。
b0163474_1251453.jpg
カヌーを楽しむ人もたくさん。
b0163474_1255727.jpg
写真で見ると涼しげな木陰の道でも、実際は全然涼しくはありません。なにしろ都心の最高気温35℃の日でしたから……。しばらく歩くと汗びっしょりに。ああ、水の中に入りた~い。
b0163474_1261242.jpg
水着を持っていなかったので、岩に座って、足先だけを水に浸しました。冷たくていい気持ち~。ここで30分くらい過ごしたでしょうか。水面のきらめきや、いくつもの小さな渦巻きを見ているだけで、幸せな気分に……。「被創造物で、三つのものだけが真に美しい。光、空間、そして、水」という、モーパッサンの小説の一節が頭に浮かびました。
b0163474_1291114.jpg
日曜日なのに、それほど人も多くなく、とてものんびりできました。東京に住み始めてもうすぐ10年になりますが、こんな近場にこれほど自然を満喫できる場所があるなんて知らなかったです。紅葉の頃もきれいでしょうね。次はレジャーシートとお弁当を持って来ようと思います。
[PR]
by AngeBleu | 2010-09-03 01:35 | おさんぽ日記

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧