Trans Europe Express


フランス、ドイツなどヨーロッパの旅の話題を中心に、映画、音楽、ダンス、アート鑑賞記録も。
by AngeBleu
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ノルマンディーの旅(1)エトルタの断崖 sanpo

b0163474_22174681.jpg
6月上旬の10日間ほど、ノルマンディー地方を中心にフランスに行ってきました。今回の旅は仕事がらみではなく、完全なオフ。仲のいい叔母とのふたり旅です。短い休暇ではありましたが、大自然の風景、美しい街並み、そして、おいしい料理をたっぷりと味わって、心も体もリフレッシュできました♪ 

最初に訪れたのは、ノルマンディーの海岸沿いのリゾート地、エトルタEtretatです。
b0163474_22181976.jpg
エトルタの断崖は、クールベやモネら、多くの画家に描かれたことでも有名。画家たちがキャンバスを立てた場所に、その絵のパネルが掲げられています。これは、海岸に向かって左にそびえるアヴァルの断崖Falaise d’avalを描いたモネの作品パネル。……が、曇天で、海の色も空の色も絵とはかなり違う……。でもまあ、とりあえず崖の上まで上ってみましょう。
b0163474_22194455.jpg

b0163474_2220948.jpg
崖っぷちには手すりも何もなく、スリル満点。突風が吹くたびにひやりとしました。でも、緑の中にかわいらしい野の花がいっぱい咲いていて、とても気持ちのいい散歩道です。
b0163474_22202457.jpg
崖から海を見つめるカモメ。
b0163474_22204490.jpg
下から見るとすごく遠いような気がしたアヴァルの断崖ですが、ゆっくり歩いて30分ほどでてっぺんに到着。砂浜の向こう側のアモンの断崖Falaise d’Amontがきれいに見えます。空に少し青い部分も見えてきました。
b0163474_22225320.jpg
アヴァルの断崖からさらに500mほど進んで後ろを振り返ると、こんな絶景が。まさに「波の中に鼻をつっこんだ巨象」(by モーパッサン)のような断崖、そして、海から突き出した針のような岩の奇観。折しも、朝からずっと隠れていた太陽が雲間から顔を出しました。先ほどまで灰色だった岩肌が、光を受けて、目の覚めるような象牙色に変わっていきます。光が移り変わるにつれて刻々と表情を変える風景……。モネをはじめ、印象派の画家たちが、ノルマンディーを愛し、生涯描き続けた理由がわかるような気がしました。
b0163474_22222532.jpg
断崖はまだまだ遠くまで続いています。
b0163474_22231351.jpg
やっぱりこちらも上っておかなきゃね、ということで、もうひとつの崖、アモンの断崖にも上ってみました。いつのまにやらすっかり快晴。海はエメラルドグリーンに輝き、エトルタの街の屋根屋根も光を浴びてとてもきれい。
b0163474_22234249.jpg
アモンの断崖の上も、緑の美しい草原が続いています。
b0163474_2224321.jpg
はるか彼方まで続く海岸線。どこまでも歩いて行きたくなりますが、帰りのバスの時間があるので、泣く泣く引き返したのでした。

エトルタへの行き方
車があればパリから2時間ほどで行けるそうですが、車の運転ができない私たちは、パリから列車で1時間ほどのルーアンに宿を取り、ルーアンからル・アーヴルまで列車(約1時間)、ル・アーヴルからエトルタまでバス(約1時間)、というルートを取りました。
b0163474_2225509.jpg

[PR]
by AngeBleu | 2010-06-12 22:41 | フランスところどころ

最新のトラックバック

コンクリートになったオス..
from ベルリン中央駅
オランジュのシャンブル・..
from Trans Europe E..
『素顔のベルリン』が完成..
from ベルリン中央駅
マラーホフの『カラヴァッ..
from Trans Europe E..

検索

ブログパーツ

汗と脂肪の関係

ファン

ブログジャンル

画像一覧