Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ポンピドゥーセンター『ムンク~現代の眼』

b0163474_21441256.jpg
パリの国立近代美術館ポンピドゥーセンターで、エドヴァルド・ムンク展を開催中です。「20世紀以降の芸術を取り上げるポンピドゥーセンターでなぜムンク?」と思われるかもしれません。ムンクといえば、なんといっても『叫び』の画家。世紀末の不安を描いた象徴主義の画家というイメージがあります。しかし実のところ、ムンクが亡くなったのは1944年(モンドリアンやカンディンスキーと同じ)。その作品の多くは20世紀に制作されたのです。この展覧会は、ムンクを20世紀の現代画家としてとらえなおそうとするもの。今まであまり注目されることのなかったこの画家の前衛的な面をさまざまな角度から紹介しています。さすが、ポンピドゥーセンターの企画展。展示室を進むごとに、はっとさせられるような仕掛けがあり、すごく興奮しました。

意外にもムンクは最新のテクノロジーにとても関心をもっていたようです。たとえば、写真。この展覧会では珍しいムンクの写真作品を見ることができます。写真の影響から生まれた絵画作品も多く、有名な『赤い蔓草』もそのひとつ。あの奇妙な構図(前景に人物の正面像が肩から上だけ描かれている)、たしかに写真の構図そのものです。

映画に影響を受けたと思われる作品もあります。『家路につく労働者たち』は、まるでリュミールの最初の映画「工場の出口」を見ているよう。この絵からは、社会主義思想が輝いて見えた時代の雰囲気も感じられます。ひたすら自己の内面だけを見続けた画家……というイメージとはうらはらに、ムンクのまなざしは外の世界にもしっかり向けられていたのです。

私が最も心惹かれたのは、展覧会のポスターにもなっている『星月夜』など、ゴッホ?マティス?と見まがうような、鮮やかな色彩の作品群。ゴッホやマティスよりももっと透明感があり、叙情的でメランコリックで……。ムンクが希有な色彩画家だったことに気付かされました。

b0163474_21443657.jpg
地上階の書店では、関連書籍が各種売られています。

「ムンク~現代の眼」展は、2012年1月9日まで。年末年始の旅行でパリに行かれる方は必見です。多くの美術館が閉館する12月25日と1月1日も開いていますので、是非!

b0163474_21445731.jpg
ポンピドゥーセンターは、パリの街を眺める隠れた名所でもあります。夕景、夜景は特にきれい。エッフェル塔のキラキラも見えますよ。

b0163474_21453819.jpg
夜になるとますます活気づくポンピドゥーセンター。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-14 21:47 | 美術・アート

コンテとアルボワワイン

b0163474_1835189.jpg
フランスでは、レストランで食事もいいけれど、新鮮なチーズとワインを買ってきて部屋で食べるのも楽しいものです。10日ほどのパリ滞在中、夜は毎日こんな感じで「ひとり飲み」してました。日本の自分の家で同じことをしても全然楽しくないですが(笑)、パリだとなぜか幸せ〜な気分になれるんですよね。
 
この夜のチーズは「コンテ」と「ピコドン」。7区の「マリ・アンヌ・カンタン」という老舗のチーズ店で買いました。コンテは今まであまり好んで食べたことはなかったけれど、さすが専門店で「一番おいしいコンテを」と言って選んでもらっただけあって、とてもおいしかったです。ミルク味の中に、木の実のような甘みや、フルーツのようなかすかな酸味が混じり合って、なんともいえない複雑な味わい。コンテの魅力に開眼しました。ピコドンは、この夏、プロヴァンスではじめて食べて感動したチーズ。そのときはとろとろの食感がたまらなかったのですが、今回は、気温のせいか?熟成期間のせいか?もっと身がひきしまって、ねっとりむっちりという感じ。こくがより深くなったようで、また違うおいしさがありました。
 
合わせたのは、コンテと同じ地方のワイン「アルボワ」。名前は知っていたけれど、飲むのははじめて。日本ではめったに見かけないワインですが、パリでもあまり出回っていないそうです。そんな珍しいワインがチェーン店の「ニコラ」で7.50ユーロというのはお得だったかも。きれいな金色で、花の蜜のような香りとこくがあり、すごく好みの味。やはりコンテとの相性は最高でした。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-08 18:35 | パリ

モン・ドールとボジョレー・ヌーヴォー

冬にフランスに行ったら必ず食べたいと思っていたのが「モン・ドール」。秋から冬にかけてしか生産されない季節限定のチーズです。

b0163474_2346057.jpg
こうして木箱に入ったまま、木のスプーンですくって食べます。ウォッシュタイプにしては匂いは強くなく、ほんのりと香る木の香りが心地いいです。食べる1時間ほど前に冷蔵庫から出しておくことが大切。とろとろになったモン・ドールは、なめらかでクリーミーで、やみつきになるおいしさ♪ 日本では「幻のチーズ」などと呼ばれ、値段も非常に高い(小さいものでも3000円超え)ですが、パリではどのチーズ屋さんでも10ユーロほどで売っています。ほんと、このためだけに毎年冬、パリに行きたいくらい!

今回はたまたま11月の第3木曜、つまりボジョレー・ヌーヴォーの解禁日にパリにいたので、ボジョレーと一緒にいただきました。今年のボジョレーは「ここ10年で最高の出来」とかで(毎年同じこと言ってるような気がするが…)、こちらもとてもおいしかったです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-05 23:48 | パリ

シラク前大統領もお気に入りのレストラン「ペール・クロード」

b0163474_2054188.jpg
11月末、10日間ほどのパリ出張に行っていました。今回はアパートを借りての滞在だったので、基本的に食事は自炊。なのでレストランにはほとんど行かなかったのですが、たまに現地の友人とランチに出かけることもありました。その中のひとつが、ここ。エッフェル塔に近い、15区のラ・モット・ピケ大通りにあるレストラン「ペール・クロード」です。常連客の多い気軽なビストロながら、そこは15区、どことなく上品な雰囲気です。シラク前大統領も行きつけだとかで、店内にはシラクさんがこの店を訪れたときの写真が飾ってありました。

b0163474_20544575.jpg
ここのスペシャリテは、ロティスリー、つまり焼き肉料理。メニューには、牛boef、仔牛veau、鶏poulet、羊agneauと、おいしそうな肉料理が並びます。私の目にとまったのは、cuisses de grenouilles。前から食べてみたかった「カエルの脚」です。今日はこれに決まり! パリでカエル料理が食べられるレストランはあまりないですからね。

b0163474_20552656.jpg
油で揚げて、ニンニクとパセリのソースでいただくのが、カエルの食べ方の定番だそうです。カエルそのものには特に味や臭いはなく、ニンニクとパセリの香りを楽しむという感じ。そしてカリッと揚げた食感がたまらなくて、お酒が進みます~。おすすめされたワインは「ロゼ」でした。これはかなり日本人好みの料理ではないでしょうか。小骨が多くて食べにくいのが難かな。お行儀よくナイフとフォークで身をはがすのはなかなか時間がかかって大変。手づかみで食べたいくらいでした。

付け合わせのジャガイモのピュレがまたおいしくて…。こんなになめらかでクリーミーなピュレをレストランで食べるのははじめて。

b0163474_20563045.jpg
右は友人が食べた「鶏の赤ワイン煮」。ご覧のとおりかなりのボリューム。私たちはふたりともメイン1品だけでお腹がいっぱいになりましたが、まわりを見回すと、小柄なおばあちゃんでも、前菜からメイン、デザートまで平らげていました。すごいもんだわ。

さて、食事中に、テーブル担当の男の子が近づいてきて、何やら耳打ちしようとする。何だ?と思ったら、「今からシラクさんが入ってくるよ」だって。振り返って窓の外を見ると、シラクさんがレストランの前で車を降りたところだった! 本当に常連なんですね。アルツハイマー病を患っているという報道もありましたが、すごくお元気そうに見えました。あれは裁判逃れのための仮病に違いない(決めつけ)。

お勘定は、ふたりでメインとグラスワイン、コーヒー1品ずつで、67ユーロ。決して安い店ではないけれど、安心しておいしい肉料理を食べられるうえ、エッフェル塔近くで、年中無休でやっているという点でも貴重なレストランです。

Restaurant Pere Claude
51,avenue de la Motte-Picquet 75015 Paris
http://www.lepereclaude.com
[PR]
by AngeBleu | 2011-12-03 21:04 | パリ

愉楽の時~アレクサンドル・タローのバッハ、モーツァルト(11月21日@シャンゼリゼ劇場)

パリ・シャンゼリゼ劇場で開かれたアレクサンドル・タローとカナダの古楽器アンサンブル「レ・ヴィオロン・ド・ロワ」による演奏会に行ってきました。

ハイドン:交響曲第44番
バッハ:鍵盤協奏曲BWV1058
モーツァルト:交響曲第17番
モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

ただただ音の快楽に酔いしれる、至福の時間を過ごしました。時差ボケ、体調不良で、行くかどうか迷ったコンサートでしたが、行ってよかった~。
タローが弾くバッハは、モダンでクールでおしゃれ。バッハがまるで現代音楽の即興演奏のように聞こえます。後半のモーツァルトは、軽やかで自由な、まさにタローのモーツァルト。ちょうどピアノの鍵盤を真上から見下ろす4階バルコニー席だったので、視覚的にもとても楽しめました。古楽の伴奏もパッションにあふれ、タローのクールな響きと不思議によく合っていましたね。アンコールは、マルチェッロのオーボエ協奏曲をピアノ協奏曲にアレンジしたもの。タローの「Concertos Itliens」というアルバムにも入っている、大好きな曲です。そして、もう1曲は全然知らない曲だけど(モーツァルトの初期の曲かな?)タロー節炸裂、即興的魅力にあふれたすてきな演奏でした。

b0163474_18303772.jpg
終演後に開かれたサイン会に、思わず並んでしまいました。タロー、演奏もかっこいいけど、ルックスもかっこいいんだよね~並んでいたのはほとんどが女性だったような(笑)

b0163474_18305482.jpg
今回の演奏会と同じベルナール・ラバディ指揮レ・ヴィオロン・ド・ロワと組んだ新アルバム「バッハ鍵盤協奏曲集」
[PR]
by AngeBleu | 2011-11-22 21:18 | 音楽

メゾン・デュ・ショコラのエクレア

b0163474_15101583.jpg
グルメ三昧だった6月のフランス旅行で、最後に食べた「フランスのおいしいもの」。世界で一番おいしいエクレアといわれる「メゾン・デュ・ショコラのエクレア」です。パリ・シャルル・ド・ゴール空港、2Eターミナルの出国エリア内にあるショップのイートインスペースで、ホットチョコレートとともにいただきました。フレーバーはチョコレート、カラメル、コーヒーの3種類あり、選んだのはカラメル味。こんなに小さいのに4ユーロ近くもしますが、それだけの値打ちはあります。衝撃的なおいしさです。

東京にもお店がありますが、エクレアは限定販売で、早々に売り切れてしまってなかなか買えないそうです(そしてお値段もパリの3割増!)。ぜひぜひパリでお試しを!
[PR]
by AngeBleu | 2011-09-26 19:08 | お菓子

メニルモンタン〜赤い風船のふるさと

子供の頃の思い出の映画のひとつに『赤い風船』があります。少年が風船と仲よくなって、最後にたくさんの風船と一緒に空に舞い上がっていくのが、幼稚園児の私はうらやましくて、うらやましくて……。縁日の屋台で「ここの風船を全部買って」とせがんで怒られたっけ。

その『赤い風船』で風船を手にした少年が駆け回ったのが、パリの北東の外れ。20区のメニルモンタンです。この前パリにいったとき「メニルモンタンを散歩してくる」とパリ在住の友人に言ったら、「観光客にはハードル高いとこだよ~」「郊外チックな物騒な場所もあるから気をつけて」などと脅されたのですが……。平日お昼のメニルモンタンは、いたって平和で、静かで、まるでパリから遠く離れた田舎町を歩いているようでした。
b0163474_2131796.jpg
高層の集合住宅も多いけれど、その狭間に、昔ながらの雰囲気を残す街並みもところどころに残っています。
b0163474_2146100.jpg

b0163474_21163624.jpg
こんな階段や……
b0163474_2163315.jpg
こんな路地も……
b0163474_2172531.jpg
「ここがパリ?」と思うような、緑いっぱいの庭付き一軒家が並ぶ小路。
b0163474_2182168.jpg
菩提樹、ジャスミン、ブドウの木……まるで南仏です。
b0163474_2110235.jpg
バラの花が咲く庭園
b0163474_2111884.jpg
紫陽花に彩られた窓辺

映画『赤い風船』の面影は見つけることはできませんでしたが、建物の側面に描かれた、大きな「赤い風船」を見つけました。
b0163474_21141253.jpg
メニルモンタン。まさに「パリの中の田舎」という雰囲気で、ひっそりとした小路をさまよい歩くのが好きな人にはおすすめです。灯りともし頃の雰囲気もいいだろうな……。友人は「夜は絶対歩かないほうがいい」と言うのだけど。
[PR]
by AngeBleu | 2011-06-24 21:22 | パリ

ベルヴィル散歩(2)街角アート

移民街として知られるパリのベルヴィルですが、近年は隠れた名ビストロやワインバーが点在する場所として注目を集めているのだとか。また、おもしろい現代アートのギャラリーや小劇場なども意外に多いのだそうです。昼間に少し歩いただけでも、自由な“アートの街”の雰囲気は伝わってきました。
b0163474_21364769.jpg
雑然とした街並みの中に突如現れた巨大な壁画。左側はニースのアーティスト、ベンの作品です。「言葉を信じるな」。
b0163474_21385460.jpg
作品を壁に取り付ける作業をしているふたりの男性……よく見ると人形です。

b0163474_21392812.jpg
ベルヴィル通りに面した「オ・フォリー」は、この街で生まれたエディット・ピアフが歌ったこともあるというカフェ。今は界隈のボヘミアンな人々が集う場所になっています。

b0163474_21402988.jpg
「オ・フォリー」の脇の通りに入ってびっくり! 通りの両側の壁がすべてカラフルな落書き?グラフィティ?で埋め尽くされているのです。
b0163474_21413856.jpg
どぎつい色合いに混じって、こんな癒し系の作品もあります。
b0163474_2142434.jpg
空き家の中に、ところどころギャラリーも。
b0163474_21423314.jpg
パリの中心部では絶対に見られない風景ですね。観光客の来ない“もうひとつのパリ”に出合いたい人に、ベルヴィル、おすすめです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-06-20 21:48 | パリ

ベルヴィル散歩(1)

出張で香港に行ってきました! 
b0163474_1910292.jpg
…というのは嘘で、ここはなんとパリ。20区ベルヴィルの街角です。
b0163474_1913765.jpg
メトロのベルヴィル駅を降りると、右を見ても左を見ても、漢字の看板ばかり。道行く人はほとんどがアジア人です。
b0163474_19133683.jpg
こんなヘアサロンも。界隈のお兄さんたちがみな映画スターのようにカッコイイのは、ここでスタイリングしてもらっているから!?
b0163474_19141220.jpg
お昼ごはんは、ベルヴィル大通りにある、パリに住む友人イチオシの餃子屋さんに行きました。パリではチャイニーズ料理といってもほとんどベトナムなどインドシナ料理なので、カリッと焼いたこんな餃子が食べられる店は珍しいのだとか。ニラの香りたっぷりでおいしい! そのうえ一皿5ユーロという、パリにしては驚きの安さです。

ベルヴィル大通りのゆるやかな坂道を上り、しばらくして右に折れると、中華街の喧噪とは一転して静かな空間が現れます。ベルヴィル公園です。
b0163474_19143393.jpg
バラの花が咲き乱れるプロムナードが、秘密の花園めいていい雰囲気。
b0163474_19145476.jpg
小さいけれど、起伏のある地形を生かして設計された魅力的な公園です。
b0163474_19151686.jpg
ピクニックやお昼寝にぴったりの芝生もあります。
b0163474_19153018.jpg
ランチや読書、はたまた中国舞踊の練習など、近所に住む人たちが思い思いにお昼休みのひとときを過ごしていました。中華街にはおいしそうなベトナムサンドを売る店も見かけたので、この公園でのんびりランチピクニックをするのもいいですね。中心地の公園と違って静かなので、ひとりでもゆったりとした気分で過ごせそうです。
b0163474_19235243.jpg
ベルヴィル公園の上の展望台から見下ろすパリの街。エッフェル塔、ポンピドゥーセンター、モンパルナスタワーなど、パリのランドマークが一目で見渡せます。パリを見下ろす丘といえば、モンマルトルが有名だけど、ここからの眺めもなかなかのものです。
[PR]
by AngeBleu | 2011-06-18 19:24 | パリ

パリ植物園~バラの季節

6月の初め、パリの宿泊ホテルから近い植物園にふらりと出かけてみました。
b0163474_2054359.jpg
パリ植物園は、ルイ13世が創設した王立薬草園を前身とする、歴史の古い植物園です。

この日、夜明け前の1時間ほど、雷をともなう激しい雨が降りました。雨のしずくに濡れた花々は、野生の植物のように生き生きとしていました。
b0163474_20551312.jpg

b0163474_20553629.jpg

b0163474_2056121.jpg


植物園の一角にあるバラ園は、ちょうど花盛り。
b0163474_21125612.jpg

b0163474_20572775.jpg

b0163474_2102143.jpg

b0163474_21132839.jpg

こんなにたくさんの種類のバラを一度に見たのは初めて。イタリアルネッサンスの絵画に描かれた花のような、ニュアンスのある色あいが素敵です。
b0163474_218444.jpg
バラの品種や名前には全然詳しくないので、これからちょっと覚えてみたいなあと思いました。
[PR]
by AngeBleu | 2010-07-23 21:15 | パリ

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧