Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:アート ( 22 ) タグの人気記事

ポンピドゥーセンター『ムンク~現代の眼』

b0163474_21441256.jpg
パリの国立近代美術館ポンピドゥーセンターで、エドヴァルド・ムンク展を開催中です。「20世紀以降の芸術を取り上げるポンピドゥーセンターでなぜムンク?」と思われるかもしれません。ムンクといえば、なんといっても『叫び』の画家。世紀末の不安を描いた象徴主義の画家というイメージがあります。しかし実のところ、ムンクが亡くなったのは1944年(モンドリアンやカンディンスキーと同じ)。その作品の多くは20世紀に制作されたのです。この展覧会は、ムンクを20世紀の現代画家としてとらえなおそうとするもの。今まであまり注目されることのなかったこの画家の前衛的な面をさまざまな角度から紹介しています。さすが、ポンピドゥーセンターの企画展。展示室を進むごとに、はっとさせられるような仕掛けがあり、すごく興奮しました。

意外にもムンクは最新のテクノロジーにとても関心をもっていたようです。たとえば、写真。この展覧会では珍しいムンクの写真作品を見ることができます。写真の影響から生まれた絵画作品も多く、有名な『赤い蔓草』もそのひとつ。あの奇妙な構図(前景に人物の正面像が肩から上だけ描かれている)、たしかに写真の構図そのものです。

映画に影響を受けたと思われる作品もあります。『家路につく労働者たち』は、まるでリュミールの最初の映画「工場の出口」を見ているよう。この絵からは、社会主義思想が輝いて見えた時代の雰囲気も感じられます。ひたすら自己の内面だけを見続けた画家……というイメージとはうらはらに、ムンクのまなざしは外の世界にもしっかり向けられていたのです。

私が最も心惹かれたのは、展覧会のポスターにもなっている『星月夜』など、ゴッホ?マティス?と見まがうような、鮮やかな色彩の作品群。ゴッホやマティスよりももっと透明感があり、叙情的でメランコリックで……。ムンクが希有な色彩画家だったことに気付かされました。

b0163474_21443657.jpg
地上階の書店では、関連書籍が各種売られています。

「ムンク~現代の眼」展は、2012年1月9日まで。年末年始の旅行でパリに行かれる方は必見です。多くの美術館が閉館する12月25日と1月1日も開いていますので、是非!

b0163474_21445731.jpg
ポンピドゥーセンターは、パリの街を眺める隠れた名所でもあります。夕景、夜景は特にきれい。エッフェル塔のキラキラも見えますよ。

b0163474_21453819.jpg
夜になるとますます活気づくポンピドゥーセンター。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-14 21:47 | 美術・アート

ヴィジェ・ルブラン展@三菱一号館美術館

三菱一号館美術館で開催中の「ヴィジェ・ルブラン展」を観に行きました。

エリザベート・ヴィジェ・ルブラン? 誰? 聞いたことないわ~っていう人も、その作品はどこかで目にしたことがあるはず。
b0163474_20123450.jpg
そう、彼女はこの有名なマリー・アントワネットの画家です。マリー・アントワネットは誰よりも自分を美しく描いてくれるヴィジェ・ルブランを寵愛し、生涯に20点以上もの肖像画を描かせたのでした。彼女が描くマリー・アントワネットは、美しいだけでなく、繊細で夢見がちな女性らしい感受性があふれています。たしかに美術史上に残る偉大な作品ではないかもしれません(モデルがマリー・アントワネットでなければ、ヴィジェ・ルブランの名が後世に残ることはなかったかも)。でも、彼女の絵を見るのはひたすら心地いいのです。ショーウインドーの中のドレスや、甘いケーキを眺めるときのように……。

今回の展覧会では、マリー・アントワネットの肖像画は1点だけでしたが、そのほかのヴェルサイユ宮廷の女性たちや自画像など、見ごたえある作品が集められていました。本国フランスでも開かれたことのない本格的な回顧展だそうです。
(※上の画像『薔薇を持つマリー・アントワネット』は展示されていません。)

b0163474_20133071.jpg
代表作のひとつ、『ポリニャック公爵夫人』。この顔、すごく好みです。憂いを含んだまなざし、今にも何か言葉が出てきそうな少し開いた唇……。ポリニャック公爵夫人は、貧乏貴族でありながら、その美貌と社交性でマリー・アントワネットのお気に入りとなった女性。王妃のプライベートな離宮プチトリアノンに出入りすることを許された数少ない女友達のひとりです(プチトリアノンについてはここを見てね)。こんなはかなげな風情とはうらはらに、この人、かなりのワルだったらしい。王妃の遊び仲間として浪費の限りを尽くし(なんと年間50億円もの下賜金を与えられていたとか)、夫や親族の生活まで王妃に丸抱えにさせるなど、やりたい放題。それほど寵愛を受けていながら、革命が起きるといち早くマリー・アントワネットを見捨てて、国外に亡命してしまいます。本当にひどい女なんですが、でも、この顔はやっぱりかわいいんですよねえ……。

美人ばかりを描いたヴィジェ・ルブランですが、その中でも最も美しいモデル……、それはヴィジェ・ルブラン自身でした。
b0163474_2018962.jpg
いたずらっぽい瞳、唇からこぼれる真珠のような歯。絵を描きながらこんなにコケティッシュにほほえむ画家がいるでしょうか(笑)彼女が肖像画家として成功したのは、なによりもその美貌のおかげだったのでしょう。そして彼女の筆は、自分自身を描くときに最も生き生きとしています。

ヴィジェ・ルブラン展は、東京丸の内の三菱一号館美術館で5月8日(日)まで開催中。ヴィジェ・ルブランのライバル的存在で、彼女と同じくアカデミー会員となった女性画家、ラビーユ・ギアールの作品もまとめて見られます。美術館HPはこちら

b0163474_20201222.jpg
2010年に開館したこの美術館、明治時代の洋風建築を当時の姿のままに復元した館の中にあり、雰囲気がとてもいいです。
b0163474_20251325.jpg
明治時代は銀行窓口だった空間を利用したというカフェ。ランチプレートは、ていねいに作られた4種類の料理にデザートまで付いていて1500円。満足しました。美術館のチケットを見せれば食後の飲み物が無料になります。
b0163474_20243678.jpg
雨に濡れた新緑の中庭。ヨーロッパのどこかの町に迷い込んだようです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-04-24 20:31 | 美術・アート

2010年のクリスマスイブ

12月24日に休みが取れるのは数年ぶり。同じくお休みだったTくんと、今年最後のお出かけをしました。
b0163474_21553131.jpg
まずは、上野の国立西洋美術館で開催中の「デューラー版画展」へ。メルボルン国立ヴィクトリア美術館のコレクションから105点、国立西洋美術館のコレクションから49点。デューラーの版画作品だけで構成された贅沢な展覧会です。平日だからか、版画ばかりという地味な企画のせいか、人影はまばら。ゆっくり見られてよかったです。「聖母伝」や「受難伝」など宗教画のシリーズもおもしろかったのですが、なんといってもすばらしいのは最後のほうに並んでいた、「メレンコリアI」「書斎の聖ヒエロニムス」「騎士と死と悪魔」の3大傑作。美術書の図版などでおなじみの作品ですが、実物を見るのは初めて。正直言ってこれほどすごいとは思っていなかった。超絶技巧はもちろんだけど、画面から発せられる謎、神秘……、意味はほとんどわからないのに、引き寄せられずにはいられない何ものかがあります。この3点、国立西洋美術館のコレクションだとは知りませんでした(あと、「メレンコリアⅡ」「メレンコリアⅢ」って見たことないなあ?と思っていた……)。
b0163474_21561729.jpg
美術館の庭にはブールデルとロダンの彫刻が並び、周りの木立もどこかヨーロッパ風で、パリの美術館に来たような気分になります。
b0163474_21564536.jpg
美術館内のレストラン「すいれん」は、大きなガラスの向こうに見える中庭が美しく落ち着ける場所。企画展に合わせたメニューなど、料理もなかなか凝っているんです。今回は、デューラー展に合わせた特別メニュー。ソーセージ5種類の盛り合わせとモーゼルワイン。ワインはフルーティーな甘口でとてもおいしかったけれど、グラス1杯で我慢。このあと、美術館の向かい側の文化会館でコンサートがあるからです。
b0163474_2158017.jpg
19時からは、コンスタンチン・リフシッツのピアノ・リサイタル。演目は、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」です。奇しくも今日はオール・ドイツ・プログラムとなりました(デューラー→ソーセージ→バッハ)。
b0163474_21593361.jpg
ゴルトベルク変奏曲ってこんなにエネルギッシュで空間的に大きな曲だったのかと思うほど、パワーにあふれた演奏でした。最後の環が閉じられるように冒頭のアリアに戻ったときは、宇宙の生成の秘密に触れた気分になりました。クリスマスイブにふさわしいすばらしい贈り物でした。リフシッツさんについての予備知識はまったくなかったのですが、この方、現代最高のバッハ弾きとされるピアニストだそうです。18歳のときにゴルドベルク変奏曲を録音して以来、継続的にバッハに取り組んでおられるようです。ピアノ独奏の『音楽の捧げもの』など、すごくおもしろそう。ぜひ聴いてみたいです。
[PR]
by AngeBleu | 2010-12-26 22:03 | おさんぽ日記

パウル・グロス展@ギャラリーヤスタケ(10/7~19)

東京八王子のギャラリーヤスタケで、ドイツ人写真家パウル・グロスの写真展を開催中です。10月9日(土)には、展覧会に合わせて来日したパウルを囲んで、オープニングパーティーが開かれました。
b0163474_0191246.jpg
パウル・グロスPaul Grossは1965年、南ドイツのラウデンバッハ生まれ。コンスタンツ工科大学、ウィーン工科大学、ウィーン芸術大学で学んだ後、ドイツ国内、ヨーロッパ、ネパールを放浪した末に、写真家として生きることを決意。現在はベルリンに住み、実験的な写真に取り組んでいます。

b0163474_0193964.jpg
多重露光でベルリンの町を撮ったシリーズから、ポツダム広場(左)クーダム(右)
b0163474_0304982.jpg
ハッケシャーマルクト。知っている町が、まったく見知らぬ町になる不思議。

b0163474_02249.jpg
セルフポートレートのシリーズ。左から2枚目の、イエスの聖骸布のようなポートレートには、どきりとさせられました。

b0163474_0224381.jpg
2009年にベルリンで発表された“匿名”の連作。亡命者、難民、戦災孤児などの顔を取り上げたものです。
b0163474_024346.jpg
写真の下には、このような文字のカードが並べられています。この文字は、ベルリンでの展覧会では展示されていなかったそうです。島国の日本では、日常の中で国境を意識することはありません。亡命者や難民の問題は存在しないわけではないのですが、見ないふりをしている人がほとんどです。そんな日本人が、これらの写真と文字を見て、何かを感じてくれれば……という願いがあるのかもしれません。

新作は、ガラス瓶、電球、卵、楓の葉、蝋燭など、身近にあるものを使った、一見して写真とはわからない、ユニークな一連の作品です。
b0163474_0251965.jpg
電球(左)ガラス瓶(右)

b0163474_0265572.jpg
楓の葉(左)バジリコ(中)ガーベラ(右)

b0163474_0271716.jpg
蝋燭



b0163474_0274373.jpg
シャンパンで乾杯の準備。彩りの美しいお料理はギャラリーヤスタケのオーナーさんが作ってくださいました。

b0163474_0275987.jpg
オープニングの挨拶は、パウルの友人の田中悦子さん。パーティーにはたくさんの人が集まり、芸術談義に花を咲かせていました。

今回の写真展を見て、パウルの多彩な表現力に驚かされました。さらなる追求の途上にあるパウルの写真が、今後どのように変化していくかが楽しみです。
[PR]
by AngeBleu | 2010-10-11 00:34 | 美術・アート

ジルケ・ヴェストファル&田中悦子 二人展@ギャラリーみるめ(10/3~10/12)

b0163474_22123170.jpg
東京調布市の「ギャラリーみるめ」にて、ベルリンで活躍するふたりの女性アーティスト、ジルケ・ヴェストファルと田中悦子さんの展覧会「ベルリンの女二人展」を開催中です。10月3日(日)には、展覧会に合わせて来日したジルケを囲んで、ウエルカムパーティーが開かれました。
b0163474_22155551.jpg
ジルケの作品を見るのは初めてですが、自らの内面をさらけ出すような緊迫感ある表現に圧倒されました。彼女は、よく笑う、おだやかでやさしい女性。でもその内面には孤独と闘う厳しさ、強さが秘められているのですね。

紙に白い絵の具を塗って漆喰のようなテクスチャーを出し、その上に鉛筆で丹念に濃淡が付けられています。この味わい深い質感は写真では決して再現できないものなので、ぜひ展覧会に足を運んで見てほしいと思います。
b0163474_2213412.jpg
“解き放たれた”

b0163474_22131669.jpg
“モノローグ”

b0163474_2213326.jpg
右端がジルケ、その左が田中悦子さん、さらに左がジルケのパートナーで写真家のパウル・グロスです。10月1日にドイツから日本に着いたばかりのふたりですが、疲れた顔も見せず、訪れた多くの日本人アーティストと交流されていました。

「ベルリンの女二人展」は10月12日(火)まで。
詳細はギャラリーみるめのHPをご覧ください。
[PR]
by AngeBleu | 2010-10-04 22:22 | 美術・アート

田中悦子展@ギャラリーヤスタケ(八王子)

b0163474_2315226.jpg
ベルリン在住の画家、田中悦子さんの油絵展を見に、八王子のギャラリーヤスタケに行ってきました。ちょうど去年の今頃も日本で展覧会があったのですが、1年経って、また少し色調や雰囲気が変わり、とても新鮮な印象でした。今回は、夕暮れ時の空気を思わせるピンク、オレンジ、日没直後の明るさと暗さが入り交じったブルーグレーの深い色あいが特に心に残りました。見ているとこちらの心までとぎすまされてくるようです。
b0163474_2321268.jpg
b0163474_2323272.jpg
b0163474_232431.jpg

残念ながら、田中悦子さんの個展は9月21日で終わりですが、10月7日からは、同じギャラリーヤスタケで、注目の展覧会があります。ベルリンのアーティスト、パウル・グロスの写真展。本人が展覧会に合わせて初来日します。
b0163474_2352832.jpg
彼の写真も展覧会ごとに作風ががらりと変わるので、次はどんな作品が見られるか楽しみです。ギャラリーヤスタケは八王子駅から徒歩30分ほどと、東京都心から行くにはちょっと遠いですが、とてもセンスのいいギャラリーです。1階はアンティーク家具に囲まれたおしゃれなカフェになっていて、照明の暗さやガラス越しに見える中庭が、ヨーロッパのどこかの町にいるような気分にしてくれます。ギャラリー カフェ ヤスタケのHPはこちら

パウル・グロス写真展の詳細は下の画像をご覧ください。
b0163474_23141193.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2010-09-21 23:17 | 美術・アート

ナポリ・宮廷と美―カポディモンテ美術館展

ほんの少し暑さもやわらいできたので、上野の国立西洋美術館で開催中の「カポディモンテ美術館展」に行ってきました。
b0163474_2218676.jpg
展覧会のポスターにもなっている『貴婦人の肖像』が目当てだったのですが、それ以外にも、ティツィアーノの『マグダラのマリア』、グイド・レーニの『アタランテとヒッポメネス』、カラッヴァジョ派の画家の作品など、日本では滅多に見られないマニエリスムからバロック期の名作揃い。ナポリといえば、すれ違う男の99%がナンパしてくる町というイメージしかなかったのですが(笑・20年前の話)、芸術的にたいへん豊かな町だったのですね〜驚きました。

展示室の中でも圧倒的なオーラを放っていた『貴婦人の肖像』は、『長い首の聖母』(ウフィッツィ美術館)や『薔薇の聖母』(ドレスデン絵画館)で有名なマニエリスムの画家パルミジャニーノの作品。一見普通の肖像画なのに、この謎めいた雰囲気は何? 正面を見据えているのに、鑑賞者とはまったく目が合わない……。現在にいたるまでモデルが特定されていないというのも、人々の想像をかき立てる一因となっているようです。この絵には『アンテア』という別名もあります。パルミジャニーノの愛人だったローマの高級娼婦の名前だそうです。“貴婦人”とは真逆の身分です。でも、娼婦であれ、貴婦人であれ、男が自分の都合のいいように造り上げた女の理想像にすぎませんよね。だいたい、この女性(少女というほうがいいかな)、せいぜい18歳くらいでしょう。高級娼婦にしては貫禄がなく、貴婦人というには若すぎるような気がします。豪華な衣装を脱がせて、レザーのジャケットとミニスカートに着替えさせれば、現代のイタリアのどこかの街角にいそうな……。
「娼婦か、貴婦人かですって? 私はただの女の子なのに」
彼女の凍り付いた表情の中に、そんな戸惑いが見え隠れするような気がしました。

カラヴァッジョ自身の絵はなかったですが、カラヴァッジョに影響を受けたナポリのバロック画家たちの作品にいいものがたくさんありました。特におもしろいなあと思ったのが、女性画家アルテミジア・ジェンティレスキの『ユディトとホロフェルネス』
b0163474_221192.jpg
カラヴァッジョの同主題の絵ではユディトは嫌悪感に顔をしかめながらこわごわ頸を斬っている感じですが、アルテミジアの描くユディトは、肉屋が肉をさばくように平然とした仕事ぶり。殺されたり暴行されたりする女の絵は正視できませんが、女が男を殺す絵を見ると、正直、すがすがしい気分になります(ポリティカリー・インコレクトで申し訳ない)。アルテミジアは、19歳のとき師匠の画家に暴行されたことがあるそうです。アルテミジアは強姦者を告発するものの、男の受けた処罰はごく軽いものでしかなく、彼女はいたく傷つきました。その裁判の1年後に描かれたのがこの絵だそうで、男への恨みと怒りをぶつけたものではないかといわれています。絵を描くことで、トラウマから解放されたのかもしれません。

あと珍しいものとしては、画家というよりは美術史家として知られるジョルジョ・ヴァザーリの絵がありました。
b0163474_22132755.jpg
『キリストの復活』。真面目に描いているはずなのに、なーんか笑える絵になっています。国旗をまとってウイニングランをするキリスト? ヴァザーリ先生~!。

カポディモンテ美術館展は、国立西洋美術館で、9月26日(日)まで開催。その後、10月9日から京都文化博物館を巡回します。日本に来ている間にもう一度くらい行ってみたい気もします。ナポリまではなかなか行けないですからね・・・
[PR]
by AngeBleu | 2010-09-13 22:44 | 美術・アート

田中悦子・槇原瑛一 カンペール城展(ベルリン)

ドイツ・ベルリン郊外の素敵なお城で開催中の展覧会のお知らせです。ベルリン在住の画家、田中悦子と槇原瑛一の二人展です。
b0163474_21314249.jpg
会場は、ベルリンの北西およそ100kmのカンペール城Schloss Kampehl。
「とても素敵な会場で、夢見ているよう」と悦子さん。
b0163474_21351097.jpg
b0163474_2137982.jpg
b0163474_21514757.jpg
ふたりの作品は、まるで昔からここに飾ってあったかのように、この古い城館の雰囲気に溶け込んでいます。
b0163474_2139476.jpg
6月19日に開かれたオープニングパーティーの様子。バカンス前の開放的な気分が伝わってきます。

カンペール城のあるノイシュタットNeustadt(Dosse)へは、ベルリン中央駅から1時間ごとに出る快速列車REで約50分。駅からお城までは2kmほど。のんびり田舎道を歩いて30分だそうです。お天気のいい日にピクニックがてら出かけると気持ちよさそう♪

カンペール城の名物(?)は、なんと「ミイラ」!! 城のそばの教会には、17世紀の城主だったコルネット・クリスチャン・フリードリッヒ・フォン・カレブツのミイラが安置されているのです。

Schloss Kampehl
Dorfstraße 35, 16845 Neustadt (Dosse)
2010年6月19日~7月30日
11:00〜17:00(月・火曜休み)

展覧会を紹介する新聞記事などを、アトリエ悦子のHPで見ることができます。
[PR]
by AngeBleu | 2010-06-29 21:58 | 美術・アート

ノルマンディーの旅(4)ルーアンの博物館・美術館

1. セック・デ・トゥルネル博物館

ルーアンでおもしろい博物館を見つけました。外観はふつうの教会にしか見えないので、知らなければ博物館とは気付かないでしょう。
b0163474_22382375.jpg
フランスの町を歩いていると、家々の門扉やバルコニーを飾る鉄細工の繊細なデザインに目を奪われることがよくあります。セック・デ・トゥルネル博物館は、そんな芸術作品のような鉄製品を集めた、世界でも珍しい美術館。3世紀から19世紀までの12000点にのぼる、看板、扉、階段のてすり、台所用品などの鉄製品を所蔵しています。
b0163474_22225544.jpg
教会の空間をそのまま使った展示もユニーク。
b0163474_22232455.jpg
b0163474_22325048.jpg
b0163474_222493.jpg
中世から近世までの鍵のコレクションが圧巻。よくぞこんなに集めたと感心するほど。どんな城館のどんな部屋で使われていたのだろう?と想像がふくらみます。

Musee Le Secq des Tournelles
2, rue Jacque Villon
10:00~13:00、14:00~18:00(火曜、祝日休み)

2. ルーアン美術館

15世紀から現代までのヨーロッパ絵画を幅広く集めた美術館。地方美術館としては規模が大きく、じっくり見るには半日くらいかかりそうでした。
b0163474_22243436.jpg
一番印象に残った、カラヴァッジオの『キリストの笞刑』

印象派の画家たちゆかりの町だけに、モネ、ピサロ、シスレー、ルノワールら、印象派の作品も揃っています。ただ、私が行ったときは次の週から始まる大規模な印象派展(下記参照)の準備のためか、一部コレクションが観られなかったようです。

2010年6月4日~9月26日「ノルマンディー印象派フェスティバル」
フランス観光開発機構HP内の紹介ページ(日本語)はこちら

b0163474_22501139.jpg
吹き抜けになった中庭にレストラン「シスレー」があります。ガラス天井から差し込む自然光の下、絵画や彫刻に囲まれて優雅な気分で食事ができます。

b0163474_22254242.jpgb0163474_2226612.jpg
本日の料理(子羊のソテー)とデザート(カフェ・グルマン)で、11ユーロ。美術館巡りの合間に、雰囲気のいい場所でリーズナブルにランチを……というときにおすすめ。

Musee des Beaux-Arts
Esplanade Marcel Duchamp
10:00~18:00(火曜・祝日休み)
[PR]
by AngeBleu | 2010-06-16 23:01 | フランスところどころ

「布施謹爾展―大自然のイロイロ―」@ギャラリーみるめ

b0163474_18183484.jpg
調布のギャラリー&カフェみるめで開催中の、布施謹爾さんの展覧会に行ってきました。
人物、風景、静物など、モチーフはいろいろですが、共通しているのは、はちきれんばかりの生命感にあふれていること。
リンゴやブドウ、桃はもちろん、人物も、かぶりつきたくなるくらいおいしそう(笑)
皮がかたくて、かじると果汁が吹き出しそうな感じです。
b0163474_18192019.jpg
モデルはお孫さんなのだとか。ほんとかわいいですね。

b0163474_1820285.jpg
お母さまの肖像だそうです。犬の顔としっぽ、カワイイ!!

b0163474_1820191.jpg
お姉さまの肖像も。

b0163474_18205495.jpg
布施謹爾展は、4月27日(火)まで。
ギャラリー&カフェみるめ
東京都調布市布田2-32-8
2Fのカフェも雰囲気がよく、コーヒーもおいしくておすすめです。
[PR]
by AngeBleu | 2010-04-24 18:32 | 美術・アート

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧