Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:音楽 ( 39 ) タグの人気記事

ジャン=マルク・ルイサダ@紀尾井ホール(6月6日)

ジャン=マルク・ルイサダのピアノリサイタルに行ってきました。ルイサダは、図書館で借りたショパンの『ピアノ協奏曲第1番(ピアノ六重奏版)』がすごくよかったので、一度聴きに行きたいと思っていたんです。曲目は次のとおり。 

ショパン:3つのノクターン Op.9
     2つのノクターン Op.27
     ノクターン Op.48-1
     2つのノクターン Op.62
バッハ:フランス組曲 第5番 ト長調 BWV.816
シューマン:子供の情景 Op.15
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 「熱情」 Op.57

ショパンのノクターンってほとんど聴いたことがなく、甘くデリケートな旋律の曲ばかり・・・という先入観がありました。でも実際はとても多彩な表情を持っているのですね。暗く荒々しいエネルギーが爆発するような部分もあって、心をわしづかみにして揺さぶられるようでした。バッハのフランス組曲は、バッハではないようなロマンチックな演奏で、なかなかおもしろかったと思います。しかし何より圧巻だったのは、アンコール1曲目のドビュッシー。ピアノ曲に全く詳しくないので最初は何の曲かわからなかったのですが、聴いているうちに、これはきっと『沈める寺』だなと思いました。だって本当に目の前に水に濡れたゴシックの大聖堂が現れたのです。ピアノ1台で、これほど壮大な音の大伽藍が造り出されるなんて・・・。驚くべき体験でした。

終演後はもちろん、サイン会の列に並びました。パリのカフェの中を見渡したら一人はこんな人いそう・・・という感じの親しみやすい風貌も前から気になっていて、間近でお目にかかりたかったのですよね。想像したとおりのとても気さくな人柄のルイサダ氏。200人は下らないと思われるファンのひとりひとりに、にこやかに挨拶しながらサインをしてくださいました。
b0163474_19204763.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2009-06-08 19:23 | 音楽

南仏の音楽祭(5)マントン音楽祭 2009年

先週から自分のメモ代わりに書いている南仏の音楽祭スケジュール。計画だけならいくらでも羽を伸ばせるので、プロヴァンス地方だけでなく、コート・ダジュールの音楽祭にも触れておきます。
b0163474_1829950.jpg

本当は、バカンスシーズンのコート・ダジュールなんて行くもんじゃないと思ってはいるのですが……(日本のゴールデンウイークの高速道路を想像してみてください。フランスに行ってまであんな光景見たくないですよねえ)ここマントンは、イタリアとの国境の町で、コート・ダジュールでも一番奥まったところにあるので、ニースやカンヌなどに比べるとちょっと落ち着いた感じです(あくまでもちょっとだけ)。ここで開かれる夏の音楽祭はすばらしいと噂には聞いていましたが、今回この記事をかくためにウエブサイトを見たら、なるほどすばらしい!
b0163474_1830719.jpg

2009年は第60回なので、かなり歴史の古い音楽祭ということになります。今年は7月31日〜8月16日の開催。メインの会場は、旧市街の丘にあるサン・ミシェル教会前広場です。マントンの旧市街はコート・ダジュールで一番好きな場所のひとつ。イタリア風の街並みの向こうに青い青い地中海が見えて、何度訪れても夢の中にいるような気持ちにさせられます。この場所が演奏会場っていうだけでもうっとりとなるのですが、出演者も豪華。今年のスケジュールをざっと見たところ、イーヴォ・ポゴレリッチ、ヴァディム・レーピン、クリストフ・ルセ、バーバラ・ヘンドリックス、ファジル・サイとパトリツィア・コパチンスカヤのデュオ……などなど。日本人の若手ピアニスト、田村響さんのリサイタルもあります。詳しいプログラムはこちら
b0163474_1832543.jpg

ウエブサイト内で過去のコンサートの写真を見ていたら……、うん? これは、どこかで見たシルエット。
b0163474_18303672.jpg
やっぱりラン・ラン君でした。

ⓒOffice de Tourisme de Menton
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-15 18:37 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(4)ラ・ロック・ダンテロン・ピアノフェスティバル 2009年

b0163474_2015514.jpg

ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノフェスティバルも、ずっと行きたいと思いながら、まだ行ったことのない音楽祭です。以前、NHK-BSでも音楽祭のドキュメンタリーを放送していました(たしかDVDにもなっているはず)。世界的な演奏家が集まるのもすごいですが、とにかく演奏会場の雰囲気がすばらしいです。数百本のプラタナスに囲まれた公園や、12世紀のシトー派修道院であるシルヴァカーヌ修道院など。セミの鳴き声が止まなかったり(南仏はセミが多い)、突風が吹いたり、決して理想的な演奏環境ではないのかもしれませんが、南仏の美しい風景と開放的な雰囲気がすべての悪条件を帳消しにしてくれるようです。ボリス・ベレゾフスキーなんか、日本の演奏会で見せる数倍の集中力で大熱演をしていました。

第29回目となる2009年は、7月24日〜8月22日に開催されます。プログラムはこちら。今年も、ボリス・ベレゾフスキー、ピエール・ローラン・エマール、ニコライ・ルガンスキー、ジャン・フレデリック・ヌーブルジェ、アンヌ・ケフェレック、チェンバロのピエール・アンタイなどなど、世界的な演奏家が集まり、80以上のコンサートが開かれます。ピアノ独奏曲だけでなく、協奏曲や室内楽も多く、バラエティーに富んだ演奏が楽しめそうです。

ラ・ロック・ダンテロンへは、音楽祭をやっていない時期に一度行ったことがあるのですが、町外れにあるシルヴァカーヌ修道院が唯一の観光名所で、他にはほんとになーんにもない田舎町です。昼間はプラタナスの木陰でロゼワインなど片手に読書、夕暮れになると演奏会場へ向かう……。1週間くらいこんな生活してみたいなあ……。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-14 20:17 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(3)サロン・ド・プロヴァンス国際室内楽フェスティバル 2009年

b0163474_182114.jpg

サロン・ド・プロヴァンスの国際室内楽フェスティバル「ミュージック・ア・ランペリMusique a L'Emperi」は、南仏の夏の音楽祭の中では知名度は低いほうかもしれませんが、もし今年の夏に南仏に行けるならぜひ行きたいと思っている音楽祭です。

サロン・ド・プロヴァンスは、あのノストラダムスが晩年を過ごしたことで有名な町。町の中心にアンペリ城という中世の城があり、そこが音楽祭の舞台になっています。
音楽祭の設立者は、ピアニストのエリック・ル・サージュ、クラリネットのポール・メイエ、フルートのエマニュエル・パユというクラシック界の貴公子3人組(笑・よくCD会社なんかの宣伝文句に書いてありますが、自分で書くと恥ずかしいですね)。彼らが声をかけるのだから、どれほどレベルの高い演奏者が集まるかが想像できます。

第17回目となる2009年は、7月27日〜8月6日の開催です。今年のテーマは「ロシアの音楽」。ボロディン、ショスタコーヴィチ、チャイコフスキー、ストラヴィンスキー、リムスキー・コルサコフ、プロコフィエフなどなど、興味深い演目がずらり。詳しくはウエブサイトのプログラムをご覧ください。
ル・サージュ、メイエ、パユは、ほぼ毎晩出演します。日本公演でもおなじみの彼らですが、南仏の開放的な雰囲気の中で聴くとまた違った味わいがありそうです。写真からも、音楽祭のリラックスした親密な空気が伝わってきます。
b0163474_18211936.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2009-05-13 18:23 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(2)エクス・アン・プロヴァンス音楽祭 2009年

b0163474_208378.jpg

南仏の音楽祭で、オランジュと並んで国際的に有名なのが、エクス・アン・プロヴァンス音楽祭
10数年前までは、フランスのローカルな音楽祭という雰囲気だったような記憶がありますが、ここ数年は、世界的に話題になるような作品が毎年上演されています。4年前からは、ザルツブルグ・イースター音楽祭との共同制作で、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルによるワーグナーの「リング」を連続上演していて、今年の第3夜「神々の黄昏」がその締めくくりとなります。チケットは350ユーロもするのに早々と完売したようです。しかし来日オペラ並のチケット料金(現在のレートだと45000円くらい)には驚いてしまいますね。

2009年の主要公演は次のとおりです。

オペラ

7月3日(金)、6日(月)、9日(木)、12日(日)
ワーグナー「神々の黄昏」
指揮:サイモン・ラトル
演出:シュテファン・ブラウンシュヴァイク

7月4日(土)、7日(火)、10日(金)、13日(月)、15日(水)、17日(金)
モーツァルト「イドメネオ」
指揮:マルク・ミンコフスキ
演出:オリヴィエ・ピ

7月5日(日)、8日(水)、9日(木)、11日(土)、14日(火)、16日(木)、18日(土)、20日(月)
オッフェンバック「地獄のオルフェ」
指揮:アラン・アルティノグリュ
演出:Yves Beaunesne(この演出家は知りませんでした。詳しい方教えてください!)

7月25日(土)、26日(日)、28日(火)、29日(水)、30日(木)、31日(金)
モーツァルト「魔笛」
指揮:ルネ・ヤーコプス
演出:ウィリアム・ケントリッジ

コンサート

7月5日(日)
ピエール・ブーレーズ指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
バルトーク「弦楽、打楽器とチェレスタのための音楽」
ラヴェル「左手のためのピアノ協奏曲」
ブーレーズ「ノタシオン」
ピアノ:ピエール・ローラン・エマール

7月6日(月)
マグダレーナ・コジェナー(メゾ・ソプラノ)&PRIVATE MUSICKE
17世紀のイタリア歌曲集

7月8日(水)
サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ハイドン「交響曲第8番」ハイドン「ピアノ協奏曲ニ長調」
ラヴェル「ピアノ協奏曲ト長調」
ラヴェル「マ・メール・ロワ」
ピアノ:ラン・ラン

コンサートは無数にあるので、ほんの一部の抜粋です。
指揮者、オーケストラ、ソリスト、演出家・・・すべてすごい顔ぶれで、書き写すだけでめまいがしてきました。
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-11 20:10 | 南仏プロヴァンス

南仏の音楽祭(1)オランジュ音楽祭2009年

b0163474_13594086.jpg

ゴールデンウイークも終わり、そろそろ夏の旅行計画を立てている方も多いのではないでしょうか?

先日、南仏のオランジュでB&Bを営む知人から春のたよりをいただきました。彼女は20年近くパリに住んでいたのですが、どういう心境の変化か、去年突然南仏に移り住んだのです。南仏というと一年中あたたかいイメージがありますが、全然そんなことはありません。秋は雨が多く、冬は北風が強くてものすごく寒い。そのうえ田舎なので、オペラやお芝居といった夜の娯楽もなく、10月から2月までは、誰もが家の中に閉じこもっています。彼女も、初めて南仏で冬を過ごした半年間は、気が滅入ることが多かったようです。だからこそ、太陽の季節がやってきた今、どれほど毎日幸せに過ごしておられるかが想像できます。

オランジュのB&B「Villa de l'Arc」のホームページはこちら

「今年プロヴァンスにいらっしゃるなら、ご招待します」というありがたい言葉に、行きたい気持ちがむくむくと湧いてきました。今のところ予算的にも日程的にも絶対無理なんですが、もし何かの奇跡で行くことができるのなら、7月末から8月にかけての音楽祭シーズンに行きたいなあと思っています。

南仏の夏といえば、芸術フェスティバルの季節。パリの劇場がシーズンオフになる時期、アーティストと観客がいっせいに南仏に移動してくるのです。太陽の下でバカンスを楽しみながら芸術三昧、なんと贅沢なことでしょう。

南仏の音楽祭でなんといっても有名なのは、オランジュの野外音楽祭「コレジー・ドランジュChoregie d'Orange」です。

世界遺産にもなっている2000年前の古代劇場を舞台に、壮大なオペラが上演されます。ローマの遺跡に敬意を表してか、毎年1つはヴェルディの作品が上演されるようです。私は2回行ったことがあるのですが、2回とも「アイーダ」でした。この音楽祭は、演出が話題になることは少ないような気がしますが(なにしろ2000年の歴史を持つ古代遺跡が舞台なので、演出に凝る必要もないというか)、指揮者、出演者は毎年とても豪華です。

2009年のプログラムは次のとおり。オペラ歌手にはあまり詳しくないので、オペラキャストは省略。たぶん豪華キャストなんだろう・・・と思います(^_^;)

7月11日(土)、7月15日(水)
ヴェルディ「ラ・トラヴィアータ」
指揮:チョン・ミョン・フン

7月18日(土)
チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」
ベルリオーズ「幻想交響曲」
指揮:チョン・ミョン・フン
ヴァイオリン:ルノー・カピュソン

8月1日(土)、8月4日(火)
マスカーニ「カヴァレリア・ルスティカーナ」/レオンカヴァッロ「道化師」
指揮:ジョルジュ・プレートル

8月3日(月)
ムソルグスキー「ソロンチンスクの定期市」序曲/「展覧会の絵」
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲2番」
チャイコフスキー「スラブ行進曲」
指揮:エイヴィン・グルベルグ・イェンセン
ピアノ:エレーヌ・グリモー
[PR]
by AngeBleu | 2009-05-09 14:02 | 南仏プロヴァンス

エッシェンバッハ・パリ管のマーラーとブルックナー

再びパリのネットカフェからの投稿です。
出張なので昼間の観光はできないけれど、夜はめいっぱい遊んでいます。
b0163474_19115315.jpg

4月2日、サル・プレイエルでのパリ管演奏会に行きました。指揮はエッシェンバッハ。マーラーの『亡き子をしのぶ歌』(ソリストはナタリー・シュツットマン)とブルックナーの9番という、ものすごく贅沢なプログラムです。

エッシェンバッハ指揮のパリ管は、一昨年の来日公演を聴いて大ファンになりました。パリ管のメンバーは、見た目はあまり芸術家のオーラがない普通のおにいちゃん、おねえちゃんばかりなのに(失礼)、演奏ではすごい集中力、瞬発力を発揮し、驚くほど迫力ある演奏をするのです。聞くところによると、気に入らない指揮者だとなめきってだらだらの演奏をすることもあるらしいですが(いかにもフランスらしい?)、エッシェンバッハはたいへん尊敬されているのでしょうね。

この夜の演奏会も、夢のようにすばらしいものでした。特にブルックナー。暗く、耽美的で、退廃的で、今まで聴いたことのないようなブルックナーでした。野蛮で狂気じみた第2楽章、どこまでも暗く、でも最後には天に昇っていく第3楽章。最後の音が消えたあと、エッシェンバッハは、30秒ほど指揮棒を下ろさず、客席もしんと静まりかえって、心ゆくまで余韻を味わうことができました。

残念ながら、エッシェンバッハは2009-2010年シーズンをもってパリ管の芸術監督を退任します。来シーズンのプログラムを見ると、退任前の2010年2月には、エッシェンバッハの60歳の誕生日特別コンサートがあり、モーツァルトの弾き振りや、クレーメル、ヨー・ヨー・マとの室内楽など、豪華プログラムが組まれています。エッシェンバッハのピアノも、やはり異常な耽美さがあって大好きなので、聴いてみたいなあ……。
b0163474_19122073.jpg

サル・プレイエルの帰りに。ライトアップされた凱旋門とエッフェル塔。夜のパリはやっぱり美しい。
(4月10日写真アップ)
[PR]
by AngeBleu | 2009-04-08 17:19 | 音楽

『ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念BOX』

1年のなかで3月が一番好きです。
風は真冬なみに冷たくても、毎日確実に日差しが明るくなっていくのを感じることができるから。
そして、なにより自分の誕生日があるから(笑)。

相棒が誕生日プレゼントに贈ってくれたのが、これです。

b0163474_13322882.jpg

『ドイツ・ハルモニア・ムンディ設立50周年記念BOX』
半年くらい前に一緒にCD屋さんに行ったときに「ほしいなー、ほしいなー」と言っていたのを覚えていてくれたんだね。ありがとう!!
こんな小さな箱の中に、50枚もCDが入っているの?と思ったら・・・・

b0163474_1333578.jpg

こんなにぎっしり詰まっているんです。
レオンハルトの『ゴルトベルク変奏曲』や、鈴木秀美の『無伴奏チェロ組曲』など有名なのも入っているけれど、バロックや古楽に詳しくない私には、演奏者はおろか、作曲家の名前も知らないものが大半です。全部聴くのに何ヵ月くらいかかるでしょうか。今までなじみのなかった古楽という新しい世界に入っていけるのがとても楽しみです。
[PR]
by AngeBleu | 2009-03-08 13:31 | 音楽

ベルリンの旅  '08 12月(7)ティーレマン指揮 ベルリンフィル『ブルックナー8番』

b0163474_1046442.jpg

ブルックナーの交響曲の中で一番好きな「第8番」。いつか生で聴きたいなあと思っていたが、まさか初の「生ブル8」が、ベルリンフィルになるとは!! 苦労の末インターネット予約が完了したときは、相棒と手を取り合って震えた(笑)。

初日のせいか、演奏者も観客も張り詰めた雰囲気。ヨーロッパのコンサートホールでこんなに緊張した空気を感じることはあまりないように思う。
最初の弦のトレモロが始まったときから、うねるような流れの中に一気に引き込まれてしまった。CDでは絶対に聴けないような、弦の弱音の美しさに鳥肌が立ちっぱなし。何十人もで演奏しているのに、ただ1本の細い絹糸が震えるているように聞こえたり・・・・・・。
ただ、細部の美しさに聴き惚れるあまり、全体像があいまいになってしまったような気がする。ステンドグラスの一片一片の色に見とれて、何の物語が描かれていたのかを見逃したようなものだ。できることなら、次の日の演奏も聴いてみたかった。
[PR]
by AngeBleu | 2008-12-12 19:44 | ベルリン'08 12月

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧